CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年02月 | Main | 2020年04月»
5891 4月1日 『トルコ・リラ下げる6・575』 [2020年03月31日(Tue)]
トルコの通貨リラがドルに対して下げているようだ。遂に6・575にまで下がったのだ。一年ほど前は確か4・8
ぐらいだったような気がする。トルコのリラが下がるのは、当然であろう。

第一に、世界の景気が後退していること、コロナの蔓延で往来が減り、観光立国のトルコは、直接的なダメージを受けている。加えて、シリアでの戦争とリビアでの戦争に、首を突っ込んだのだから、その費用は馬鹿になるまい。

リビアへの派兵はセラジ首相の、依頼によるものだったろうが、そのリビアの西側政府、セラジ首相の政府は国連の承認ということだが、実際にはリビアをほとんど、支配していないのだ。

リビアの石油は同国の南東部に、ほとんどがあるのだが、そこは東側政府のハフタル将軍が支配しているし、石油積出港も彼の支配下にある。これでは西側政府には、金が入って来ないだろう。

そうなると、トルコが派兵している、シリアのミリシア部隊が、給料をもらえなくて、当然であろう。金の出元であるはずの西側政府が、金欠状態にあるのだから。トルコには兵費用が、支払われるはずもあるまい。

観光にしても然りで、これまではコロナは発生していない、と嘘の報告をしてヨーロッパなどから、観光客を呼び込んでいたが、ここまで来るとそうも行かず、実数が出て来るようになった。エルドアン大統領は
2ヶ月で、コロナを撲滅すると言っているが、そう簡単ではあるまい、

トルコのコロナ罹病者数は9217人前後だが、死者も1
31人を超えている。これでは観光客が来なくなるのは、当然であろう。そのトルコ経済に与える影響は、甚大であろうと思われる。多くの人が、直接間接関わっているのが、観光事業なのだ。ホテル、レストラン、カフェも、タクシーも上がったりであろう。

そして、シリアへの派兵、シリアで抱えているミリシア部隊への給与支払い、シリア難民に対する支援と、金の出ることは沢山ある。そしてリビア派兵となると、もうそれだけでトルコの財政がパンクしないのが、不思議なくらいだ。

最近ではアメリカとの関係も、ロシアとの関係もよくない、どちらかというと、敵対関係にあるのだから、ますますトルコに対する評価は下がろう。加えて、エルドアン大統領の自慢のメガ・プロジェクトで、大金が出て行くのだ。

トルコの国民はとんでもない夢想男を、大統領にしてしまったのであろうか。
Posted by 佐々木 良昭 at 10:14 | この記事のURL
5890 4月1日『リビア派兵のシリア・ミリシア不満爆発近い』 [2020年03月31日(Tue)]
トルコがシリアで集めたミリシア部隊が多数リビアに送られているが、これはエルドアン大統領とリビアの西側政府セラジ首相との合意によるものであろう。そのシリアのミリシアがいま大きな不満を抱えている。

当初,ミリシアに対してトルコ政府は確か2〜3000ドルの月給を約束していたはずなのだが、現実は全く異なり一ヶ月1000ドルだけ、しかも最初の一か月分しか払われていないということだ。

こうした不満から既にリビアを離れる準備をしている、シリアのミリシアも多いようで、彼らはアルシャアム組織を通じて、帰国するつもりのようだ。シリアのミリシアのトリポリでの 戦闘ぶりは実に惨めであり多くは死傷したとも伝えられている。

こうした情況の中で、シリアのミリシアは、タバコを買うにも事欠き、シリアに帰国したい、と多くが考えている、ということのようだ。以前、リビアに渡りそこからヨーロッパに、逃げ出すミリシアがいる、という話が漏れてきたが、彼らは賢かったのであろうか。

結局、今でもリビアに残っているシリアのミリシアは、ハフタル軍側の攻勢の前に、家に閉じこもり、じっと耐えているようだ。これでは何のためにリビアに来たのか、分からなくなるのではないか。多分、早晩リビアのセラジ首相から、エルドアン大統領に対して、苦情が伝えられることになるのではないか。
Posted by 佐々木 良昭 at 09:41 | この記事のURL
5889 3月31日『コロナ大歓迎??』 [2020年03月30日(Mon)]
今世界のインターネットでは、コロナのニュースで持ちきりだ。世界の何処の国でも、コロナが発生し、死者が出ているからであろう。そうしたなかで、悲惨なのはシリアの難民キャンプであろう。水も石鹸も薬も、医者の支援も無いなかで、コロナが拡大しているということだ。

