• もっと見る
(4)うつ病はセロトニンではなくて、ミクログリアからの炎症性サイトカインで 前頭前野などに炎症 [2022年11月30日(Wed)]
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4939
◆現在の制度のままでは医師は経営的に精神療法を提供できそうもない  〜和田秀樹さん

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4947
★自殺念慮の強いうつ病には、無評価で観察を超えたマインドフルネスが必要

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4236
★「評価される」「評価する」場面でのマインドフルネスSIMT

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4988
◆心理療法でうつ病の完治・自殺対策 〜 心理職に期待

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5020
◆マインドフルネス総合研究所の活動・講演・体験・改善支援セッション

【改善事例】
★改善事例1〜マインドフルメイト
★改善事例2〜マインドフルネス総研および他のマインドフルネス瞑想療法士

(4)感染しないように注意して!
 新型コロナ感染症は後遺症として
  持続的うつ病等を残す 
 (4)うつ病はセロトニンではなくて、ミクログリアからの炎症性サイトカインで 前頭前野などに炎症

   近藤一博氏の研究によって、HHV-6ウイルスの働きを抑制する新しい薬の開発が期待されます。しかし、全部、解決というわけにもいかないでしょう。薬で治らないが、認知行動療法(ベックの認知療法、マインドフルネスSIMTも、その一種(注3))でなら治る(もちろん一部です)疾患や問題がまだ残ります。

 ウイルスHHV-6が、嗅球に感染している人は、うつ病になりやすい。 ただし、このウイルスがうつ病にするのではなくて、ストレスが加わると免疫細胞ミクログリアから分泌される炎症性サイトカインがうつ病にするのだ。

 先の記事は、Diamond オンラインであった。

 著書(注1)で確認してみよう。

「@HHV-6の中のSITH-1遺伝子が発現して、SITH-1を作る
ASITH-1が嗅球の一部にアポトーシスを引き起こす」(近藤p75)

 HHV-6は、タンパク質SITH-1を作る(p73)。これが、嗅球の一部に細胞死を起こす。
 「HHV-6は「嗅球」に潜伏感染していて」アポトーシス(細胞死)」を引き起こしています。」(近藤p76)

 SITH-1がある人は、HHV-6が潜伏状態であり、ストレスや過労があると、炎症性サイトカインの分泌が増幅されて、うつ病になりやすいのだ。

 「通常なら耐えられるはずのストレスを、SITH-1が数倍に増幅してしまうのです。」(近藤一博p135)

うつ病はセロトニンではなくて、ミクログリアからの炎症性サイトカインで 前頭前野などに炎症

 うつ病の研究の進展によって、原因が違うというのが最近の多数説である。

 「実はこのセロトニン原因説、今となっては、信じている学者がほとんどいない、「30年前に終わった過去の説」なのです。」(p25)

 この新しい発見によって、新しい薬の開発の可能性があるという。 朗報である。うつ病のひとは、自殺などせずに、待っていればいいのだろうか。だが、10年はかかるという。
 大田の考えでは、その後もなお、認知行動療法が必要な患者が残るだろうと思う。(次の記事) 薬物療法だけではなくて、心理職、看護職による手厚い心理療法を提供しないと、うつ病、不安症などが完治しないひとがかなり残るだろう。

注1)近藤一博『うつ病の原因はウイルスだった』扶桑社
注3)マインドフルネスSIMTは、「自己洞察瞑想療法」。見る局面だけではなくて、 見る、考える、欲求する、行為する、などすべての局面において、それらを動かす背後にある個人の評価基準である本音を観察して、価値実現の行動を選択することを習うことを通じて、 生きがいのある人生を生きていく手法。精神疾患の改善、予防、再発予防、人間関係の改善などに効果がみられる。
https://blog.canpan.info/jitou/archive/5011
★マインドフルネスSIMTの特徴
3つの公刊がある。

大田健次郎『うつ・不安障害を治すマインドフルネス』佼成出版社
大田健次郎『 不安、ストレスが消える心の鍛え方――マインドフルネス入門』清流出版
大田健次郎『「死」と向き合うためのマインドフルネス実践』佼成出版社
 また、SIMTによる支援者を「マインドフルネス瞑想療法士レジスタードマーク」といい、かれらの研究論文が 「マインドフルネス精神療法」で発表されている。


感染しないように注意して!
 新型コロナ感染症は後遺症として
  持続的うつ病等を残す


https://blog.canpan.info/jitou/archive/5092
この連続テーマの(1)

