CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年06月 | Main | 2010年08月»
プロフィール

SPF人口チームさんの画像
SPF人口チーム
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク集
https://blog.canpan.info/jinkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jinkou/index2_0.xml
【コラム】人口減少社会の在り方を模索 [2010年07月30日(Fri)]
【「人口変動の新潮流への対処」事業 事業委員 短信8】
Matsushita Namiko
松下 奈美子
--------------------------------------------------------------
一橋大学大学院社会学研究科後期博士課程在籍中。2003年慶應義塾大学法学部政治学科卒業、2005年慶應義塾大学大学院法学研究科修了。2007年一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。大学、大学院では国際政治学の視点から主にベトナムやフィリピンの外交政策や、労働力移動について研究。現在はアジア地域における国際労働力移動を中心に、IT技術者や留学生など高度外国人人材の受け入れ政策について研究を行っている。
--------------------------------------------------------------

「人口変動の新潮流への対処」事業第1分科会委員


 先進諸国の人口減少が話題になって久しいが、とりわけ日本では2005年以降に少子高齢化の問題が表面化したように思う。それは、当初2006年に初めて日本は人口減少社会を迎えると予測されていたが、実際には1年早い2005年から日本の人口は自然減に転じたからである。国立社会保障・人口問題研究所が2006年に発表した推計では、2050年に日本の人口は9500万人程度になるとされている。人口が減少することそれ自体が問題ではない。

 日本が抱える深刻な問題は、人口構造が非常にいびつな形になることである。日本はすでに世界一の長寿国であるが、高齢者を支えるだけの働き手が生まれないことにある。世代間扶養による社会保障という考えは、多数の働き手の存在を大前提とする。総務省統計局の発表によると、2008年末の日本の人口は外国人も含めて1億2769万人(日本人だけでは1億2594万人)となっている。このうち、15歳から65歳未満の労働人口は8230万人で、65歳以上の老齢人口は2821万人なので、約4人の働き手が1人の老人を支えていることになるが、これが2055年になると、労働人口が4595万人になり、老齢人口が3646万人となり、約4人で3人の老人を支えることになり、単純に働き手の負担は3倍に増加する。さらに悲観的にならざるを得ないのが、子供の数の減少である。15歳未満の人口数は1717万人から751万人にまで、大幅に減少すると予測されている。
 
 日本政府の現状の少子化対策のための一連の施策はすでに生まれた子供に対しての施策でしかないように見受けられる。今後も現在と同じような経済規模、水準を維持したいのであれば、より積極的な多産奨励政策が必要となるだろう。

 少子化対策とは別に、労働人口にかかる扶養負担を減らすことが可能な政策が外国人受け入れ政策であると考えている。すでに日本政府が20年近く掲げているもののほとんど効果が上がっていない、専門的技術的分野の外国人の受け入れを積極的に推し進め、生産性の高い外国人労働者数が増加することで受け入れに生じるコスト以上のメリットが生じるはずである。

 日本企業の採用状況も大きく変わりつつある。ある大手電機メーカーでは、2011年度新卒採用の1390人の枠のうち、8割にあたる1100人を外国人留学生から採用し、日本人は290人にするという方針を発表した。大手衣料品メーカーも外国人と日本人の採用比率を半々にすることを表明するなど、これまで外国人に対して非常に閉鎖的と言われてきた日本企業も次々と積極的に外国人労働者を活用しようとしている。こうした動きが従来の政策先行型の高度外国人人材受け入れの議論を超えていくことを願う。
【コラム】「タイを愛する」人々 [2010年07月02日(Fri)]
【「人口変動の新潮流への対処」事業 事業委員 短信7】
Asato Wako
安里 和晃
--------------------------------------------------------------
京都大学文学研究科特定准教授。沖縄県出身。龍谷大学大学院経済学研究科博士後期課程を修了後、学術振興会特別研究員、株式会社リクルート・ワークス研究所客員研究員、笹川平和財団特別研究員を経て、2008年より現職。東南アジア、東アジアを中心とする看護・介護・家事労働、あるいは農業をめぐる人の国際移動に関する研究に従事している。近年は少子高齢化や福祉レジームとの関連で移民研究を行っている。
--------------------------------------------------------------
「人口変動の新潮流への対処」事業第2分科会主査


 私の好きな料理に千年豚というのがある。これはタイ語でmoo phan piiと呼ばれるチャーシューに高菜の漬物を炒めたようなものである。豚肉を煮て焼いて凍らせて炒めるという複雑な調理工程があるようだ。この料理が食べられるのは、私の知る限りタイではメーホーソンのごく限られたミャンマー国境近くの村々である。その1つ、「タイを愛する」という名前の集落がミャンマーから数キロ離れた山奥にある。村の中心には池があり、人々は池を囲むように住み、まわりは山で囲まれお茶が栽培されている。雨季になると茶畑が霧で覆われ、幻想的な風景を作り出す。お茶を栽培する「タイを愛する」人々。それはタイ人ではなく数十年前に中国から移り住んできた旧国民党の人々である。国民党は中国から移り、台湾で政権を維持してきたが、国民党支持者すべてが台湾に大陸から渡ってきたのではない。多くはミャンマーやラオス、タイなど中国の外に移り住んでいる。

 ミャンマーに住んでいる者もいるようだが、ミャンマーは彼らにとって住み心地の良いものではないらしく、ミャンマーからタイへ入るなど移り住み、最終的に台湾まで移動した者も少なくない。私が今回たまたま出会ったのは、タチレックというタイ系のタイヤイ族の多く住むミャンマーの町で生まれた華人である。両親は中国で生まれたが国民党とともに中国を脱出。彼は生まれたタチレックからタイを通過して台湾に落ち着いた。今から30年前の話である。彼は生活を安定させるため、観光ビザで日本に入国し、超過滞在をしてお金を稼ぎ、その後入国管理局に出頭して台湾に帰国した。こうした経験から彼は中国語、ミャンマー語、日本語を自由に操る。台湾の人と話をしていると、実は生まれがミャンマーやタイであるという人も少なからずいる。

 Moo phan piiは「タイを愛する」集落に住む華人にとって故郷の味である。彼らは台湾まで移動することはなかったが、辺鄙なところにありながらも、台湾の国民党政府はかつて様々な支援を行ってきた。代表的なのはお茶の栽培と中国語教育である。彼らが栽培するお茶は台湾の高山茶のような風味がある。民進党政権に代わり、支援は途絶えたが今でもお茶は貴重な現金作物である。夜になると子どもたちは中国語を学ぶため、教室に通う。使われている教科書は台湾からのものだという。この集落の子どもたちは1日に2回学校に通うという勤勉さでバイリンガル教育を受けていることになる。もう国民党と共産党との内戦は繰り返されないであろう。だから彼らは台湾にも中国にも一生行く機会はないかもしれない。それでも「タイを愛する」人々はお茶を栽培し、moo phan piiを料理し、中国語を学ぶ。