CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年08月 | Main | 2021年10月»
9月30日 『MITの予算72パーセント増』 [2021年09月30日(Thu)]
トルコの情報機関である国家情報機関
Posted by 佐々木 良昭 at 10:07 | この記事のURL
9月29日 『トルコ黒海ガス田能力がすごい』 [2021年09月29日(Wed)]
黒海で最近発見された天然ガス 田は、2027
年までにピーク生産能力に達すると発表した。これはトルコ
の国内ニーズのほぼ3分の1を提供するように設定されている、とファティ・デルメス
エネルギー大臣はブルームバーグ
に語った。

トルコは2023年に35億立方メートルのガスの最初の年間生産能力から始めることができるかもしれない、とDönmezは9月27
日に発表されたインタビューで述べた。その目的は、現在の欧州連合(EU)の生産量の約4分の1にあって、最初の生産から4年以内に年間約150
億立方メートルに増やすことを目的としている。

国営エネルギー会社Türkiye PetrolleriAO(TPAO)
は、約5,400
億立方メートルの回収可能なガス埋蔵量を有すると推定されるサカリヤガス田の4つの段階で40の井戸を掘削する計画だ。

年間約440億ドルのエネルギー輸入を削減することを目指している。乾燥した天候と石炭価格の上昇の中で水力発電の生産が減少したため、国内のガス需要は今年4
分の1が急増し、600億立方メートルに達すると予想されている。

トルコは年間約450億立方メートルの天然を輸入し、パイプライン輸出国のロシア、アゼルバイジャン、イラン、カタール、ナイジェリア、アルジェリア、米国などの
LNGサプライヤーに約120億ドルを支払っている。
Posted by 佐々木 良昭 at 08:04 | この記事のURL
9月28日 『イスラエルがイラン核施設攻撃も』 [2021年09月28日(Tue)]
バー将軍を新しいIAFチーフに、3人のIDFのトップが核武装したイランを先制す

ることに賛成する。国連のベネット首相は「我々は勝つことができると語った。このベネットのコメントを強化するのに役立っている。言葉は遠心分離機を止めません。イランは流域の瞬間に達したが、我々もそうである」と彼は言った。

イランに核爆弾を持たせることは決してない。私たちの機知を利用すれば、勝つことができます。それが私たちがやろうとしていることなのです。

タル・カルマン将軍に行くと広く期待されていました。彼の見解は昨年3
月、「イランは特定の運用上の課題ではない。それは我々の国家安全保障認識への挑戦として、軍の上の床に属している。

カルマンは付け加えました:
「イランに対する我々の言説は、多くの場合、他の問題に絡み合っているので、近年、いくつかの皮肉に魅了されていますが、私は本当に挑戦は、主要な地域力の可能性を持つ国家によってもたらされると信じています。

彼の上司であるアビブ・コハヴィ参謀総長は、イランの核目標を抑制する外交は時間の無駄だとはっきり言っている。空爆に先立ち、陸上での作戦には強力で高精度な爆弾、サイバー、電子戦を使わなければならない」。

バー将軍は、「この作戦は、イランの通信システムを無効にし、コンピュータをクラッシュさせる行動が先行していると考えており、打撃の主力がイランの戦闘精神を低いピッチで見つけるようにする」と説明した。

「米軍長は、イスラエルは単独でイランの能力を破壊する能力を欠いていると言うが、私は彼がイスラエル軍が何ができるかを完全に認識していないと思う。アメリカ人は我々のことを全て知っているわけではありません。

ここに来て、イスラエルはイランの核兵器製造に、大きな懸念を示し、場合によってはその施設を空爆で破壊する、意思がある事を示したのだ。情況は冗談では済まされない段階を迎えているということだ。
Posted by 佐々木 良昭 at 09:06 | この記事のURL
9月27日 『タリバンは何処まで持ち続けるか』 [2021年09月27日(Mon)]
2003年以来、国連やロシアを含め、いくつかの国々は、この運動が、少なくとも14
件のテロ行為を実行したことから、タリバンをテロ組織として認めている。政策的に、中世イスラムの源への復帰を宣言し、奴隷売買の奨励や、特に女性の人身売買を通して、彼らは全くの差別を実証した。

