CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年06月 | Main | 2020年08月»
bU031 7月31日『目立ち始めたエジプト二つの動き』 [2020年07月31日(Fri)]
エジプト政府はシリアの、アサド体制を守るために、軍を派兵することを決めた。これは明らかに、トルコを意識しての動きであろう。述べるまでもなく、トルコはアサド体制打倒のためにシリアに、軍事介入しているのだ。

この段階に入って、エジプトがシリアに軍を派兵するということは、そのトルコの野望を潰すためであろう。トルコのリビア介入もしかりであり、これはエジプトにとって、極めて危険な動きなのだ。

トルコの支援するリビアの、セラジ政権GNA
が勝利すれば、リビアはムスリム同胞団の国家になってしまうからだ。それはエジプトの敵対組織であり、エジプトは不安定になろう。だからエジプトはいまリビアへの軍事介入も、考えているのだ。

エジプトがここまで意志を固めたのは、シリアでもリビアでもトルコ軍の介入は、トルコにとって厳しい経済状態と、国内不満が拡大してきており、しかも、世界からも支持されていないからであろう。

つまり、エジプトが思い切った動きに出始めたのは、トルコが弱体化してきている、と判断したためであろう。トルコの勢いが盛んであるときは、易々と手を出せば、大火傷するだけだからだ。だがいまはそのチャンス、とエジプトは見たのであろう。

同じように、エジプトはイエメン問題をめぐり、サウジアラビアの対応の変化を、歓迎している。サウジアラビアは長期化、し膨大な資金をつぎ込んだイエメン戦争は、終わりそうも勝利しそうにも、見えないのだ。

そこで、サウジアラビア政府は、イエメン介入を手控える方針に、変えたのだ。そのためサウジアラビア政府はイエメン内紛の政治解決を、提案し始めたのだ。サウジアラビアは同時に、アラブ首長国連邦にイエメン関与について、手控えるよう働きかけている。

しかし、サウジアラビアは未だに、イエメンの二つの勢力が、イランの影響下にあるホウシ・グループと、敵対し戦うことを勧めている。こうなると、サウジアラビアはイエメンの二つの組織に対して、武器や資金を送っても、直接戦闘には介入しない、ということであろう。それをエジプト政府は賞賛して、サウジアラビアを味方に付ける、という作戦であろう。

こうなってくると、今後、エジプトがアラブ世界で果たす役割は、重要性を増して行くということだ。そして、そのエジプトの役割は多くの国々から歓迎され、逆にトルコは追い込まれていくことになろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 10:35 | この記事のURL
bU030 7月30日『これは蛮行だろうイスラエルモスクをバーやレストランに改造』 [2020年07月30日(Thu)]
 イスラエルがヨルダン川西岸地域などで、使用されていないモスクをバーやレストラン、ショッピングモール、博物館などに改造して、使用しているという報告が、パレスチナ人によって、なされている。
 それは単なる言いがかりではなく、事実であろうと思われるが、そうであるとすれば、この問題は今後糸を引くことになるだろう。イスラム教徒にとって、モスクはバイトッラー(アッラーの家)という言い方もされている神聖な場所、そうでなくとも彼らが礼拝をしていた場所だ。
 この問題は今後、パレスチナ人だけではなく、世界中のムスリムの怒りを、買うことになろう。イスラエルのユダヤ人にしてみれば、使用されていない建物を使って、何が悪いか、ということになるだろうが、それは間違いだ。
 確かに、ヨルダン川西岸地区にあるモスクは、皆石造りであり、しっかりした建造物であり、手を加えれば十分に使用可能であり、しかも綺麗にできよう。表面部分を少しだけ削ればいいのだから、新たに建設するよりは、相当安価であろう。
 だが、こともあろうに、そのモスクをバーにするとは、どういう神経なのであろうか。イスラム教徒が酒を禁じられていることを、ユダヤ人が知らないはずがない。言ってみれば確信犯なのだ。
 これにトルコのエルドアン大統領が、噛みつかなければ、彼の言うイスラム主義は、見せかけだけということになろう。彼のような保守派でなくとも、世界中のムスリムは相当腹を立てるのではなかろうか。
 もう一方のイスラム教の雄サウジアラビアは、どんな反応を示すのか、興味が持たれる。マレーシアもインドネシアもパキスタンもイスラム教では信仰が篤く、過激な国民も少なくない。
 イスラエルはあるいはユダヤ人は、世界中のイスラム教徒から嫌われることをした、ということだ。その付けが確実に彼らに向かい、世界中でユダヤ人は危険な立場に、立たされることになろう。
 なにやらユダヤ人が行っていることは、韓国人が日本に対して行っている難癖と、嫌がらせに共通する部分が、有るような気がするのだが。彼らはどちらも歴史を通じて、弾圧され差別されてきたので、共通部分を持っているということであろうか。同情するしかあるまい。
Posted by 佐々木 良昭 at 08:04 | この記事のURL
bU029 7月29日『ヘズブラとイスラエル本格戦争へ』 [2020年07月29日(Wed)]
コロナの騒ぎでほとんどのマスコミ話題が、紙面を占めている中東ニュースのなかで、危険な動きが進んでいる。それはレバノンのヘズブラとイスラエルとの、本格戦争勃発の可能性が高まっている、ということだ。

