CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2008年12月 | Main | 2009年02月»
プロフィール

SPF人口チームさんの画像
SPF人口チーム
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク集
https://blog.canpan.info/jinkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jinkou/index2_0.xml
【国際ワークショップ】「始動する外国人材による看護・介護―受け入れ国と送り出し国の対話」開催しました [2009年01月30日(Fri)]
第1回国際ワークショップ「始動する外国人材による看護・介護―受入れ国と送り出し国の対話」を1月15日・16日、東京・赤坂の日本財団ビルにて開催しました。両日とも、200名近い参加者にお集まりいただき、ほぼ満員となりました。

当日配布したプログラム(日本語版と英語版)です。


第1日目午後 「送り出し国の動向」  右から細田尚美氏、
A. Yani Syuhaimie Hamid氏(インドネシア看護師協会)、F. Marilyn E. Lorenzo氏(フィリピン大学)


Ada C. H. Cheng氏(オーストラリア・老人養護施設)より



第2日目 総括討論


*より詳細な内容は笹川平和財団の公式ウェブサイトに掲載しています。
2008年度事業紹介 「人口変動の新潮流への対処」事業とは [2009年01月30日(Fri)]
2008年度の「人口変動の新潮流への対処」事業を紹介するパンフレットをつくりました。



(内容紹介)

「人口変動の新潮流への対処」事業

世界の人口構造は人類史上例をみない少子高齢化という激変期に突入している。特に先進諸国は不足する労働力を補うため、発展途上地域から労働者を導入している。日本は世界でもっとも少子高齢化が進行している国の1つでありながら、外国人労働力の受け入れの可否をめぐっては、さまざまな議論が展開されているが、十分な検討がなされないまま受け入れ実態が先行している。厚生労働省の予測によれば、就業支援が進まない場合、2030年までに労働力人口は1070万人減少すると推計されている。したがって、外国人労働者の導入は不可欠との見方も存在する。しかし、途上国も少子高齢化が進展しており、送り出し圧力がいつまでも続くとは限らない。

一方で、アジア諸国では国境を越えた人の移動が盛んであり、人材の獲得競争も生じている。人材を多く輩出する送り出し国も移動は移動する人の基本的人権という考え方から、移動に対して積極的な位置づけを与えている。こうした人口構成の変化、送り出し国との相互理解を深めることはグローバル社会を生きる上で、あるいは共生する上で重要であると考えられる。

こうした現状に鑑み、人口構成の変化にどのように対処すべきかについて本プロジェクトでは検討し、政策形成の資料として提示する。2008年度〜2010年度の3年間のプロジェクトを通して、最終的には日本の外国人労働者の受け入れはどうあるべきかという政策提言へつなげることを目的としている。2008年度のプロジェクトは「人口構成の変化と労働市場」「移民政策の国際比較」「多文化共生・社会統合政策」の3つの分科会から構成され、日本の労働政策や多文化共生・社会統合政策について整理し、また他のアジア諸国の移民政策について検討する。

<2008年度の概要>

◆第1分科会 「人口構成の変化と労働市場」

少子高齢化による人口の減少が及ぼす労働市場への影響を検討する。女性や高齢者の活用、海外へのアウトソーシング、機械化などの生産性の向上などを考慮したうえで、果たして新たな労働力を外国から導入する必要があるのか、地域別業種別に労働市場を捉えなおす。2008年度は、国内の外国人労働者問題に関する既存の諸議論を整理し、わが国における人口構成と労働市場の変化について客観的に議論するために必要となる基礎データをそろえることを目的としている。業種は、製造業、第一次産業(農業、水産業)、IT分野、看護・介護分野に重点をおく。

◆第2分科会 「移民政策の国際比較」

先進諸国は労働力人口の減少による経済活動の停滞を防ぎ、また国際競争力を維持する観点から移住労働者の導入を図っている。あわせて定住者に対する社会統合政策も打ち出され、アジア諸国でも移民政策は入管政策と社会統合政策の両輪を軸とするようになった。送り出し国も積極的な送り出し戦略のもと人材育成を始めるなど、グローバルな労働力移動は極めてダイナミックに展開している。

