• もっと見る
«がんとうつ病、精神腫瘍医 | Main | 虐待の傷は癒えるのか»
うつ病の患者会・埼玉県 [2009年07月03日(Fri)]
 朝日新聞の埼玉版に「秩父うつ病友の会」のことが紹介されました。
画家の渡辺遮莫次郎さんが会長。
 「現在うつ病の治療を受けている人、うつ病をのりこえた人、うつ病患者の身内、友人、知人、うつ病の事を知りたい人、その他、うつ病と関係ある障害を持つ人(パニック症候群、適応障害etc)、社会復帰を目差している人、おきがるに誰でも参加自由、入会脱会も自由です。」 とあります。
 毎月1回、患者、家族の集まりをおこなっています。こちらにホームページがあります。  うつ病は再発の多い慢性病のようです。こういう会があれば、患者さんやご家族が助かるでしょう。
 ほかに患者会、家族会があるのかと検索したところ 埼玉県にはあまりありませんね。「うつ病 患者会 埼玉県」で検索すると私どものホームページやブログが上位に出てきます。秩父うつ病友の会はなかなか出てきません。 これでは申し訳ないです。
 私たちはこれまでは、治すためのカウンセリングを行ってきました。 患者・家族会は開催しませんでした。
カウンセラー講座が一段落したら、秋から患者会、家族会を開催しましょう。
まず、蓮田市で行い、希望者があれば、さいたま市でもいいと思います。 参加してみたい方はメールを送っておいてください。決まりましたら、お知らせします。
Posted by MF総研/大田 at 08:49 | うつ病 | この記事のURL