イスラエル政府は既に、特殊部隊を結成し、レバノンとの国境地帯に、送り込んでいる。これを迎え撃つのはヘズブラということだが、どちらに分があるのであろうか。武装面ではイスラエルの方が上だが、死を恐れないヘズブラの戦闘員は、イスラエル側にとって不気味であり、恐ろしい存在ろう。

何故ここまでレバノン・イスラエル関係が、緊張しているのかと言えば、ヘズブラがシリアに派兵し、ゴラン高原地域のそばで作戦を進めていること、そして次の段階ではイスラエル領土内に、侵攻する危険が迫っているからだ。

以前、2006年にレバノン・イスラエル戦争が起こったとき、ヘズブラの発射したミサイルがイスラエル領土内に着地し、相当な被害が出たことがある。そのために当時のオルメルト内閣は、辞任に追い込まれたほどだ。

今回戦争が始まれば、当時の比であるまい。相当量の新型兵器が、ヘズブラの手に渡っている。イランが供与したのだが、イランはヘズブラを使って、イスラエルに脅威を与えたい、と思っているのだ。

イスラエルによるシリア内の、イラン軍への攻撃も続いており、何とかしなければならないということであろう。イスラエル側はシリアへの、イランの旅客機の航行に対しても、急接近して威嚇いている。

イスラエル政府はイスラエルが本気だと言うことを、ヘズブラとレバノン政府は正確に認識すべきだ、と言っているが、レバノンの首相もそのことは、充分承知しているようだ。それでレバノンの首相が、ヘズブラのイスラエル攻撃を、阻止できるかという、と話は別だ。ヘズブラはレバノン政府の意向よりも、イラン政府の意向を、強く受け止めているからだ。

既にレバノン・イスラエル国境では散発的な交戦が始まっており、後はどの段階で本格的な戦闘に、変わるかということだ。もし、本格的な戦闘が始まれば、国境地域だけではなく、首都ベイルートも攻撃対象になろう。市民の被害も相当なものになろう。

レバノンではコロナの影響で、経済が壊滅的な状態にあり、庶民は食糧を手にするのにも、苦慮する状態になっている。先日もレバノンの家庭の冷蔵庫のドアが開かれ、何も入っていない様子が、伝えられていた。

コロナという大悪魔が、世界の住民を苦しめているなか、戦争という新たな災禍が、加わるということは、まさに地獄ということであろう。レバノンなかでも
ベイルートは、かつて中東のパリと、呼ばれていたのに。
Posted by 佐々木 良昭 at 08:34 | この記事のURL
bU028 7月28日『信じ難いトルコの動き』 [2020年07月28日(Tue)]
最近のトルコは異常としか思えない、行動を取っている。シリアやリビアへの軍事介入は述べるまでもなく、それは長期間に及んでいる。その派兵に要する費用は、莫大であろうに。

今度はトルコがアゼルバイジャンとの、軍事同盟に動き始め、合同軍事訓練をすることにした。ここでもトルコはアゼルバイジャンが抱えている、隣国アルメニアとの紛争に手を出す、ということであろうか。