特に「異」民族に対し。タジク人、ウズベク人とハザラ人。キリスト教徒、シーク教徒、シーア派イスラム教徒やヒンズー教信徒が、アフガニスタンで最も迫害される宗教団体となり、宗教的少数派へのあからさまな弾圧があった。タリバンは、非イスラム教徒が新しい宗教施設を作ったり、イスラム教徒を批判したりするのを禁止し、黄色の布で彼らの家に印を付けるよう強い、彼らがイスラム教徒と共に暮らすのを禁止し、つまり公然と人種差別、ファシスト政策を実施したのだ。

「コーランにないものは禁止されるべきだ」という主な信条の一つに従って、1998年、タリバンは、55,000
冊の本や古代の写本を収納するプル・イ・フムリ公共図書館を破壊した。2001年、彼らはアフガニスタン国立博物館で、約3,000
の美術品と古代の遺物と、バーミヤン渓谷の巨大な古代遺跡仏像を破壊した。タリバン支配の間、スポーツゲーム、音楽、映画館、テレビ・ショーなど、あらゆる種類の娯楽や文化的活動が禁止された。

不幸にも、上記の様々な事実が、現在、既に出現し始めた。例えば、全国レジスタンス戦線報道官アリ・ナザリは、タリバンが何千という人々をパンジシール州から追い出し、民族浄化を行っていると
ツイッター
で書いた。この不確実な状況下、共感的な国々さえ、タリバン支配承認を、まだ急いでない。。アメリカの銀行預金口座にあるアフガニスタンの準備金、約95
億ドルが凍結されており、IMF
はタリバンへの支援を停止し、世界銀行は資金供与を見合わせ、欧州連合とドイツは、アフガニスタンへの経済援助を止める意図を発表した。

カタールのタリバン政治事務所長代理アブドゥル・サラム・ハナフィーは、ドーハで中国外務次官補と協議した。タリバンは北京に「アフガニスタンと中国間の友好関係を発展させることに尽力し続ける用意があり、どの勢力にも、アフガン領域を、中国の権益を脅かすために使うことは決して許さない」という保証を表明した。タリバンは中国の一帯一路プロジェクトにも協力する準備ができていると宣言した。

更に、インドは開発プロジェクトに約30億ドル投資し、両国間貿易は14
億ドルと推計され、アフガニスタンにとって最も主要な寄贈者で貿易相手だったことから、タリバンは支援を求め、ニューデリーに目を向けた。アフガニスタンと国境を接している国々、パキスタン、イラン、中国、トルクメニスタン、ウズベキスタンとタジキスタンでは、タリバンに対する将来政策の活発な議論があった。だがタジキスタンは、まだタリバンと連絡をとることに同意していない。

9
月初旬、タリバンのザビフラー・ムジャヒド広報担当は、イラン・テレビ局インタビューで、イスラエルを占領者と呼び、「破壊しなくてはならない腫瘍」にたとえた。一方、タリバンのスハイル・シャヒーン報道官は、
BBCインタビューで、タリバンは、彼らが思い描く方法で、世界中で、特にインドのカシミールや、他のいかなる国でもイスラム教の権利を擁護すると述べた。

これらの事実や、新しいものの出現は、アフガニスタン内や周辺の、既に大いに複雑な状況を悪化させているのは確実で、反タリバン・レジスタンスの増大を招き、タリバン派閥間の内部抗争を激化させる。
Posted by 佐々木 良昭 at 08:42 | この記事のURL
9月26日『ペケル政府のスキャンダルばらす』 [2021年09月26日(Sun)]
ペケルは、トルコで官僚制度や政治と絡み合った「ナルコ構造」を作ろうとする試みが進行中であると主張した、と地元メディアは金曜日、ジャーナリストからのツイートを引用して報じた。



