CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【コラム】外国人労働者受入れのインパクト評価のための笹川プロジェクト | Main | 【コラム】「人口変動の新潮流への対処」事業紹介»
プロフィール

SPF人口チームさんの画像
SPF人口チーム
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク集
https://blog.canpan.info/jinkou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jinkou/index2_0.xml
入国管理政策―「1990年体制」の成立と展開 [2010年05月18日(Tue)]
「人口変動の新潮流への対処」事業 第2分科会・第1分科会委員の明石純一委員(筑波大学大学院助教)の執筆による新書『入国管理政策―「1990年体制」の成立と展開』が(株)ナカニシヤ出版より刊行されました。


(帯文言より)
「戦後日本の入管体制においてひとつの転換点であった1989年の「出入国管理及び難民認定法」、いわゆる「入管法」の改正をもって構築された「1990年体制」の成立と展開を綿密に追い、外国人受け入れをめぐる現実と政策の相克の20年に新たな光を当てます。

入国管理政策―「1990年体制」の成立と展開

出版社: ナカニシヤ出版
発売日: 2010/4
価格:6800円+税

 <目次>
序章  国境を越える人の移動と入国管理
第1部 人の越境と日本の入国管理
   ・研究動向にみる問題の輪郭
   ・「1990年体制」の前史
   ・「1990年体制」の成立
第2部 「1990年体制」の展開
   ・「知識労働者」の誘致
   ・「留学生」の受け入れ
   ・「歓迎されざる」越境者への対応
   ・入国管理の「国策化」と「国際化」
結章  越境の時代と入国管理

日本の外国人労働者研究、人口の国際移動について研究するにあたっては必読の書です!(by事務局)お求めは各書店まで。
コメントする
コメント