アゼルバイジャンとアルメニアの間には、ナゴルノカラバフの領有をめぐり、対立が続いており、時おり戦闘が展開されている。

現在ではアゼルバイジャン領の、ナゴルノカラバフがアルメニアの支配下に、置かれているのだ。そこで今回は本格的にトルコが、首を突っ込むということであろう。アルメニアの軍事力と比べれば、トルコの軍事力は巨大であり、戦争になればあっという間に、結果が出よう。


エルドアンはこう着状態にある、シリアやリビアの戦線とは異なり、アルメニアとの戦争は、短期間で成果が出る、と思っているのであろうか。トルコの経済は最悪の状態にあり、国民の不満は暴発寸前、と言っても過言ではない。そこで派手な戦勝を、発表したいのであろうか。

だがアルメニアはキリスト教国であることから、トルコが軍事侵攻するようなことになれば、一気にヨーロッパ諸国のトルコに対する敵意は爆発しよう。ハギア・ソフィア教会のことでも、ヨーロッパ諸国は相当、トルコに怒りを拡大しているし、地中海での勝手なガス石油掘削でも、トルコはヨーロッパ各国から、非難されている。

フランスのマクロン大統領などは、明日にでもトルコに攻め入るような、激烈な非難の言葉を口にしている。アゼルバイジャンはイスラム教国であり、現代版スルタンとしては支援しないわけには行かない、ということなのであろうか。

しかし、他方ではトルコに難民となって移り住んでいる、ウイグル人を中国に帰還させる方針で、いるようだ。それはウイグル人を殺させる、ということであり、納得が行かない。だがエルドアン大統領はその事で中国とひと悶着起こし、アメリカの支持を得ようということなのであろうか。

エルドアン大統領の考える外交は、支離滅裂というか、奇想天外というか、呆れるしかない。
Posted by 佐々木 良昭 at 09:38 | この記事のURL
bU028 7月28日『アメリカ偽物の空母ホルムズ海峡に展開』 [2020年07月28日(Tue)]
イラン政府が公開した、アメリカ海軍の空母の写真は、衝撃的なものだった。巨大な空母が陸地に近い場所に、設置されているのだ。それは陸からの土盛りで繋がっており、明らかに偽物であることが分かる。

空母の周りの海底は浅く、どう見ても、空母が停泊できる場所には見えない。加えて
管制塔の天井が、何の設備もなく吹き抜けになっている。空母と称するこの建物の上には、アメリカの戦闘機も並んでいるのだが、それは合計16機で、上の方に(左舷
)並んでいるのと、下の方(右舷)に並んでいるのでは、同種機であるにも拘らず、サイズが異なる。

こんなものを作って、アメリカがイランを威嚇できる、と思ったのであれば、実に笑止千万であろう、それの逆で、今回の空母偽物登場は、アメリカの経済力が相当逼迫しており、東アジアを重点的に防衛するには、空母をペルシャ湾地域からも、異動させなければならない、ということであろうか。

日本と中国との関係が緊張しているいま、アメリカが東アジアに重点的に、軍を配備してくれるのは、有り難いのだが、かえってそれが中国軍に、自信を持たせることになり、緊張を高めるのではないのか。

その中国もまた決して、きちんとした武器を装備しているとは、言え無いようだ。遼寧空母は、使い物にならない代物であり、単に威嚇のためにしか存在しないし、使えないことが分かれば、威嚇にもならないのだ。

それ以外の武器も然りであろう。戦闘機などのどの程度、使用可能なのか分からない。そして整備が不十分であれば、多数の戦闘機があっても、実際に使用可能なのは、数が知れているのではないのか。

時折、日本のマスコミが中国は、日本軍を恐れていると報じているが、その通りであろう。ただ何と言っても、中国は16億の民の国、戦争ではなく難民として押しかけられたら、阻止のしようはあるまい。

難民の受け入れでは、アメリカがどんな役割を、果たしてくれるのか期待したい。いずれにせよ、今回のアメリカ軍空母の偽物展示は、世界中にショックを与えたであろう。世界最強のアメリカが、こんなことをしなければならないところまで、経済的に追い込まれている、ということであろう。


こうなってくると、一つは世界がアメリカを恐れなくなり、ブレーキが利かなくなるということと、日本が独自に武器開発をしなければならなくなる、ということだ。そしてアメリカの経済苦に日本が相当の支援を、する必要が出てくる、ということであろう。