ペケルは、5月初旬から国家とマフィアの関係、麻薬密売、国家当局者とその家族に関係する殺人について衝撃的な暴露を行っている。マフィアのボスは6
月以来、彼が現在住んでいるアラブ首長国連邦の当局者が彼に他の国の政治家を中傷するYouTubeビデオをこれ以上公開しないように言って以来、YouTube
の代わりにTwitterで彼のセンセーショナルな主張をしています。



ペケルは、トルコの内務大臣スレイマン・ソイルの息子エンジン・ソイルの友人であるレジェップ・ケロウルが20キロのコカインで捕まえられ、懲役18
年の判決を受けたと述べた。「しかし、この人物の事件は最高控訴裁判所の前にあったが、彼は(トルコの)
法制度では非常にまれな方法で裁判所によって釈放された」とペケルは付け加えた。

この人物は釈放後、約30
キロのコカインを含む作戦の一環として再び拘束されたが、今回は裁判所に出頭することなく警察から釈放されたとペケルは主張した。トルコで経済的に快適なのは、賄賂を受け取り、麻薬や女性を売る人たちだけだ」とペケルは主張してもいる。
Posted by 佐々木 良昭 at 08:46 | この記事のURL
9月25日 『バイデンと上手くいってないエルドアン』 [2021年09月25日(Sat)]
エルドアン大統領は9月24日、米国とトルコ
関係の現在の経過は「うまくいかない」と述べ、今年初めに政権を握ったジョー・バイデン米大統領との良いスタートはしていないと述べた。

「トルコとアメリカの関係には健全なプロセスがあるとは正直に言えない」と大統領はトルコのメディアで語ったと報じられた。「見て、我々はF-35を購入し、14
億ドルを支払い、これらのF-35は私たちに
届けなかった」と、彼はワシントンがこの政策を「修正しなければならない」と強調した。

他方、ロシアとの関係については9月29
日にソチの黒海リゾート地で予定されているロシアのウラジーミル・プーチン大統領との会談を楽しみにして、エルドアンは二国間関係とシリア、特に同国に残っている最後の反政府勢力の飛び地であるイドリブの状況について話し合うと述べた。エルドアンは「うまくいけば、我々はトルコとロシアの関係においてはるかに強く、異なる期間に入るだろう」と言った。

アフガニスタン
の新しいタリバン政府について尋ねられたエルドアンは、グループが強硬派の全男性内閣を明らかにした今月初めに包括的なリーダーシップが形成されなかったのは残念だと言いました。「政権にはより包括的な雰囲気があるかもしれない、いくつかの変化があるかもしれないというシグナルが来ている」と言った。

「そのようなステップを踏むことができれば、我々は彼らと一緒に何ができるかを話し合うところまで進むことができる」
「クルド問題を解決する事は無い。トルコではそのような問題はありません。我々はすでにこの問題を解決し、それを克服し、それを終えたと語った。
Posted by 佐々木 良昭 at 09:40 | この記事のURL
9月24日 『タリバン勝利は地域にイスラム原理の活動増やす危険』 [2021年09月24日(Fri)]
「タリバンは、テロリストを支援するテロリストだ」と言うレオン・パネッタ元国防長官の言葉だ。2019
年、アフガニスタンはテロ活動に関して、一位だった。イラク、ナイジェリア、シリア、ソマリア、イエメン、パキスタンとインドが、それに続く。経済平和研究所が作成したGTI
2020
によれば、その数字が、リビアの出来事が、どのように直接、チャド、ニジェール、マリ、ブルキナファソやモーリタニアでのテロの増大要因になったか反映していないが、リビアは
163国中16位だ。これらの国々は全て、アフガ二スタンの出来事に対する不安を表明している。

チュニジア人ジャーナリスト、アーメド・アブデル-ハキムは、チュニジアがダーイシュにとって外国新兵の最大供給源だったと強調している。欧米筋は、15,000
人から、18,000人のチュニジア人がこのテロ集団に参加するためシリアに行ったと推定している。

エジプトの9月1
日付けのアル・アハラム新聞によれば、テロ・ネットワークは密接につながっているので、ソマリア、南モザンビーク、ナイジェリアとカメルーンのテロ組織がアフガニスタンでのタリバン勝利から恩恵を得るということのようだ。