世界のあちこちの国では、コロナに効果があるとして、偽薬が流行り、間違った治療方法が、取り入れられている。その最たるものは、体力を強化し免疫力を上げる、ということで、ニンニクの効果が語られ、ニンニクの値段がつりあがっている。

オレンジやレモンも効果があるとされ、これも値上がりしている。これは主にトルコから始まった話のようで、レモ・コロンが大流行したからであろう。息苦しいときに、レモン・コロンの効果が、あるということだ。

これらはまだ罪の無い話だが、酒がコロナに効果がある、という話は死者が40
人も出ているのだから、単なる迷信や偽薬の話、というわけには行くまい。それがイスラム教に敬虔なはずの、イランで起こったのだから、納得がいかない。要は密造酒の毒にやられた、ということのようだ。

こうして挙げてみると、幾らでも嫌な話はあるが、良いこともコロナのお陰で、生まれている。移動の自由が制限された結果、自動車での移動が減り、ガソリン消費量が減って、ガソリン価格が下がっていることだ。それにはロシアとサウジアラビアとの、価格戦争も影響しているのであろう。

自動車がらみでは、交通渋滞のイスタンブール市では、車の走行量が減り、交通事故が激減していることだ。交通事故による死者の数が異常に多い、イスタンブールではコロナの死者と、交通事故の死者の数が相殺している、ということであろうか。

イランではロウハーニ大統領が、コロナが大流行した結果、国民の意志が統一された、と語っている。イランでは庶民の不満が、何度と無く爆発し、反政府デモが起っていたのだから、その意味では、いまのイランは平安な、時期なのかもしれない。

こういう時は良い方向に考えよう。そして暗い気持ちを吹き飛ばそう。日本の漢方薬のなかには、多少の効果があるものが、幾らでもあるのではないか。清潔、手洗い、マスクで、日本人はある程度は、コロナから守られるのではないか。そして、不要不急の場合は、戸外に出ないことだ。
Posted by 佐々木 良昭 at 08:30 | この記事のURL
5888 3月30日『シリアのテロリストに米が支援物資送る』 [2020年03月29日(Sun)]
このニュースはイラン発なので、何処まで信用できるか分からないが、事実も相当部分含まれていると思うので、お伝えすることにした。シリアのルクバン・キャンプはヨルダンとイラクとの、国境近くにあるのだが、そこのキャンプにアメリカが、コロナ対応の支援という名目で、物資をテロリストに送っている、ということのようだ。

アメリカはコロナ対応の医薬品や、機材などと言っているが、テロリストに向けた、他の物資のようだ。つまり、医薬品はテロリストの負傷者向けのものであり、後は武器の類であろうか。

このルクバン・キャンプには、25000
人の難民が収容されているが、彼らはテロリストによって、人の盾に使われており、キャンプが危険になっても、他へ逃れることが出来ないでいる。

そもそも、ルクバン・キャンプはアメリカ軍によって、設立されたものであり、そこはテロリストの訓練場であり、隠れ場所になっていた所だ。使用目的が表向きの、難民収容ではなかったということだ。

国連やシリア政府は、ルクバン・キャンプに支援物資を、送ろうとしているのだが、それは、アメリカ軍によって支援されている、テロリストたちによって、阻止されている、という事のようだ。

述べるまでも無く、アメリカ軍はテロリストに対し、武器は資金を送り届けている、ということだ。コロナにかこつけ、あるいはコロナの裏で、こうしたアメリカのテロリスト支援が続いているということであろう。そのテロリストは述べるまでも無く、
IS(ISIL)であろうと思われる。
Posted by 佐々木 良昭 at 10:20 | この記事のURL
5887 3月29日 『コロナが国内和解生みだししている』 [2020年03月28日(Sat)]
5887 3月29日 『コロナが国内和解生みだししている』