アメリカのトランプ大統領が日本や韓国に対して、駐留費の負担額を引き上げろ、と叫ぶのはこういた実情からであろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 08:27 | この記事のURL
bU027 7月27日 中東『ハギア・ソフィア・モスクのイマーム帯剣で登場』 [2020年07月27日(Mon)]
東ローマ帝国が完成させた、ハギア・ソフィア教会を、オマン帝国がイスタンブールを攻略した段階以来、支配するようになった。それは戦争の結果であり、誰も否定出来ないことであろう。

しかし、ハギア・ソフィア教会はキリスト教の、象徴的建物であることから、この問題は宗教的対立感情を、生み続けてきていた。そのハギア・ソフィア教会を今年になり、トルコ政府はキリスト教会から、イスラム教のモスクに正式に、変更すると発表した。

これまではハギア・ソフィア教会は、トルコの支配下にあっても、あくまでもモスクにすることはなく、キリスト教会の体裁を残していた。いわゆる観光スポットとしての、売込みがもっぱらであったのだ。

ここに来て正式にトルコ政府が、ハギア・ソフィア教会をキリスト教会から、モスクに変更したことは、西側のキリスト教諸国から、クレームが出るのは当然であり、ギリシャはその先頭に立とう。

今回の最初のハギア・ソフィア・モスクでの礼拝で、気になっていたのだが、やはり、キリスト教国やキリスト教徒側からは、相当クレームが高まりそうだ。それは明らかなトルコの保守帰りであり、力をもってキリスト教諸国に対抗するという、強い意志が見えたからだ。

ハギア・ソフィア・モスクのイマームは・説法台の上に、剣を携えて上ったのだ。それはオスマン帝国の形の剣であり、平和を願うモスクでの行為としては、相応しくないと思うのだが、それをあえてやってのけたのだ。

歴史的には前例があったと,イスラム史の専門家は主張している。オスマン帝国がイスタンブールを攻略した後、このハギア・ソフィア教会で礼拝したときも、帯剣であったというのだ。しかし、それは戦時のことであり、今日には相応しくなかろう。

このトルコの行為で目立ったのは、トルコがイスラム世界をリードする、カリフの国だというイメージであり、エルドアン大統領はイスラム世界のカリフだ、と暗に示したものであろうかということだ。

あるいはそれは、あからさまな行為かもしれない、トルコは断固として、キリスト教諸国に対抗する、ということになるのではないのか。そして今回のトルコのとった行動は、イスラム世界にそのイメージを示し、トルコがイスラム世界の力の代表である事を、認めさせようということであろう。

歴史的な前例を引き出しても、やはり剣は剣、平和の象徴にはなり得まい。愚かなエルドアン大統領の、力の誇示以外の何物でもなかろう。何処のイスラム教国がこのエルドアン大統領の愚行を、支持するというのであろうか。まさに裸の王様であり、従者たちは皆それに従う、臆病で愚かな下僕達ということであろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 10:19 | この記事のURL
bU026 7月26日『コロナのニュースで世界中がニュース不足か怠慢か』  [2020年07月26日(Sun)]
世界のネットを開くとうんざりするのは、コロナのニュースが大半を占めている、ということだ。確かに現在は世界中が、コロナで大混乱していようが、その裏ではいろんなことが起こっているのも事実だ。

例えば、イランの旅客機がアメリカ軍の、戦闘機に異常接近され、乗客が負傷するという事件が、起こっている。アメリカはこの事件を通常の出来事とし、イラン側に謝罪する意志など全く無い。イランが発表した写真を見ると、機内の非常装置が働いて、酸素マスクが天井から、下がってきている。

イランの旅客機は以前、ペルシャ湾上空でアメリカ軍機によって撃墜され、270人以上の犠牲者が出ているだけに、イラン側とすればこれは単なる、脅しではあるまい。すこぶる現実味を持った、脅しということになろう。

当然、国連も世界の国々の航空機の、安全航行を確保すべきだと、ソフトではあるが、アメリカの今回の蛮行を、非難している。世界の国々はこの事件を通して、アメリカを非難したいのだが、アメリカ怖さからなかなかそうは、出来ないでいるのではないのか。



