CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年05月28日

新型コロナウイルス感染症対策について(全腎協)


5月21日(木)全腎協第20−1010号

新型コロナウイルスは、厚生労働省発表で5月20日現在、感染者16,251名、死亡者777名となっています。
人工透析患者では5月15日現在、感染者95名、死亡者12名となっています。

テレビ、新聞等の報道では、本日大阪府、京都府、兵庫県の2府1県の緊急事態宣言が解除されました。東京都、埼玉県、千葉県券、神奈川県の1と3県と北海道を除き全国で緊急事態宣言が解除されました。緊急事態宣言が解除された府県におかれましても、油断することなく引き続き不要不急の外出、3密と言われる@密閉空間空間、A密集場所、B密説場面は避けるようお願い致します。また、通院や買い物等やむを得ず外出する場合は、必ずマスクの着用をし、帰宅時などは必ずうがい・手洗いの徹底をお願い致します。

全腎協からは、毎回感染予防対策についてお願いをさせていただいています。会員の皆様は、新型コロナウイルス感染対策については、十分に理解をされていると思いますが、私たち透析患者やに免疫抑制剤服用者は感染リスクが高いとされています。決して油断することなく引き続き感染症対策におとり組みくださいますようお願いいたします。

透析の医療現場では、医療従事者の皆さんが感染症対策に取り組みながら、私たちの透析治療を中断する事なく日々治療にご尽力をいただいています。繰り返しになりますが、日々透析が受けられていることを「当たり前」と思ってはいけません。多くの医療従事者の皆さんのご苦労があって治療が受けられていることに感謝し、引き続き感染症対策に取り組みましょう。よろしくお願い申し上げます。

2020年5月28日(木)全腎協第20ー1015号

 新型コロナウイルスは、厚生労働省発表で5月25日現在、感染者16,651名、死亡者858名
となっています。
人工透析患者では5月22日現在、感染者96名、死亡者14名となっています。

 テレビ、新聞等で報道されていますように、5月25日東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、北街道の緊急事態宣言が解除されました。活に戻っていく可能性があります。しかし、集団感染の危険がなくなったわけではありません。新型コロナウイルスは、私たちの周りにあります。今後パンデミック(爆発的感染)が起きないとは限りません。
 全腎協からは、毎回感染予防対策についてお願いをさせていただいていますが、引き続き油断することなく、感染症対策についてお取り組みくださいますようお願い致します。
不要の外出や旅行等の長距離の移動はお控え下さい。、通院等外出されるときに、今まで以上に人が密集す場に接する可能性があります。必ずマスクの着用をし、、帰宅時などは必ず
うがい・手洗いの徹底をお願いいたします。
 長期の自粛で心身ともに大変ご負担をお掛けしますが、言われる3蜜と言われる@蜜閉空間、A蜜集場所、B蜜接場面は避けるようお願い致します。
 都道府県におかれましても人が蜜周する会議などの開催は、当面見合わせるなど慎重な対応をお願い致します。また、加盟の病院患者会も同様の対応をしていただくよう注意喚起を
お願い致します。あわせて、「特別定額給付金」の申請手続きが始まっています。手続等の
漏れのないことと、この制度を語った詐欺も発生していますので、会員の皆様十分に注意をお願いします。一人ひとりが笑顔で暮らせるよう全国の仲間とともに感染予防に取り組んで
いきましょう。

                       一般社団法人 全国腎臓病協議会
                               会長 馬場 亮




posted by 山口県腎友会 at 14:47 | Comment(0) | 事務局ブログ