とはいえ、途上国の少子高齢化も急速に進んでいることから送り出しの見通しは必ずしも明るくない。2008年度はアジアの送り出し国(フィリピン・インドネシア・中国)と受け入れ国(韓国・台湾)を取り上げる。送り出し国については政策概要だけではなく、送り出し国自身の人口構成の変化による送り出しの見通しについても言及するとともに、当事者が海外就労をどのように考えているのかについても考えていきたい。これらに着目する狙いは送り出し国に対する理解を深めることにある。受け入れ国については入管政策だけではなく社会統合政策についても取り扱い、近年、注目を浴びている看護・介護部門にとくに詳しく言及する。国際比較は単なる制度比較にとどまることなく、制度と実態のかい離や問題点についても検討する。

◆第3分科会「多文化共生・社会統合」

移民政策を巡っては出入国管理に注目が集まりがちであるが、本分科会では移民受け入れ後に焦点を絞り、外国人住民への自治体施策のあり方や、地域住民・NPOによる社会統合および多文化共生の取り組みについて、国内8か所における現状と課題を整理する。そこから見えてくるのは外国人住民のニーズと行政やNGOやNPOによるサービスの供給のあり方が、定住者の属性、雇用状況あるいは地域の政策によって異なり、大きく1)中心市街地モデル、2)都市近郊モデル、3)集住地区モデル、4)中山間地モデル、に分けることができるということである。この分科会ではこうした地域の実態調査を通して、地域マネジメントのモデル構築を目的とする。



<次年度以降の取り組み(予定)>

2年目以降はテーマを絞って調査・研究を継続する。第1分科会は農業などこれまで明らかにされてこなかった業種を取り上げてより詳細な分析を行う予定である。同時に計量分析を取り入れ、外国人労働者の導入がどのような影響を日本社会に与えるのかシュミレーションを行う。これにより、定量・定性的な2つのアプローチから移民の及ぼすインパクトについて研究を行う。第2分科会は移民政策の国際比較の調査を継続しつつ、特に国家を超えた「地域」について取り上げる。EUという地域が新たに移民を規定する要因となっているが、アジアではASEAN統合が急速に進んでおり、地域統合がどのように国際移動に影響を及ぼすか検討する。第3分科会では1年目の多文化共生モデルに従い、それが他国でも適用できるのか、ドイツからいくつかの地域を事例として取り上げる。また、比較を通して地域や企業の役割に関する国際比較が可能となる。
Project Overview 2008 [2009年01月30日(Fri)]
Demographic Change and International Labor Migration

The composition of the world population is entering an unparalleled phase of drastic change, with the birth rate falling as the population ages overall. Changes are particularly prominent in developed countries, where workers from developing countries are moving in to supplement labor shortages. Japan is among the countries most affected by the falling birth rate and ageing population, thus the question of whether or not to accept foreign workers is of great significance. Yet, the flow of workers into Japan continues unchecked despite a grave lack of investigation into the issue. According to forecasts by the Ministry of Health, Labor and Welfare, the working population of Japan will fall by about 10,700,000 by 2030 unless action is taken to promote employment. Some believe that, should this forecast prove accurate, Japan will have little choice but to take on foreign workers. However, the problems of a falling birth rate and ageing population exist also in developing countries, hence it is far from guaranteed that the flow of labor from these areas will continue.

Migration across the borders of Asian countries is commonplace, and competition is arising in securing human resources. The countries that provide a large number of workers see migration positively, viewing it as a fundamental human right. Given this active international migration, it is crucial to deepen mutual understanding with countries that supply labor if these countries are to survive and co-exist in global society.

In view of this situation, this project will examine how best to deal with these changes in population composition, and forthcoming results will be compiled into documents for policy formation. Over the next three years (FY2008-2010), SPF will aim, through this project, to produce proposals for Japanese policy regarding acceptance of foreign labor resources into Japan. In FY2008, project activities will be divided among three subcommittees, dealing with changes in population composition and the labor market, international comparison of migration policy, and multicultural coexistence and social integration, respectively. The subcommittees will research and organize information on Japanese labor policy and multicultural coexistence/social integration policy, and will investigate policies regarding migration adopted by other Asian countries.

