• もっと見る
被災地に多いPTSD(心的外傷後ストレス障害)  〜 PTSDを引き起こす分子が特定された [2024年03月05日(Tue)]

被災地に多いPTSD(心的外傷後ストレス障害)
 〜 PTSDを引き起こす分子が特定された

 被災地では、長い年月、うつ病やPTSDが発症するリスクが高まります。

 ところで、PTSDになる人とならないひとがいます。それに関係するのでしょうか、新しい研究が東京大などのチームから発表されました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2c5146f406aae8345c26f390a417b14c4e7c7005
(共同通信、3月1日)
(ホスホジエステラーゼ4B(PDE4B)」という遺伝子の働きが弱いほど、フラッシュバックなどの症状が重くなるという。「海馬」で働く遺伝子が低下していることを発見したという。

 以前から、PTSDの患者さんは、眼窩前頭皮質や海馬に変調が起きているという報告がありました。

 PTSDの治療法として、認知行動療法(CBT)、眼球運動による脱感作と再処理法(EMDR法)などが知られています。

 ほかに、PTSDについては、私どものマインドフルネス心理療法、SIMT(第4世代のCBT)でも改善する患者さんがいます。SIMTの課題の実践が、海馬、眼窩前頭皮質などを動かすので、その部位の変調が回復して症状が改善するのだと推測しています。

 SIMTは、「無評価で観察」の瞑想を用いる第3世代のCBTとは違います。SIMTは、第4世代のCBTです。瞑想時だけでなく生活全般にわたって、意識を観察します。感情は本音で評価したためであり、当然起きることと受容して、長期に重視している価値実現の行動に意識を向けます。

 下記に述べました。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/1897
★心的外傷後ストレス障害

https://blog.canpan.info/jitou/archive/2235
★心的外傷後ストレス障害や非定型うつ病
 =フラッシュバックなどが改善するわけ
https://blog.canpan.info/jitou/archive/4536
★福島原発事故で避難している人たちに苦しみが続いている〜PTSDも

グラフです。
http://mindfulness.jp/ma-therapy/jikodousatu/zu-flash.htm

 改善事例を機関誌『マインドフルネス精神療法』第7号(P56)に掲載しています。

https://mindful-therapy.sakura.ne.jp/kikansi/hp-07/ohta6-kaizenrei.pdf

 能登半島地震の被災地でも、被害が大きかったので、今後数年にわたって、PTSDやうつ病が 発症するリスクが高まるでしょう。

 能登半島地震のために医療機関や医療関係者が被災したために、医療の状況が切迫してい状況が報道されています。高齢者の福祉施設もそのようです。
 私どもも、PTSDやうつ病の予防や改善のために、機会がくれば、現地に赴くつもりでおります。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5348
★第4世代の認知行動療法の一つ、SIMT

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5313
【目次】能登で大地震 〜 長期にわたり、うつ病、PTSD、睡眠障害のおそれ
Posted by MF総研/大田 at 18:13 | 災害とストレス | この記事のURL
全日制高校の生徒にも自殺防止の教育と治す支援を [2024年03月03日(Sun)]

子どもの不登校、いじめ、自殺の問題には新しい対策を
(4)全日制高校の生徒にも自殺防止の教育と治す支援を

 前回、定時制・通信制高校の子どもに、うつ病について理解することを中核とした「自殺予防教育」と「臨床支援の対策」を提案しましたが、高校生のすべてにも、同じことが言えます。

 政府が発表した、2023年版の自殺対策で、詳細な分析がありました。

 22年に亡くなった高校生352人のうち、原因・動機では、全日制の高校では、学業不振やいじめなど「学校問題」の占める割合が大きかった。

https://www.asahi.com/articles/ASRBM7QYZRBMUTFL01X.html
【朝日新聞】

2023年 自殺対策白書
第2章第3節 82ページ

 全日制高校の生徒が自殺する原因として「学校問題の占める割合」大きく、「健康問題」が小さい。また、次のように分析されています。
     「女性は男性に比して「学友との不和 (いじめ以外)」、「いじめ」が大きい、男性は女性に比して「入試に関する悩み」が大き い。」