3
度の選挙をしても、完全勝利の政党を生み出さなかった、イスラエル政局は混沌の極みだった。ネタニヤフ首相の率いるリクード党と、ガンツ氏の率いるブルー・アンド・ホワイト党が、拮抗していたからだ。

このため、イスラエルでは重要案件に対する、ネタニヤフ政府の立場が、打ち出せないで来ていた。これが経済の低迷を、生み出す程度ならよかったのだが、コロナの蔓延で情況は一変した。

政府は強力な対応策を、必要としたからだ。ここに来てガンツ氏が、ネタニヤフ首相との和解をし、連立内閣を組むことに、合意したのだ。それを拒否し続ければ、イスラエルは歴史上無かった、
4度の選挙を実行しなければならなくなるし、その事はコロナの蔓延の火に、油を注ぐようなことになろう。

もちろん、それはイスラエル国民のガンツ氏の政党、ブルー・アンド・ホワイトに対する、支持を減らすことにも繋がろう。これまではガンツ氏らは、ネタニヤ首相がコロナを口実に、強硬に内閣を継続する気だ、ネタニヤフ首相はその地位から、降りたくないのだ、ネタニヤフ首相は彼のスキャンダルを、これでごまかす気だ、と非難し続けてきていた。

イスラエルの国内政局だけではない、対立しているパレスチナとの関係でも、今後歩み寄りが、出てくるのではないか、と思われる。ガザもヨルダン川西岸でも、コロナが発生し始めている。医療設備も薬も無い両地域で、コロナが流行し始めれば、一気に患者が増え、大問題となろう。

そればかりか、その結果はガザやヨルダン川西岸地区から、イスラエルにコロナが拡大してくる、ということだ。コロナはパレスチナ側にしてみれば、イスラエルを攻撃する有効な、武器になりつつある、ということだ。

イスラエルはいまパレスチナに対する、コロナ対応で協力をせざるを得なく、なってきたということであろう。そしてその先には、イスラエルとパレスチナの和解が、生まれるかもしれない

トルコでも同様に与野党が、接近しつつあるようだ。野党第一党のCHPの党首チャウシオール氏が、与党AKP
との連帯を、主張し始めている。これもコロナが原因なのだ。彼はトルコ国民が一体となって、この難局に対応すべきだ、と言い出している。
Posted by 佐々木 良昭 at 10:35 | この記事のURL
5886 3月28日 『コロナが世界を連帯させるといういい話』 [2020年03月27日(Fri)]
コロナが大流行することによって、2
万人を超える多くの人達が、犠牲になっているが、その裏で信じられないようなことが、起こっていることも事実だ。戦闘をしていた相手同士が、コロナ対応で協力し始めている所もある。

コロナが大流行するなかでは、それに対する対応が、最優先されるからであろう。イスラエルではコロナが拡大しているなかで、ムスリムとユダヤ教徒が一緒に、礼拝する場面も現れている。

エジプトでは学校の期末試験が、中止になっている。これは生徒たちにとっては、大歓迎だと思われる。また、外出が制限されるなかでは、家族の結びつきが、強くなっているものと思われる。

ヨルダンの例だが、最低生活必需品を、軍が配布しているが、これは貧困家庭にとっては、何にも勝るありがたいことであろう。もちろん、それが何処の国でも出来るのかといえば、無理であろう。

イスラエルでは敵対してきた二大政党が、ここに来て連立に合意している。それはネタニヤフ首相が率いるリクード党と、ガンツ氏が率いるブルー・アンド・ホワイト党だ。イスラエルの二大政党は、コロナの大流行の前で、国内政党が対立していたのでは、対応に遅れが出て、犠牲者が増える、という判断からであろう。

既にご紹介したが、国連はコロナファンドを立ち上げる方向に、動き出している。世界中の英知を集め、資金を集めなければ、対処出来無いからだ。この後には世界の科学者を集めた、伝染病会議や研究所設立が、構想されることであろう。

加え、これまで政府が流してきた、嘘情報が通用しなくなりつつある、ということであろう。データを偽って公表すれば、その国は世界から疑惑の目で見られ、信用を失うということだ。

トルコの遅れたコロナの大流行は、国内の観光産業を、守るためであったろうが。その事は世界から集まる、観光客を危険な目に、遭わせることになるからだ。そして、トルコも本当のデータを、出し始めるようになったし、野党CHPは与党AKPと、連帯して事に当たらなければならない、と呼びかけるようになってきている。