トルコが決定した、アヤ・ソフィア教会のモスクへの変更も、大きな問題になっている。イスタンブールにあるアヤ・ソフィア教会は、キリスト教の教会なのだが、イスタンブールがオスマン帝国によって、支配されて以来、トルコの支配するところとなってきていた。

内部はこれと言って芸術的な建物でもなく、私には何の感動も呼び起こしてくれなかったのだが、キリスト教徒にしてみればそうでもあるまい。キリスト教会がイスラム教徒によって、支配されたままになってきており、それが挙句の果てには、イスラム教徒のモスクに変えられてしまったという無念さは、相当なものであろう。

他方、イスラム教徒側にして見れば、これはイスラム教徒側のキリスト教徒に対する明確な勝利の印であり、喜びということになろう。エルドアン大統領はいろいろ言い訳をしているが、キリスト教徒側には通じない論理であろう。

最近、エルドアン大統領は地中海海底の資源開発でも、ギリシャと対立しており、それが戦争にまで発展するのではないか、という懸念が生まれていることも事実だ。もちろん、全てのヨーロッパ諸国がギリシャの立場を支持しており、戦争になればアメリカもギリシャ支持に回ろう。

エルドアン大統領はシリア、リビア、北イラクで戦闘を展開しているが、ここに来てギリシャとも、緊張関係に入ったということは、彼の延命策なのかもしれない。それは国民にはたまったものではあるまい。
Posted by 佐々木 良昭 at 08:45 | この記事のURL
bU025 7月25日『サジアラビア、トルコ貿易禁止・ロシアは武器LNAに送致』 [2020年07月25日(Sat)]
サウジアrビア政府がトルコ製品の、同国搬入に待ったをかけた。なかでも野菜や果物の搬入を阻止したようだ。これらの生鮮物資は、サウジアラビアの国境で止められており、時間が経過すれば売り物にならなくなり、廃棄せざるを得なくなろう。

トルコが果物や野菜を、サウジアラビアに輸出する量は、毎年40パーセントずつ増えており、相当な量になっていよう。今回のサウジアラビア政府の決定が、今後も続くのか、トルコ政府は神経を尖らせている。そのためトルコの貿易相は、サウジアラビア側の担当者に電話を掛け、交渉を始めている。

こうした生鮮食品だけではなく、観光でも規制がかかり始まっているようだし、繊維製品や化学製品もしかりだ。観光面でも然りであり、規制を始めている。サウジアラビアからの観光客は、滞在するだけではなく、相当量の物資を購入していくため、トルコには上得意客であった。サウジアラビア政府は昨年から、化学薬品も含めトルコからの輸入に、規制をかけている。

こうしたサウジアラビアのトルコに対する対応は、カシオギ事件に対する、トルコの対応に起因しているのであろう。トルコでは被告不在の欠席裁判が、カシオギ事件をめぐり始まっている。このことは、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子が、事件に直結しているだけに、サウジアラビアにとっては極めて、不愉快なことであろう。

これは、今後トルコのサウジアラビアとの貿易を、縮めることになり、トルコの経済にしかるべき影響が及ぼう。農産品はトルコの主要輸出品目なのだ。しかもこの分野は関係する農民も多く、影響は拡大していこう。



アメリカ政府はロシアが、リビアのハフタル将軍側LNAに対して、大量の武器を送り込んでいることを指摘した。特に今後激戦が予想されている、シルテ向けが多いようだ。ロシアの軍事輸送機IL
-6sなどが、大量の武器を搬入しているのだ。

この結果、ハフタル将軍側は優位に立つであろうし、ロシアが送り込んでいる、ワグナー傭兵部隊は元気付こう。そうなれば、トルコ軍はこれに対する対応が、困難になるということだ。
Posted by 佐々木 良昭 at 08:57 | この記事のURL
bU024 7月24日『ロシア・トルコがリビア対応協議』 [2020年07月24日(Fri)]
トルコとロシアがリビアに関して、合同作業グループを結成することに合意した。トルコのアンカラで7月21日の行われた、ロシア・トルコ会議でロシア側のセルゲイ・ベルシヒニン外務次官と、トルコのセダト・オネル外務次官との会談が行われた。

ロシアはこれまでリビアの、LNAハフタル将軍側を支持していた。他方、トルコはこれと対抗する、GNAセラジ政府側を支援して来ている。ロシアとトルコはこの会議を通じて、今後も継続して話し合っていくことに合意した。