     「高校生について、性別、高校の課程別に通 院の有無の構成比(第2-3-39図)をみる と、女性は男性に比して精神科・心療内科に 通院している割合が大きく、定時制・通信制 は全日制に比して精神科・心療内科に通院している割合が大きい。特に、女性の定時制・ 通信制において精神科・心療内科に通院して いる割合は約7割と顕著に大きく、男性の全 日制における精神科・心療内科通院割合は約 1割と顕著に小さい。」
 要点は、病院に通院しているのは、定時制・通信制のほうが多いです。女性のほうが、病院に通院しています。男性の全日制高校の子は通院が少ない、という特徴が指摘されています。
 原因は何でも、悩みが大きいと、うつ病になります。持続する長期のストレスでも、うつ病になります。急に起きた出来事でも短期間合にうつ病になります。悩み事から、扁桃体、HPA系が亢進して、ミクログリアから炎症性サイトカインが分泌されて、脳の各所に炎症を起こしてうつ病を発症します。

 定時制・通信制の生徒は入学前から通院していた持続的なうつ病である可能性が高いでしょう。全日制の子どもは、入学後に起きた出来事で、うつ病になった可能性が高いでしょう。
 通院していた生徒はうつ病であることがわかっていて通院しながら、治療を受けていたのに、自殺されたのでしょう。通院せずに自殺した生徒は、うつ病であることを知らないとか、急にうつ病になり、治療を受けずに、死なれた可能性があります。

 いずれにしても、高校生に、うつ病、自殺予防対策の教育と、薬で治らない生徒を精神療法で治す支援をする仕組み、制度を作ってほしいです。第2世代の認知行動療法、および、第4世代の認知行動療法ならば、治る患者があいるのですから。

 現在、薬物療法で治らない場合、放置されて、精神科医も心理士(傾聴、相談は「治す」ことを任務としない)からの支援もない状況でしょう。通院していても死なれているのですから。

 今度こそ、自治体、学校で検討してほしいです。

【ほかの関連記事】

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5359
【重要】こども(思春期)の「ひきこもり」や「身体の不調」が自殺に強く関連

 こういう研究報告もあります。抑うつ症状が悪化すると助けを求めない。

https://www.igakuken.or.jp/topics/2023/0904.html
◆うつ症状悪化で相談したい気持ちも低下 思春期の追跡調査で解明
 東京都医学総合研究所

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5245
★不登校最多、相談しない子ども4割、解決するとは思わない
 〜 なぜなのか、別な視点からの調査が必要

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5240
★不登校最多、相談しない子ども4割、解決するとは思わない

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5220
★いじめによる自殺事件・調査不十分


https://blog.canpan.info/jitou/archive/5346
【目次】子どものいじめ被害・うつ病など精神疾患、自殺防止対策ー2024年
Posted by MF総研/大田 at 20:28 | 子どもの苦悩 | この記事のURL
子どもの不登校、いじめ、自殺の問題には新しい対策を(3) [2024年03月02日(Sat)]

子どもの不登校、いじめ、自殺の問題には新しい対策を
(3)通信制・定時制高校の生徒に自殺防止の教育

 子どもは「ひきこもり状態」や「体調不良が増加」すると、自殺念慮が高まるのです。 もう一つ、気になることがあります。

 政府が発表した、2023年版の自殺対策白書では、 子どもの自殺の中には、定時制・通信制高校の生徒がかなり多かったことです。

 22年に亡くなった高校生352人のうち、4分の1は定時制・通信制の生徒だった。原因・動機では、全日制が学業不振やいじめなど「学校問題」の占める割合が大きかった。定時制・通信制では「健康問題」の占める割合が多かった。

https://www.asahi.com/articles/ASRBM7QYZRBMUTFL01X.html 【朝日新聞】

2023年 自殺対策白書
第2章第3節 82ページ

 埼玉県でも、進学先に定時制・通信制高校への進学が増加していました。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5262
★中学生の進路希望、通信制高校への進学希望が増加