今回のコロナの蔓延は、世界の人達を平等にしたのかもしれない。富める者も貧しい者も、コロナの前では平等に、罹病することになったからだ。それは富める者貧しい者が、お互いに悲しみを、分かち合うということでもある。

コロナは戦争を抑止し、平等と博愛を生み出すことに、繋がるのかもしれない。病める隣人を放置すれば、確実にそれは自分に、帰ってくるからだ。こういう時はいい方に考えよう、悪い方に考えても、何も出てこないのだから。
Posted by 佐々木 良昭 at 09:27 | この記事のURL
5885 3月27日『ISがモザンビークで攻撃へ』 [2020年03月26日(Thu)]
IS(ISIL)がイラクやシリアでは、戦闘の役割が無くなり、次いでリビアやアフガニスタンに移動し、そこだけでは物足りず、いまアフリカの中央部で、動き始めているということは、以前にもお伝えした。

そうしたなかで、新に伝わってきたニュースは、IS(ISIL)がアフリカのモザンビークの、ガス資源を狙い始めた、というものだった。そのためIS(ISIL)はモザンビークのガス施設に、接近しているということのようだ。

石油のときはタンクローリーで、簡単に運べただろうが、今度はどうやってガスを密輸するのか、気にかかるところだ。一番簡単なのは、モザンビーク政府を脅して、金を取るということだろうが、それ以外にもIS(ISIL)は方法を、考えているものと思われる。

いずれにしろ、IS(ISIL)は戦闘場所を移動し、そこでしかるべき成果を挙げつつある、ということだろう。だが、それが彼等の望むような成果を、挙げるとは考えにくい。モザンビークの気候と、アラブの気候には違いがあるだろうし、言葉の問題もあろう。

モザンビークでの活動は、今後のIS(ISIL)の役割が、どうなっていくのかということを判断する、いい機会になるかもしれない。
Posted by 佐々木 良昭 at 09:28 | この記事のURL
5884 3月26日『トルコでもコロナ激増その裏で』 [2020年03月25日(Wed)]
5884 3月26日『トルコでもコロナ激増その裏で』

観光立国トルコはコロナの罹病者数を、隠して来たのではないか。しかし、ここまで来るとそうも行かなくなり、信頼できる数字を出し始めている。トルコ人でサウジアラビアのメッカに出向いた、オムラ
(小巡礼)巡礼者たちはほとんどが、コロナに罹病してきているようだ。

イスタンブール市ではイマモール市長が、コロナに罹るのは老人だけではない、若者も気をつけろ、と言い出している。しかし、陽気で明るいトルコ人は、なかなかこれまでの生活スタイルからは、抜けきらないかもしれない、

だが、イスタンブールのグランド・バザールはがらがらで、客が来ない。これでは商売になるまい。もちろんレストランもカフェも然りだ。つまり、トルコの都市部は全体が、死に体ということだ。

この前、サウジアラビアのメッカの写真が、インターネットに掲載されていたが、通常であれば何時でも、オムラ客で込み合うカーバ神殿の周りに、数人しか人がいない。メッカも観光収入で成り立つ街なだけに、これは住民の生活を、圧迫していることであろうと思われる。

しかし、悪い話ばかりではない。多くの町で環境が改善されたとか、川の水が綺麗になったという報告もある。ベニスの水もは水が澄んで、綺麗になったということだ。そのことは、通常はいかに観光客や住民が、水を汚しているかの証明であろう。

数キロ続く、イスラエルのテルアビブの海岸も然りで、最近ではゴールデン・ビーチと表現されていた。それだけ綺麗になったということであろう。

ヨルダンではコロナが原因で、外出禁止令が出されたが、軍隊や警察が食糧を各戸に、配布している写真が出ていた。小池都知事は、あるいは外出禁止令が発令される、と言っているが、彼女の頭のなかには、東京都民の生活を支える、食料配布の考えがあるのであろうか。

老人や貧しい家庭では、食料の買い貯めもままなるまい。そうした住民には死ねということなのか。問うてみたいものだ。

あえて言えば、コロナが大流行することにより、外出が禁止され、家族の結びつきが強くなった、という報告もある。世界中が助け合わなければ、という動きになってきてもいる。加えて、コロナと戦争を二つ抱えることは、その国の死活問題になってきている。