タリバンは部族的イスラム主義組織だと主張するが、彼らの競合は兄弟姉妹の競争心以上何ものでもない。彼らは同じイデオロギーと信条と世界観を共有しているのだ。パキスタン・タリバン運動が、バルチスタン州で攻撃を実行し、数人を殺し、負傷させた。オサマ・ビンラディン治安機関の元トップ、アミン・アル・ハックがアフガニスタンに戻ったことも指摘されるべきだ

ブッシュ大統領は、アフガニスタンを侵略した作戦の目的は「この国がテロ活動のために使われるのを阻止する」ことだと述べていた。しかし、過激主義に対する戦いのために行われた全ての努力が無になり、この地域は、再び政治的イスラム至上主義に陥るだろう。

アフガニスタン・イスラム首長国の主要スポンサーはイスラマバードは決定的ではないにせよ、重要な役割を果たしたのだ。人口二億人以上の国パキスタンには、タリバンと提携しているか、同情的な、多くの組織がある。このアフガンの運動が、主に、パキスタンには二倍の人数がいるパシュトゥーン人に動かされている事実は、将来非常に重要。

アルカイダと(同じくロシアで禁止されている)ダーイシュの一部は、活動をサハラ以南のアフリカやアフガニスタンや南アジアに移した。、リビアの出来事が、どのように直接、チャド、ニジェール、マリ、ブルキナファソやモーリタニアでのテロの増大要因になったか反映していない。
Posted by 佐々木 良昭 at 08:41 | この記事のURL
9月A23日 『ハフタル・リビア大統領に立候補か』 [2021年09月23日(Thu)]
ハフタルは水曜日、彼が軍事活動を中断していると言いました。声明の中でハフタルは、立法投票と大統領選挙の日である12月24
日まで、自称リビア国軍の長として暫定的な後任を指名したと述べた。

リビアのメディアは、このステップは、ハフタルが論争の的となっている新しい法律の下で大統領候補として立候補する道を開くと言いました。議会議長のアギラ・サレハは今月初め、大統領投票を支配する法律を批准し、批判者は同盟国ハフタルを支持する正当な手続きを迂回したと述べた。

議会が拠点を置くリビア東部と南部の一部を支配するハフタル大統領の出馬が可能になる。東部の都市トブルクでサレハが監督する下院のセッションに出席した議員の過半数は、アブドゥルハミド・ドバイバ暫定首相のトリポリに拠点を置く統一政権からの信頼を撤回することを投票した。

ドイツのヘイコ・マース外相は国連でリビアに関するハイレベル会合の共同議長を務める中で、「国際社会はトリポリと他の国々のリビア当局者が12月24
日に予定通り大統領選挙と立法選挙が行われることを期待している」と述べた。

マースはまた、リビアから外国の傭兵を取り除くために新たな努力を求めた。国連は、ロシア人、シリア人、チャド人、スーダン人を含む2
万人以上の傭兵と、そのほとんどがトルコ人の外国軍がリビアに配備されていると推定している。
Posted by 佐々木 良昭 at 08:07 | この記事のURL
9月23日『イラン・アメリカ核問題で接近か』 [2021年09月23日(Thu)]
このところアメリカの売電大統領の発言内容に微妙は変化が見られる。それはウランとの核問題を巡ってだ。
西側諸国とのより良い関係を求める政府の後を継いだ強硬派聖職者のエブラヒム・ライシ大統領は、2015年の核合意の下で制裁を終わらせるという約束を果たすように米国に要請した。




「イスラム共和国は、最終的な結果がすべての抑圧的な制裁の解除である有用な協議を考慮する」と、ライシは国連総会への記録されたスピーチで述べた。欧州連合
(EU)が仲介する間接協議は、前政府との数ヶ月間の交渉が前進する道筋を確保できなかった後、6月以来休止している。