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5093
(2)あるウイルス(新型コロナ感染症のウイルスではない)が、うつ病にかかりやすくする

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5094
(3)うつ病の神経炎症説(この記事)

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5095
(4)別のウイルスHHV-6の悪影響

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5096
(5)新薬の期待となお残る課題
Posted by MF総研/大田 at 12:51 | さまざまなマインドフルネス | この記事のURL
(3)うつ病は炎症性サイトカインが前頭葉に炎症を起こす [2022年11月28日(Mon)]
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4939
◆現在の制度のままでは医師は経営的に精神療法を提供できそうもない  〜和田秀樹さん

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4947
★自殺念慮の強いうつ病には、無評価で観察を超えたマインドフルネスが必要

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4236
★「評価される」「評価する」場面でのマインドフルネスSIMT

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4988
◆心理療法でうつ病の完治・自殺対策 〜 心理職に期待

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5020
◆マインドフルネス総合研究所の活動・講演・体験・改善支援セッション

【改善事例】
★改善事例1〜マインドフルメイト
★改善事例2〜マインドフルネス総研および他のマインドフルネス瞑想療法士

(3)感染しないように注意して!
 新型コロナ感染症は後遺症として
  持続的うつ病等を残す 
 (3)うつ病は炎症性サイトカインが前頭葉に炎症を起こす
  新型コロナ感染症のウイルスも免疫細胞から炎症性サイトカインを分泌させて後遺症を残したと推測

 うつ病は、精神的ストレス(悩みから)、過労、睡眠不足などから発症しますが、うつ病になるのは、免疫細胞ミクログリアから炎症性サイトカインが分泌されるため、前頭前野などに炎症を生じて、社会的な行動が難しくなったというのが最近の説です。
 これと似たことがコロナ感染症の患者にも起きた、つまり、新型コロナ感染症のウイルスが引き起こした可能性があるのです。アメリカの研究者が推測したのもここでしょう。そうなると、コロナ後遺症が治らないひとには、うつ病の心理療法、とくに、マインドフルネスSIMTが効果がある可能性があるのです。
 医師は、薬物療法だけで精一杯であり(和田秀樹氏)、心理職や看護職による精神療法を受けられる制度を作らないと、うつ病もコロナ後遺症も長引くおそれがあるのです。

ストレスがHPA系を亢進、ストレスホルモンが分泌され、免疫細胞を刺激し炎症性サイトカインが前頭前野などに炎症

 今、社会の環境が厳しくて、職場ではつらいことが多いです。個人の対処能力を超えるようなストレスが多いようです。種々の悩ましいことがあって、「つらい、つらい」「いやだ、いやだ」などのつらい思考を渦まかせてしまいそうですが、HPA系の亢進、交感神経が亢進します。ストレスホルモン(コルチゾール)が分泌されます。

 「外部的なストレッサー(ストレス源)によって精神的・肉体的な負荷がかかると、視床下部や脳下垂体、最終的には副腎が副腎皮質ホルモン(コルチゾール)やアドレナリンを作る反応。「ストレス応答」ともいう。」 (近藤一博『うつ病の原因はウイルスだった!』扶桑社、p120)

 「身体のどこかでひどい炎症が起きると、炎症性サイトカインが大量に生まれます。血中を自由に移動できるサイトカインは脳に入り、グリア細胞に「炎症を起こせ!」のメッセージを伝達。
 こうして神経細胞が炎症を起こし、グリア細胞が放出する有毒物質が神経細胞を傷つけることで、抑うつ症状が起きると考えられています。」(同p48)

 副腎皮質ホルモン(ストレスホルモン、コルチゾール)も、血液脳関門を突破して脳にはいるといいます。また、身体の臓器に炎症が起きると、血中の免疫細胞の炎症性サイトカインを分泌します。これも、脳に入ります。
 これが、脳内にある免疫細部(グリア細胞、ミクログリア)が、脳の組織に、炎症を起こします。
 うつ病の患者の脳のうち、前頭前野、前帯状皮質、島皮質などに炎症反応がみられるという研究を紹介しています(注1)。
 そのほか、自殺念慮の重いうつ病の患者は、背外側前頭前野、腹外側前頭前野、前部帯状回、眼窩前頭前野、島、海馬、偏桃体、基底核の異常が認められ(注2)ています。