ブラックユーモアのような話だが、コロナは世界を平和にしてくれるのだろうか。
Posted by 佐々木 良昭 at 07:05 | この記事のURL
5883 3月25日『ついに国連がコロナ・ファンド設立か』 [2020年03月24日(Tue)]
国連がコロナ対応のために、コロナ・ファンドを設立する、方向に動き出したようだ。これは国連事務総長の、アントニオ・グテレス氏の発言から出たものだ。

既にアフリカでは、アンゴラ、エリトリア、ウガンダなどで、コロナ・ウイルス患者が出た、という報告があった。だがこれらの国々には、コロナに対して対応する能力が、全く無いのだ。

コロナに罹った人の数は、世界全体では340000人、死者の数は既に14500人と報告されている。実はこの数字は、毎日増加しているのだ。

そこで世界はこれに、対応しなければならないとし、金持ち国が援助すべきだ、という意見が出てきたのだ。その規模については、2014年に大流行した、エボラ出血熱の例を、引くことになるのであろうか。


国連事務総長のアントニオ・グテレス氏は、金持ち国が金持ち国の国民だけを、ケアするのではなく、貧困国の国民もケアするべきだ、と語っている。それはコロナ危機が何処からでも、押し寄せてくる性質の、病気だからだ。

自国のことだけを考えていたのでは、結局外部から侵入するコロナ・ウイルスで、自国民が被害に、遭うことになるからだ。

確かにそうであろう、以前から思っていたのだが、国際的なコロナ対応委員会を設置し、各国の優れた研究者たちが、新薬の開発を協力して、進めることが最重要であろう。

時間はもう残されていないのだ、このまま放置すれば、世界は戦争以上の悲劇に、見舞われることになろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 05:56 | この記事のURL
5882 3月24日『コロナ拡大の裏側で』 [2020年03月23日(Mon)]
コロナが一定国による細菌兵器であり、世界を混乱に導くためのものだ、という意見に賛成するつもりはないが、コロナが拡大したことにより、この状態を活用しよう、と考える国は、多数あるのではないだろうか。

ある国は人口を抑制したいと考え、患者を放置しようし、ある国は特定国家の経済に、ダメージを与えようと考えるだろう。またある国は、相手国の教育システムを破壊しようとか、科学技術の発展にブレーキをかけよう、と考えているかもしれない。

実際の場面でもそうしたことは、見え隠れしている。一番顕著なのは、イランとアメリカとの、関係であろうか。アメリカはコロナが蔓延するイランに対し、世界に呼びかけて薬品を売るな、と言っているのだ。

その挙句アメリカはイランに対し、協力意思があることを伝えたが、もちろんそれはハメネイ師によって、拒否されている。アメリカが何を考えて、立場を急変させたのか、判断が出来なかったからであろう。だが、この拒否はイラン国内で、体制への批判を増やし、体制不安を生み出すのではないか。

コロナの蔓延は各国の社会に、変化をもたらしている。例えば親しい者の間で行われている、ハグ(抱き合い)を禁止し始めているし、握手さえも禁止の方向にある。

そればかりか、モスクで行う礼拝に対して、幾つかの国は既に禁止措置を、取り始めている。多数が集まることは、コロナを伝染してしまうからだ。だが、これに対し、エジプトの宗教権威筋は、モスクでの礼拝を禁止することは、宗教法(シャリーア)に反することだ、と反対している。

宗教が優先するの、あるいはコロナからの防御が、優先するのかは、これからも大きな社会問題に、なって行くだろう。我々日本人からしてみれば、防疫が優先されるべきだ、と誰もが考えるのだが。

コロナは宗教だけではなく、人と人との関係も大きく、変えてしまうのかもしれない。死に際に家族に会いたいのは、患者も健常者も同じであろうが、コロナに罹病した者の場合は、この限りではないというのだ。

遺族が家族の遺体に会えるのは、遺体が火葬され、骨になった時だけなのかもしれない。実に悲しい話ではないか。それがこれからは、アフリカでコロナが拡大していき、多くの悲しみが生み出されることになろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 11:34 | この記事のURL
| 次へ