両国はリビアの停戦を、実現する方向で合意したのだ。そのためには、リビア国内各派が停戦に向けて、話し合わなければならない、ということだ。それは1月19日に行われた、ベルリン合意を基礎とする、ということになる。なお近く、今度はモスクワで同じ趣旨の会議が、持たれる予定だ。

現在最も肝心なことは、リビア人同士が独立を順守し、統一した国家を守っていくということだ。リビア人自身がこの問題の解決に努力する、ということが第一であろう。そしてそこでは、国連の助言が重要でもあろう。

どうやら、このロシアとトルコの合意は、双方の立場を守った、ということであろうか。ロシア側とすれば、トルコが大量の武器を、リビアに持ち込むことに、ブレーキがかけられる、ということと、トルコ側にすれば、リビアを統一いた状態で、問題の解決を達成できる、ということだ。

しかし、冷静に見てみると、これでトルイコの絶対的優位は、崩れたのではないか。トルコは戦局が厳しくなりそうないま、武器の大量搬入を、抑えなければならなくなったのだ。唯一、リビアを統一した国家のままで維持できることが、トルコのリビア戦争での投資を、守ってくれるのではなかろうか。

しかし、一端情況が収まれば、これまで関係してきた国々が、自国の利益を主張するであろうから、トルコの取り分は少なくなる、ということだ。つまり、今回のリビア内戦へのトルコの介入は、失敗に終わるということであろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 07:58 | この記事のURL
bU023 7月23日リビ内戦分割による解決にトルコは反対』 [2020年07月23日(Thu)]
リビアの内戦が大分続いている。その中で1000人以上の戦闘員、市民が犠牲になっている。痛ましい話なのだが、いまの状態からはなかなか、抜け出せそうにない。それはリビアにある、二つの政府
GNAとLNAには、それぞれの支援国が存在するからだ。

これらの支援国は将来、自分たちが支援する側が勝利し、リビアの石油を入手することを、夢見ているからであろう。リビアの石油は軽質油であり、きわめて良質なのだ。それを欧米もロシアも、狙っている。

リビアの東部LNA
政府に対してはエジプト、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、ロシアなどが支援を送っており、それにアメリカが後ろで支援しており、フランスも支援しているのだ。

リビアの西部GNA
政府に対しては、トルコが本格的に支援を送っており、自国軍を派兵していること、シリアで集めた傭兵を送っていることは、公にされている。これに加え、トルコの盟友カタールが支援しているし、イタリアも支援している。

従って、リビア内戦は当分収まらないだろう、というのが大方の予想だが、そこで出てきたのが、リビアを二分するという解決策だ。元々、リビアは東西に分かれていた、と主張する人達もいる。

しかし、ここに来てトルコは、リビア分割による内戦の解決に、反対し始めている。トルコはシリアやイラクの例を持ち出し、これらの国のような状態に、リビアを追い込んではならないと主張する。この主張は、トルコのスポークスマンであるイブラヒム・カルンが最近語ったものだ。

イブラヒム・カルンは『トルコは国連が認めている、正当政府のGNA
を支持する。敵対者のハフタルはリビアを、分割しようと考えている。彼にはリビアを代表する、何の正統な権限もない。』と語った。

しかし、この一見正当な主張には、嘘が含まれているのではないか。もし、現状のGNAとLNAの支配地区でリビアを二分すれば、ほとんどの石油地帯は、東側の
LNAの支配下になるのだ。これではトルコが膨大な軍資金と、兵員と傭兵と、武器を持ち込んだ苦労が、水泡に帰することになろう。

トルコが西側のGNAを支持しているのは、あくまでも石油収入を抑えることであり。このGNA
を支援するメリットは、国連の傀儡だということにある。しかし、国連とてもここまで来ると、今後GNAを見限る可能性があろう。

悲しいことに、現在リビア内戦に関与している国のほとんどは、リビア国民のためではなく、自分たちの利益のためだということだ。そのなかで例外なのは、エジプトであろう。エジプトにとっては
GNAがリビアを支配することになれば、国内のムスリム同胞団が活性化し、危険になるからだ。
Posted by 佐々木 良昭 at 09:40 | この記事のURL
| 次へ