 前の記事で見たのは、ウイルスHHV-6が潜伏しているひとは、ストレス反応が増幅されて、上記の炎症が大きくなるということです。HHV-6だけでは、うつ病にならないが、その感染している人が、ストレスを受けるとか、過労になると、そうでないひとに比べて、12倍、炎症反応を強く起こして、うつ病になりやすいわけです。

 コロナ後遺症も、コロナのウイルスが炎症性サイトカインによる機能障害を起こして、その炎症がいつまでも回復しにくいのではないかと推測されます。
 近藤一博氏の研究によって、HHV-6ウイルスの働きを抑制する新しい薬の開発が期待されます。しかし、全部、解決というわけにもいかないでしょう。薬で治らないが、認知行動療法(ベックの認知療法、マインドフルネスSIMTも、その一種(注3))でなら治る(もちろん一部です)疾患や問題がまだ残ります。次の記事で、神経炎症説を確認してから、新薬の可能性と 、まだ残る課題を考えます。

注1)乾敏郎『感情とはそもそも何なのか』ミネルヴァ書房、p88
注2)原田舟・上村永・松尾幸治「神経画像研究からみた気分障害と自殺関連行動の最新知見」(精神科治療学、2021年9月、星和書店)
注3)マインドフルネスSIMTは、「自己洞察瞑想療法」。見る局面だけではなくて、 見る、考える、欲求する、行為する、などすべての局面において、それらを動かす背後にある個人の評価基準である本音を観察して、価値実現の行動を選択することを習うことを通じて、 生きがいのある人生を生きていく手法。精神疾患の改善、予防、再発予防、人間関係の改善などに効果がみられる。
https://blog.canpan.info/jitou/archive/5011
★マインドフルネスSIMTの特徴
3つの公刊がある。

大田健次郎『うつ・不安障害を治すマインドフルネス』佼成出版社
大田健次郎『 不安、ストレスが消える心の鍛え方――マインドフルネス入門』清流出版
大田健次郎『「死」と向き合うためのマインドフルネス実践』佼成出版社
 また、SIMTによる支援者を「マインドフルネス瞑想療法士レジスタードマーク」といい、かれらの研究論文が 「マインドフルネス精神療法」で発表されている。
(以下、前の記事の主要部分)

http://www.jikei.ac.jp/branding/2017/topics/21.html
◆慈恵医科大学
ウイルス学講座・近藤一博教授らが、うつ病の原因遺伝子を発見し、論文がiScience誌(Cell Press)に掲載されました。

https://diamond.jp/articles/-/289323
◆Diamond Online
 炎症性サイトカインについて紹介する前に、うつ病になりやすいウイルス(HHV-6)に感染しているひとがいるということが発見されました。こちらにわかりやすく紹介されています。
    「セロトニン説は、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が劇的に効いたことを根拠にブームになったもので、当初は「うつ病の原因はセロトニン不足による」と説明されていましたが間違いです。
     理由はいくつかありますが、一つはSSRIを抗うつ薬として投与し、セロトニンを補っても半分は治らないこと。もう一つは、うつ病患者の脳内物質を測った結果、セロトニンは減っていなかったことです。 」
 近藤一博氏らは、うつ病にかかりやすくするウイルス(HHV-6)が脳内に潜伏していることを発見しました。このウイルスを持つひとは、12倍、かかりやすいというのです。
     「この嗅球のアストロサイトでHHV-6が作り出すのが、潜伏感染タンパク質にして遺伝子情報も保有するSITH-1で、このSITH-1抗体が陽性の人はうつ病に約12倍なりやすくなります。」
     勘違いされたくないのは、HHV-6がうつ病の原因とは言っていないということです。HHV-6がやっているのはストレスを増幅する働きで、ストレスを増幅することによって起こる病気の代表格がうつ病です。」
 このウイルスが、うつ病の直接の原因ではなくて、ストレスにより、免疫細胞、ミクログリアから炎症性サイトカインが分泌されて、背外側前頭前野、島皮質、眼窩前頭皮質などに炎症を起こしている(これは、次の記事で)。その時、ウイルスHHV-6に感染している人は、それが、ストレスを増強させて、うつ病になりやすいといいます。
 うつ病になるのは、免疫細胞ミクログリアから炎症性サイトカインが分泌されるためです。(次の記事)

感染しないように注意して!
 新型コロナ感染症は後遺症として
  持続的うつ病等を残す


https://blog.canpan.info/jitou/archive/5092
この連続テーマの(1)

