CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年11月26日

2019年全腎協代表者会議の報告


  全腎協代表者会議の報告

IMG_1343.jpg

IMG_1345.jpg

11月23日・24日の2日間で品川大井町のアワーズイン阪急ホテルで行われた全腎協代表者会議が無事終わりました。今回の会議1日目では最初に今年の9月、10月に千葉県を襲った台風15号、19号,21号の被害報告等をNPO法人千葉県腎臓病協議会小川会長から連続の台風による被災の総括について報告がありました。透析施設の被害状況は停電による透析治療が不能な施設が11ヶ所、断水・浸水による透析不能施設が6ヶ所の計17ヶ所。それらの受け入れ施設12施設。透析患者の約2,000名(延べ人数)の患者が影響を受けた。
その後、社会保障委員会宮本理事より昨今の少子高齢化により国は財政難を理由に社会保障制度の切り捨てや医療費の自己負担増などに動き始めてるので、社会保障制度の堅持を目指すためにはどのように取り組むべきかなどを討議しました。3番目は通院・介護制度の課題についての現状の問題点、そして今後の取り組みはどのようにするのかなどの討議、検討を行いました。
2日目は、事前にアンケート調査していた各都道府県の組織対策の活動についての活動内容例の発表とまとめをし、これから先も全国の患者会が切磋琢磨しながら事業の継続をするように指示がされた。
全腎協として、昨年に続き新規会員にはトートバッグの進呈の継続
全腎協のこれまでの先人の活動の歴史「語り部」の要請をして組織拡大に努める。特区チャレンジ事業として組織拡大の対策に必要な資料や費用経費は規定内範囲で全腎協が助成することなど全腎協木村副会長から説明があり、今後の活動成果を期待したいとまめた。
     
                         令和1年11月24日午前11時50分




posted by 山口県腎友会 at 07:51 | Comment(0) | 事務局ブログ