 通信制・定時制高校の生徒が自殺する原因として「健康問題」ですが、これは、うつ病、不安症、ストレスからの身体不調などが含まれているのではないでしょうか。精神科・心療内科に通院していたのですから。

 「特に、女性の定時制・ 通信制において精神科・心療内科に通院して いる割合は約7割と顕著に大きく」となっています。

 精神科・心療内科に通院していても、自殺されています。

 定時制・通信制高校の生徒に、認知行動療法のような治療支援を導入すべきです。在学中に、自殺防止対策の教育を行うことを提案します。
 そして、実際、在学生にうつ病、不安症の生徒がいるはずだから、「治す」支援を導入すべきです。薬物療法、従来の支援法だけでは不十分なのでしょう。

 薬物療法で治らない場合、誰が、実際、生徒に臨床的ケアを行うか。多大のワークロードを必要とします。だから、治療を任務とする特別職を任命しないと、するひとはいないのではないでしょうか。精神科医も心理士(傾聴、相談は「治す」ことを任務としない)も行わないので、この役割はすっぽり抜け落ちています。自治体、学校で検討してほしい。

 では、全日制の高校生は対策不要かとも言えない。数では多い。しかも、どの原因でも抑うつになっていると推測される。

【ほかの関連記事】

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5359
【重要】こども(思春期)の「ひきこもり」や「身体の不調」が自殺に強く関連

 こういう研究報告もあります。抑うつ症状が悪化すると助けを求めない。

https://www.igakuken.or.jp/topics/2023/0904.html
◆うつ症状悪化で相談したい気持ちも低下 思春期の追跡調査で解明
 東京都医学総合研究所

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5245
★不登校最多、相談しない子ども4割、解決するとは思わない
 〜 なぜなのか、別な視点からの調査が必要

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5240
★不登校最多、相談しない子ども4割、解決するとは思わない

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5220
★いじめによる自殺事件・調査不十分


https://blog.canpan.info/jitou/archive/5346
【目次】子どものいじめ被害・うつ病など精神疾患、自殺防止対策ー2024年
Posted by MF総研/大田 at 10:34 | 子どもの苦悩 | この記事のURL
マインドフルネス瞑想療法士の講座 〜自己洞察瞑想療法 第4世代の認知行動療法SIMT [2024年03月01日(Fri)]

マインドフルネス瞑想療法士の講座
 〜 自己洞察瞑想療法
 〜 第4世代の認知行動療法SIMT

 第4世代認知行動療法(CBT)としての、マインドフルネス自己洞察瞑想療法のスキルによって、 種々の精神社会問題の予防、治療の支援をするマインドフルネス瞑想療法士レジスタードマーク(MMT)の養成講座を開催します。

 毎月1回、全部で10回の講義があります。次の内容です。受講者も毎月、課題を実践していただくために、10か月かけます。短縮できません。

 次が、10回の講義内容です。

https://mindful-therapy.sakura.ne.jp/kouza/kouzanaiyou-1-10.pdf

 10名の受講者があれば、全国どこでも、出張講義いたします。
 これまで、全国各地で講座を開催しました(注1)が、現地のかたが招聘してくださったからです。現地のかたが、真剣に動いてくださらないと実現しません。MMTの仕事は、薬物療法でも「相談」でも治らない、うつ病などの人の直接支援する難しい仕事ですから、受講する希望者は多くないからです。

 受講者の課題を評価、アドバイスするので、講師は多大のワークロードが必要です。だから、年間、2本(2か所)までしか、できません。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5236
★マインドフルネス心理療法SIMTの改善効果
 うつ病、非定型うつ病、不安症(パニック症を含む)、PTSD、過食症などが完治する事例が多い

(注)
SIMT:Self Insight Meditation Therapy=自己洞察瞑想療法
MMT: マインドフルネス瞑想療法士、Mindfulness Meditation Therapist。登録商標。