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5093
(2)あるウイルス(新型コロナ感染症のウイルスではない)が、うつ病にかかりやすくする

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5094
(3)うつ病の神経炎症説(この記事)

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5095
(4)別のウイルスHHV-6の悪影響

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5096
(5)新薬の期待となお残る課題
(2)うつ病にかかりやすくするウイルスがいる [2022年11月25日(Fri)]
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4939
◆現在の制度のままでは医師は経営的に精神療法を提供できそうもない  〜和田秀樹さん

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4947
★自殺念慮の強いうつ病には、無評価で観察を超えたマインドフルネスが必要

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4236
★「評価される」「評価する」場面でのマインドフルネスSIMT

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4988
◆心理療法でうつ病の完治・自殺対策 〜 心理職に期待

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5020
◆マインドフルネス総合研究所の活動・講演・体験・改善支援セッション

【改善事例】
★改善事例1〜マインドフルメイト
★改善事例2〜マインドフルネス総研および他のマインドフルネス瞑想療法士

(2)感染しないように注意して!
 新型コロナ感染症は後遺症として
  持続的うつ病等を残す 
 (2)うつ病にかかりやすくするウイルスがいる

 うつ病は、セロトニン神経の問題であるというセロトニン仮説で、薬物療法がおこなわれてきましたが、最近では、「神経炎症説」が有力です。薬物療法で完治しない人が多い理由と推測されます。

 うつ病は、脳の部位に、炎症が起きているという説は、次のリンクで紹介されています。

https://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research-news/2018-07-26
◆京都大学の発表
 うつ病における脳内炎症の役割の一端を解明しました

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsbpjjpp/29/4/29_163/_pdf
◆日本生物学的精神医学会誌

https://www.amed.go.jp/news/release_20180720.html
◆日本医療研究開発機構

ウイルス(HHV-6)に感染している人はうつ病になりやすい

 炎症性サイトカインの前に、あるウイルス(HHV-6)に感染している人は、うつ病になりやすいそうです。その研究をみておきます。(もちろん、これは、新型コロナ感染症のウイルスではありませんよ、念のため)
 同じようなストレスであっても、うつ病になりにくい人、なりやすいひとがいます。まず、その点について、画期的な発見がありました。

http://www.jikei.ac.jp/branding/2017/topics/21.html
◆慈恵医科大学
ウイルス学講座・近藤一博教授らが、うつ病の原因遺伝子を発見し、論文がiScience誌(Cell Press)に掲載されました。

https://diamond.jp/articles/-/289323
◆Diamond Online
 炎症性サイトカインについて紹介する前に、うつ病になりやすいウイルス(HHV-6)に感染しているひとがいるということが発見されました。こちらにわかりやすく紹介されています。
    「セロトニン説は、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が劇的に効いたことを根拠にブームになったもので、当初は「うつ病の原因はセロトニン不足による」と説明されていましたが間違いです。
     理由はいくつかありますが、一つはSSRIを抗うつ薬として投与し、セロトニンを補っても半分は治らないこと。もう一つは、うつ病患者の脳内物質を測った結果、セロトニンは減っていなかったことです。 」
 近藤一博氏らは、うつ病にかかりやすくするウイルス(HHV-6)が脳内に潜伏していることを発見しました。このウイルスを持つひとは、12倍、かかりやすいというのです。
     「この嗅球のアストロサイトでHHV-6が作り出すのが、潜伏感染タンパク質にして遺伝子情報も保有するSITH-1で、このSITH-1抗体が陽性の人はうつ病に約12倍なりやすくなります。」
     勘違いされたくないのは、HHV-6がうつ病の原因とは言っていないということです。HHV-6がやっているのはストレスを増幅する働きで、ストレスを増幅することによって起こる病気の代表格がうつ病です。」
 このウイルスが、うつ病の直接の原因ではなくて、ストレスにより、免疫細胞、ミクログリアから炎症性サイトカインが分泌されて、背外側前頭前野、島皮質、眼窩前頭皮質などに炎症を起こしている(これは、次の記事で)。その時、ウイルスHHV-6に感染している人は、それが、ストレスを増強させて、うつ病になりやすいといいます。
 うつ病になるのは、免疫細胞ミクログリアから炎症性サイトカインが分泌されるためです。(次の記事)

