CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main | 2008年11月»
プロフィール

SPF人口チームさんの画像
SPF人口チーム
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク集
https://blog.canpan.info/jinkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jinkou/index2_0.xml
外国から“介護人材”がやってくる [2008年10月15日(Wed)]
10月某日

(社福)全国社会福祉協議会が発行している社会福祉の総合月刊誌「月刊福祉」の特集記事に、当事業委員会の後藤純一先生(神戸大学経済経営研究所教授)と安里和晃(笹川平和財団特別研究員)が論文・レポートを執筆しています。




<10月号> 
日本における外国人による介護の今後の方向性を考える

▼特集▼外国から“介護人材”がやってくる





(「全国社会福祉協議会」ウェブサイトより抜粋)
 日本・インドネシア経済連携協定(EPA)の締結により、インドネシアからの看護師・介護福祉士候補者の受け入れが始まりました。これまで多くの施設では経験したことのない、外国人による介護。言葉の問題、文化の違いなどさまざまな課題が考えられます。
 日本における外国人労働者の現状、EPAによる介護人材の受け入れのめざすところ、既に介護・看護領域に外国人労働者を受け入れている国の現状などを通して、日本における外国人による介護の今後の方向性を考えます。

*論文T 少子高齢化時代における外国人労働者問題について
 後藤 純一 (神戸大学経済経営研究所教授)
       
*レポート4 インドネシア側の認識−現地での聞き取り調査でわかったこと
 安里 和晃 (龍谷大学経済学部非常勤講師・笹川平和財団特別研究員)

記事の詳細や、「月刊福祉」のお求めは、発行元の「(社福)全国社会福祉協議会」様へお問い合わせください。
https://ssl-fukushinohon.hypers.net