(注1)長野県駒ヶ根、宮城県石巻、沖縄県浦添、石川県金沢、静岡県富士、大阪府高槻、福井県福井。根拠地の埼玉県ではさいたま市や蓮田市で多数回開催しました。

関連記事

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5215
【目次】第4世代の認知行動療法の一つ、SIMT
 〜 孤独・孤立対策に、SDGs3.4自殺の減少に

https://blog.canpan.info/jitou/archive/5348
【目次】第4世代の認知行動療法としての自己洞察瞑想療法SIMT

 無評価で観察のマインドフルネス(MBSR、MBCT、それを活用したACT、DBTなど)は、第3世代のCBT。うつ病などの治療法にならず、社会問題を見てみぬふりを助長するおそれがあると批判された。SIMTは、最初から、その問題を克服している。
Posted by MF総研/大田 at 17:49 | マインドフルネス心理療法 | この記事のURL
3月は「自殺対策月間」です [2024年03月01日(Fri)]

3月は「自殺対策月間」です

 3月、自殺対策の強化月間になりました。次の記事は随分、古いものですが、今もなお、状況はあまり改善していません。

 うつ病、不安症、双極症などが治らずに、苦しいひとがおられます。 認知行動療法で治るひともいるのだから、その心理療法で支援できる専門家を全国に配置してほしい。
 (双極症は、認知行動療法で「完治」ということはわかりませんが、軽くなるとか、自殺防止に有効であると「ガイドライン」が述べています)

 認知行動療法による実践会は、うつ病、自殺などの予防にもなります。孤独対策にもなります。

 不登校の子どもが増えています。望んだ不登校でなければ、つらいと思っています。そこからも抑うつがあり、「死にたい」思いを抱く子どもも多くて、自殺のおそれがあります。

 うつ病などを「治療」する効果のある「認知行動療法」で支援する専門家がいれば、一部のひとは治って死なずにすみます。それが職業にならない状況だから、これを職業にするひとがいません。これでいいのか、考えていただきたい。
 せめて、都道府県に1か所くらい、認知行動療法の専門家のいる部署を自治体の予算で作り、そこが現実に行動する対策をとってほしい。

 以下は、古い記事なのですが、状況が変化しておらず、残念です。大切な生命なのに、どうして対策がすすまないのでしょう。

https://blog.canpan.info/jitou/archive/4739
【2021年】3月は自殺対策強化月間です

https://blog.canpan.info/jitou/archive/3704
【2018年】3月は自殺対策強化月間です
 マインドフルネス瞑想療法士🄬に相談してください

https://blog.canpan.info/jitou/archive/3705
★若い人の自殺が減少しません

https://blog.canpan.info/jitou/archive/3706
★がん患者のうつ・自殺予防=がんになると5−10%がうつ病に

https://blog.canpan.info/jitou/archive/3707
★過労による自殺

https://blog.canpan.info/jitou/archive/3708
★治りにくい非定型うつ病・治らないとつらいので自殺も

https://blog.canpan.info/jitou/archive/3709
★DVの被害者の苦悩

https://blog.canpan.info/jitou/archive/3710
★虐待された人、する人の苦悩

https://blog.canpan.info/jitou/archive/3711
★境界性パーソナリティー障害

https://blog.canpan.info/jitou/archive/3160
★長期派遣の仕事の人の自殺

https://blog.canpan.info/jitou/archive/3699
★自殺しないで、自殺させないで

https://blog.canpan.info/jitou/archive/1996
★こころを救う:向精神薬で自殺未遂、診療所は… 人、設備足りず拒否も
 精神疾患の方への支援対策をてあつくできないのでしょうか。
【目次】哲学を知り実践するマインドフルネス

【目次】日本のマインドフルネスの再興を
https://blog.canpan.info/jitou/archive/5329
【目次】自殺防止対策を 2024年  
Posted by MF総研/大田 at 07:13 | 自殺防止対策 | この記事のURL
| 次へ