感染しないように注意して!
 新型コロナ感染症は後遺症として
  持続的うつ病等を残す


https://blog.canpan.info/jitou/archive/5092
この連続テーマの(1)

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5093
(2)あるウイルス(新型コロナ感染症のウイルスではない)が、うつ病にかかりやすくする

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5094
(3)うつ病の神経炎症説(この記事)

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5095
(4)別のウイルスHHV-6の悪影響

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5096
(5)新薬の期待となお残る課題
(1)感染しないように注意して!  〜 新型コロナ感染症は後遺症として持続的うつ病等を残す [2022年11月24日(Thu)]
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4939
◆現在の制度のままでは医師は経営的に精神療法を提供できそうもない  〜和田秀樹さん

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4947
★自殺念慮の強いうつ病には、無評価で観察を超えたマインドフルネスが必要

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4236
★「評価される」「評価する」場面でのマインドフルネスSIMT

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4988
◆心理療法でうつ病の完治・自殺対策 〜 心理職に期待

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5020
◆マインドフルネス総合研究所の活動・講演・体験・改善支援セッション

【改善事例】
改善事例1〜マインドフルメイト
改善事例2〜マインドフルネス総研および他のマインドフルネス瞑想療法士

(1)感染しないように注意して!
 新型コロナ感染症は後遺症として
  持続的うつ病等を残す (1)

 新しい情報が!

 (後遺症のためにも、うつ病・自殺防止のためにも、重要な情報ですので、何回か詳しく紹介します。今日は、その1回目です。)

(後遺症でない、通常のうつ病、非定型うつ病が、セロトニン仮説の薬物療法だけでは完治しにくい(寛解状態での服用が続くとか、再発しやすい)わけもわかってきた事情です。患者の幸福のために、マインドフルネス心理療法の併用をすすめたい理由です。
https://blog.canpan.info/jitou/archive/3582
★理論はこれ=後期西田哲学の実践論
うつ病などを回復するとか、コロナ後遺症の支援のためには、この実践論の浅い部分で十分。しかし、がん患者など終末期ケアのためには、宗教的な西田哲学の部分による支援まで必要である。 )


kouisyo.jpg
(図は大阪府のホームページより)

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4724
【連続記事】新型コロナ感染症の後遺症に苦しむ人に精神的なケア

 私は、うつ病についての心理的なケア支援を30年近く続けてきたこともあり、コロナ感染症には、うつ病に似た症状が残るので、2021年1月から、注目してきました。
 上記の連続記事の中でも、触れたように、新型コロナウイルスは、怖いのです。インフルエンザウイルスと違って、免疫細胞から炎症性サイトカインを分泌させて、それが、脳の部位(背外側前頭前野、眼窩前頭皮質、海馬など)に炎症をもたらしたことによって、うつ病と同様になってしまったと推測されるのです。アメリカのひとたちは、そのように推測し始めたようです。

 次の新しい見解が紹介されました。埼玉新聞の記事です(11月23日)。(他の新聞にもあるので「共同通信」の配信かと思います。)

 「米国では後遺症に対処するための取り組みが加速している。・・・
 後遺症では原因不明の疲労感で起き上がれなくなる人がいる。場合によってはウイルスが体のどこかに潜んでいて、持続的な免疫反応を引き起こしている可能性がある。」

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5084
★★NHK総合テレビ、新型コロナ感染症の後遺症
 ウイルスによって脳に炎症が残ったと推測。脳の炎症はうつ病に類似。免疫細胞から分泌される炎症性サイトカインによるだろう。

 うつ病は、セロトニン仮説ではなくて、神経炎症説が専門家の間では、常識になりつつあります。

 後遺症が完治しなかったら、マインドフルネス心理療法、SIMTをぜひ、試していただきたい。

 なお、精神症状だけでは、ありません。うつ病には、痛みのある人が多いです。痛みもSIMTで完治するひともいます。コロナウイルスは、心理的うつ病と似た炎症を引き起このです。また、非定型うつ病には、鉛様麻痺感があります。体が重い。これも、SIMTで完治する人いるのです。

不安傾向のひとに後遺症が残りやすい
 〜 感染しない行動、ワクチン

 そして、うつ病は、心理的ストレスから免疫反応を引き起こして、炎症性サイトカインの分泌により、うつ病になるルートがあるのだから、次のひとは、コロナに感染しないよう行動に気をつけるのがいい。これは、コロナ流行が収束してからも言えるでしょう。
https://blog.canpan.info/jitou/archive/5039
★うつ、不安、心配、ストレス、孤独感のひとは新型コロナ感染症の 後遺症が起きやすい

