CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年11月15日

2019年日韓透析患者交流会イン下関

IMG_1304.jpg
 2019年11月13日(水)に福岡空港午前8時10分到着便飛行機にてソウルの仁川国際空港から韓国透析患者団体役員および医療関係者ら一同18名が下関市を訪れました。これは昨年度から国際NGO 国境なき腎臓病患者支援会の代表池間真吾からお話があり、韓国腎臓障害者協会の方から日本の透析患者団体と交流を密にして日本の最先端である透析環境に近づける為にはどのような活動に取組まなければならないのか意見交換して色々な事を学び今後の患者会活動に生かしたいという目的からこのたび13日に下関市でNPO法人山口県腎友会と、14日には大阪市でNPO法人大阪腎臓病患者協議会の役員たちと交流を深めたいと韓国の腎臓患者支援会の人たちがイベント「2019年日韓透析患者交流会」訪れました。
交流会場は下関市山の田本町にある「鉄板月輪」で行われ、はじめに韓国腎臓障害者協会会長キム セリョン氏の開会挨拶、その後NPO法人山口県腎友会吉村隆の挨拶と山口県腎友会の紹介と活動内容の説明をし、(株)透析旅行宮崎衛氏の日本の医療費福祉制度についての講演等を行いました。色々な課題や質問を受けましたが、現在の韓国透析事情は私が透析導入した30年以上前の日本と状況が同じ環境であるように感じました。また検査結果が基準値よりも低い場合にでも注射など打ってくれないので体調が改善しなくて怠い日々を過ごしている患者さんが多いまた、韓国では日本の国民皆保険のような患者全員が加入しているわけではないので医療費負担が厳しくて満足な治療が受けられないままの患者も多数存在していることなど改めて日本は素晴らしい医療・福祉の制度のお陰で私たちはいつでも どこでも だれでもが安心して治療を受けて生活が出来ている事に感謝の心を持たなければと話をしました。現在、両国は政治的な幾つかの問題を抱えているが、人と人との人間関係は仲良く友好の輪を広げて、互いに切磋琢磨して患者会のミッション達成に頑張ろうと堅い握手して竹崎町のネオンの下で別れました。(風邪気味で少し疲れた1日でした)

IMG_1314.JPG

IMG_1315.JPG

IMG_1316.JPG

IMG_1317.JPG


IMG_1318.JPG

IMG_1319.JPG

IMG_1320.JPG


posted by 山口県腎友会 at 13:19 | Comment(0) | 事務局ブログ