Outline of project activities in 2008

◆Subcommittee 1   Changes in population composition and the labor market

The effect on the labor market of the drop in population size resulting from the declining birth rate and ageing population will be investigated. Taking into account the increases in productivity that occur through mechanization, greater introduction of women and senior citizens into the labor market, outsourcing overseas and other such approaches, the labor force – and thus the necessity, if any, of recruiting migrant workers from overseas – will be investigated on a region-by-region and industry-by-industry basis. In FY2008, the aim of the project will be to compile the arguments surrounding migrant workers in Japan, and prepare fundamental data that facilitate objective discussion of the population composition and changes in the labor force in Japan. The industries considered will principally be manufacturing, primary industry (agriculture, fishing), IT, nursing/caring.


◆Subcommittee 2   International comparison of migration policy

Developed countries are now attempting to bring in migrant workers to prevent the stagnation of economic activities that results from depletion of the labor force and to maintain international competitiveness. Policy for the social integration of long-term residents is also being hammered out, and in Asian countries immigration policy now revolves around the two core policies of immigration control and social integration.
Countries supplying migrant workers are now adopting enthusiastic labor sending strategies to make their workers more attractive through human resource training and other methods, thus making the migration of the labor force highly dynamic on a global scale. Yet, developing countries also face a rapidly decreasing birth rate and ageing population, thus the future of labor migration [[from these countries]] is by no means guaranteed.

In FY2008, labor distributing countries – the Philippines, Indonesia, China – and recipient countries – Korea, Taiwan – will be studied. Studies of labor sending countries will focus not only on policy outlines, but will touch upon the future of distribution from the distributing country in light of changes in population composition. Furthermore, consideration will be given to how the workers regard employment overseas. Turning the spotlight on these areas should help deepen understanding of the countries distributing labor. Studies of countries receiving labor resources will not only focus on immigration policy, but will also deal with social integration policy. Detailed reference will be made to nursing and caring, two fields that have drawn particular attention in recent years. The international comparisons conducted will not stop at a simple comparison of systems used in various countries, but will also look at discrepancies between the system and the actual state of affairs in the country, as well as problem areas.


◆Subcommittee 3   Multicultural Coexistence / Social Integration

Studies of migration policy tend to focus on the management side of immigration, however this subcommittee will largely investigate and compile information on present status and issues regarding what happens after a country has accepted migrant workers/immigrants, looking at services provided to these individuals by local governments and NPOs as part of their “social integration policy” or “Multicultural coexistence conductance policy”. To obtain this information, the subcommittee will examine eight locations around Japan. These studies should illuminate the needs of foreign residents as well as the services that are provided by government, NGOs and NPOs. However, as these factors will vary depending on the attributes of long-term residents, their employment status and local policy, it will be possible to make several representative models, namely, 1) a central city model, 2) a suburban model, 3) a densely populated region model, and 4) a mid-mountain region model. Through fact-finding surveys in the abovementioned areas, the subcommittee will aim to build a regional management model.


Initiatives planned for 2009 onwards

In the second year of the project and in subsequent years, investigation and research will be carried out on more specific themes. Subcommittee 1 will carry out detailed analysis of agriculture and other industry sectors that have not been sufficiently clarified to date. At the same time, quantitative analysis will be carried out for use in simulations to examine the effects on Japanese society of introducing migrant workers. By so doing, both quantitative and qualitative approaches will be used to research the impact of migrant workers. Subcommittee 2 will continue investigation of country-by-country differences in managed migration policy, paying particular attention to regions that transcend national boundaries. The demarcation of the EU is a new factor that defines migration in Europe; however, in Asia, ASEAN is rapidly becoming integrated and therefore provides an excellent model for examining what effects integration of a given region has on migration within that region. . Subcommittee 2 will investigate the effects of regional integration on international migration. Subcommittee 3 will examine several case studies of regions in Germany to investigate whether the multicultural coexistence model created in project year 1 can be applied to other countries. These case studies will allow a country-by-country comparison of the role of local governments and the private sector.

(for print)