 コロナでなくても、不安過敏な人は、後遺症が起きやすいでしょうから、行動に気をつけて。そして、ワクチンを受けたほうがいいともいえるでしょう。
 万一、感染したら、できるだけ早く、それを治療し、マインドフルネスSIMTも開始してほしいと思います。

 SIMTは、うつ病、非定型うつ病、不安症(パニック症、社交不安症、広場恐怖症など)、PTSD、過食症などに効果がありました。新型コロナ感染症の後遺症にも効果があるかもしれません。試験してみたいひとで、支援が必要な人は、ご連絡ください。

【SIMT】マインドフルネス心理療法としての自己洞察瞑想療法
大田健次郎『「死」と向き合うためのマインドフルネス実践』佼成出版社  目次
大田健次郎『 不安、ストレスが消える心の鍛え方――マインドフルネス入門』清流出版
大田健次郎『うつ・不安障害を治すマインドフルネス』佼成出版社

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4722
★うつ病が長引く患者がおられる。コロナ後遺症も。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4724
【連続記事】新型コロナ感染症の後遺症に苦しむ人に精神的なケア

 (後遺症のためにも、うつ病・自殺防止のためにも、重要な情報ですので、何回か詳しく紹介します。今日は、その1回目です。)

(後遺症でない、通常のうつ病、非定型うつ病が、セロトニン仮説の薬物療法だけでは完治しにくい(寛解状態での服用が続くとか、再発しやすい)わけもわかってきた事情です。患者の幸福のために、マインドフルネス心理療法の併用をすすめたい理由です。)


感染しないように注意して!
 新型コロナ感染症は後遺症として
  持続的うつ病等を残す

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5092
この連続テーマの(1)

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5093
(2)あるウイルス(新型コロナ感染症のウイルスではない)が、うつ病にかかりやすくする

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5094
(3)うつ病の神経炎症説(この記事)

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5095
(4)別のウイルスHHV-6の悪影響

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5096
(5)新薬の期待となお残る課題
Posted by MF総研/大田 at 08:09 | さまざまなマインドフルネス | この記事のURL
週刊 東洋経済 1億「総孤独」社会 [2022年11月23日(Wed)]

週刊 東洋経済 1億「総孤独」社会

 週刊 東洋経済、11月26日が、 1億「総孤独」社会を特集しています。

https://str.toyokeizai.net/magazine/toyo/
 「一人暮らし世帯が4割に迫ろうとする今、頼れる人のいない孤立状態に、あなたの親・子・同僚など、誰もが陥りかねません。とりわけ病気や離婚、失職をきっかけとした、相談相手がいない働き盛りの「超孤独」には、ある日突然陥ります。」

 助けを求めない人もいて、病気になって倒れても、わからない。ひっそりと死亡して、しばらくたってから発見されることも。

 人間関係を築きづらくなって、相談できる相手は家族という若者が増えている、ともいいます。それでは、家族が亡くなったら、孤独になります。

 自体体による取り組みも紹介されています。 民生委員や近隣住民による見守りをするところもある。 身体が動けるうちはいいが、やがて、誰にも起きることです。

 動けるうちに、人間関係を作っておきたいものです。 体が動けるうちは、ここでは、市が運営する高齢者の居場所があります。そこへいけば、健康体操、心の健康体操(私が講師)、からおけ、囲碁将棋、ビリヤードなどを友達とできる。

 体が動きにくくなったひとには、高齢者を預かる居場所が2か所(そこでも講師をさせていただいた)ありましたが、コロナで廃業になりました。

 身寄りのない単身の高齢者が増えるという予測でうが、誰が支援するのか、問題が提起されています。

【蓮田市老人福祉センター】
https://www.city.hasuda.saitama.jp/choju/kenko/koresha/fukushi/documents/r411tayori.pdf
 バスが循環しているので、便利です。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4861
https://blog.canpan.info/jitou/archive/5020
★老人福祉センターのこと

(11月22日の「心の健康体操」呼吸法、脳トレーニング、ゲームなど) IMG_4127.JPG

 こういうところに行けるひとはいいですが、社交不安症的なひとは、行きにくいでしょう。
Posted by MF総研/大田 at 19:28 | 孤独問題 | この記事のURL
| 次へ