西側諸国だけでなく、中国やロシアは、ジョー・バイデン米大統領の前任者ドナルド・トランプが米国を撤退させた2015
年の合意の下で、イランの核開発を平和的に制限する価値を見ている、と言う。EU
外交政策責任者のジョゼップ・ボレルは、火曜日に国連でイランのホセイン・アミール・アブドラヒアン新外相と会談し、ウィーンでの協議を「まもなく」再開するよう彼を推し進めると述べた。

ドイツのヘイコ・マース外相は、イランが核作業を進めるかもしれないという西側の懸念の中で、交渉を再開することが急務であると述べた。「イラン代表団がウィーンに戻るのを
2、3
ヶ月待つつもりはない。「それはより速くしなければならない」とマースは記者団に語った。イラン外務省のサイード・ハティブザデ報道官は、ライシと一緒に旅行し、正確な日付を明かさずに「今後数週間のうちに」間接協議の再開を期待していると語った。

ライシ大統領は彼の穏健な前任者ハッサン・ロウハニ(仲間の聖職者)
との顕著な違いであり、より大きな自由と外の世界との相互作用を可能にするよう求めた。しかし、ライシは、イスラエルの破壊を呼びかけた。

ホロコーストを否定することによって、国際舞台でイランを孤立させたマフムード・アフメディネジャド前大統領の炎症性言語には及ばなかった。
それにもかかわらず、ライシはイスラエルを「ガザと西岸地区の女性と子供を虐殺することを議題とする国家テロ」の最大のスポンサーと呼んで、後者を怒らせるという点で非難した。



Posted by 佐々木 良昭 at 08:00 | この記事のURL
9月A22日 『エルドアン大統領米に経済協力懇願』 [2021年09月22日(Wed)]
エルドアン 大統領は、トルコの可能性を信じ、同国に投資するよう、米国のビジネスマンに呼びかけた。
「トルコの関連機関や組織、およびアメリカの駐在員事務所の扉は常に開かれています。「私はあなたがトルコの明るい未来と可能性を信頼し続けることを期待しています」と、彼はトルコと米国に演説しました。

しかし、我々は、これらの問題は、相互の利益と理解に基づく対話を通じて解決されると信じています」と、彼が言いました。

トルコは、米国当局が二国間貿易の障壁を取り除く前に、ビジネスマンがイニシアチブを取ることを期待している、とエルドアンは言った。「トルコとアメリカの関係を発展させるお客様とビジネス協議会の貢献が、倍数効果を持つことは間違いありません。

私はあなたが非常によくトルコとアメリカの関係を毒する唯一の議題であるいくつかのロビーや利益団体によって私たちの国に対する根拠のないスミアキャンペーンによってもたらされる本当の目的と危険を見ることを知っています。

「私はあなたが法的および歴史的事実から遠く離れたこれらの悪意のある活動に対して確固たる姿勢を取ると信じています」と、彼が述べました。。トルコと米国の間には、安全保障、防衛、投資の分野で協力の機会がある、と彼は言った。

エルドアンは、各国間で時々起こる意見の相違は、対話、連帯、相互尊重を通じて克服できると強調した。ジョー・バイデン

米大統領は、両国間の経済関係の発展は「可能かつ必要である」という理解を十分に共有していることを認識し、エルドアンは両首脳の二国間貿易量を1,000
億ドルに拡大する決意を改めて表明した。

米国とトルコの間の二国間貿易量は、パンデミック状況にもかかわらず、昨年に比べ210億ドルに増加し、2021年末までに250
億ドルに達することを望むと表明した。トルコで事業を行う米国企業の数は2021年6月までに1,971社に達し、米国のトルコへの直接投資額は130
億ドルに達したとエルドアン氏は述べ、トルコの投資家は米国で72
億ドル相当の直接投資を行い、費用対効果が高く、膨大な生産機会を持つ世界貿易でさらに目立っていると付け加えた。

十分な教育を受けた労働力と現代の物流インフラ。
「エネルギー分野は両国にとって深刻な機会を持っている。「私は、この分野での我々の協力は、今後の期間でより進むと信じています」と、彼が言つった。
Posted by 佐々木 良昭 at 09:29 | この記事のURL
| 次へ