CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年10月 | Main | 2019年12月»
NO5766 12月1日『サウジアラビアとイエメンは問題解決に向かうのか』 [2019年11月30日(Sat)]
サウジアラビアとアラブ首長国連邦(アブダビ)の皇太子が、イエメン戦争を終わらせる方向で、話し合いを行った。それは、第一にサウジアラビアの資金が、不足してきているからであろう。同時に、やはり戦死者が増えていることが、社会不安に繋がるという、不安もあろう。

いずれの理由であれ、戦争が終わる方向に、動いているのはいいことだ。つい最近も、サウジアラビアがイエメンの、ホウシ・グループの戦闘員を、128人飛行機でイエメンに帰国させた、というニュースがあったが、これは和平交渉に向かう、一歩手前の動きであろうと思われる。

ホウシ・グループはいま、イエメンのなかで、唯一サウジアラビアとの戦闘を、展開しているグループであり、これまでに、サウジアラビアの主要パイプ・ラインを攻撃したり、リヤド近くの製油所を、ドローンなどで攻撃し、サウジアラビア側に大きな被害を、与えているのだ。

サウジアラビアはイエメンの政府と、反政府グループとの間の、妥協の仲介もしており、これらのグループとサウジアラビアとの、和平の話が進んでいる。従って、今度のホウシ・グループとの話が進めば、サウジアラビアとイエメンは本格的な、和平に向かうかもしれない。

イエメンに対する、サウジアラビアの軍事攻撃は、悲惨なものだった。何十万人もの死傷者が出ているし、家を追われた者の数は、数百万人ではきくまい。しかも、食糧不足から、イエメンの女子供たちは、多数が餓死し、いまでも餓死は続いているのだ。

それは国際援助の食料が、イエメンの情勢不安のため、被災民たちの手に届かないからだ。その理由はイエメンの主要港、例えばホデイダ港などは、戦略的な要衝になっており、ホウシ・グループと他のグループが奪い合いをし、激しい戦闘が続けられていたからだ。

それでもやはり、国際的な非難と、国内的非難から逃れるために、時折港を援助船のために開いている。それでも被災民の食糧事情は、なかなかよくならないだろう。これからは、イエメンも冬に向かい寒くなり、身体の弱っている人達は、死んでいくことになるのではないのか。

戦争は人間の業のなせる技とは言え、あまりにも酷い話ではないか。
Posted by 佐々木 良昭 at 11:18 | この記事のURL
NO5765 11月30A日『サウジ皇太子UAE訪問・イエメン停戦討議』 [2019年11月29日(Fri)]
 どうやらさすがのサウジアラビアも、資金的に苦しくなってきたのではないか、と思われる動きが出て来た。サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子が、突如アラブ首長国連邦を訪問し、イエメン対応を話し始めたのだ。

 その内容は全く明かされていないが、5年にも及ぶサウジアラビアとアラブ首長国連邦の、イエメン攻撃(戦争)は、相当の経済的重圧を、サウジアラビアとアラブ首長国連邦に、かけているようだ。

 記事はサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子の訪問でアラブ首長国連邦側が戦闘機で歓迎し、警備して着陸させたことや、沿道には両国の旗がはためいたこと、交通規制が極めて厳しく行われたことなどを伝えている。

 加えて、王宮で行われたサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子と、アブダビのムハンマド・ビン・ザイド皇太子との間で行われた、アラブ首長国連邦での会議の始まりにはサウジアラビアで最もポピュラーな『貴方は王 様』という歌が流された、ということだ。

 今回の会議に先立ち、サウジアラビア政府はイエメンに対して、オープン・チャネルで話し合う、意思があることを伝えている。また、イエメン側ではイエメン政府(サウジアラビアが支援する政党政府)と、反政府ミリシア・グループが、暫定合意に至っているし、それをサウジアラビア政府は、歓迎している。

 もう一つのイエメンのグループである、ホウシ・グループについても、サウジアラビア政府は話し合う意思が、あることを伝えている。もちろん、ホウシ・グループがイラン政府と特別な関係にあることを、サウジアラビア政府は十分わかっているのだ。そのた、ホウシ・グループと話し合う意思が、あるということは、間接的にイランとの対話の意思も、あるということであろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 12:26 | この記事のURL
NO5764 11月30日『シリア軍ISとイドリブ近郊で激戦』 [2019年11月29日(Fri)]
シリアのイドリブ近郊で、シリア軍とIS(ISIL)
が、激戦を行っているようだ。イドリブの北西部で戦闘は行われており、シリア軍にとってはイドリブ近郊の、マアラト・ヌーマーンがその戦場だ。

この場所はイドリブから33
キロの地に、あるということだ。政府軍はこれ以外に、ハン・シェイクンを奪還しており、それ以外の場所も、シリア軍の支配下にある、ということだ。

ㇱリア軍はハアラヒル、ダハラトザルズール、サイールなども支配下に置いたようだ。この地域は農業地帯として知られている。このことにより、シリア軍は
IS(ISIL)その他の、テログループ掃討作戦を、展開している。

どうやらシリアの状況はシリア軍にとおって、優勢の状態にあるということのようだ。
Posted by 佐々木 良昭 at 11:57 | この記事のURL
NO5763   11月29日『イラン暴動・それは過剰取り締まりか』 [2019年11月28日(Thu)]
 イランでは西部地域を中心に、イラン政府に対する、反対デモが続いている。デモの発端は、ガソリン価格の引き上げにあったが、あまり意味をなしていないだろう。もちろん、バスや電車と言った、公共交通機関が不備であり、移動手段の少ない国では、車による移動が便利であり、各家庭には車があり、それで移動している。そのため、ガソリン代の値上げは、家族全部に影響する、重要な社会問題であろう。

発生し、拡大しているデモは、外国の陰謀によるものだ、 イランの西部は主に、アラブ人やアゼルバイジャン人が、居住する地域であり、これまでもイラン人(ペルシャ人)とは、差別されていたことが、デモ発生の底辺にあったのだ。ところが、ガソリン代の値上げは、イラン西部だけではなく、東部や首都テヘランにまで、拡大していったのだ。
 
 イラン西部のホーゼスタンの住民は、全員がアラブ人であり、イラン・イラク戦争時には、イラク側に立ったこともあった。当時のサダムフセイン大統領は、アラブ人を解放すると言っていたのだ。それも一理無いわけではないのだが。

 当然のことながら、デモが暴動に近い、危険なものになって行ったために、イラン政府は警察や軍を投入して、取り締まりを強化していった。そのなかで、6人の外国人(?)が逮捕されることになり、彼らの背後は、誰がいるのかということが、問題になった。彼らはテヘランの西部の街、ロバト・カリムで逮捕されている。

 イランではこれまでも、イラン国内でデモを煽っているのは、外国勢力だと言われていた。当然のことながら、現在のアメリカとイランとの関係悪化から、その国はアメリカであり、その機関は
CIAだ、とされてきていた。

 確かに、イラン国民ではやらないような、破壊活動がイランのデモでは、起こっている。例えば多数の銀行が、放火されていることや、公共建物への放火が、起こっていることなどだ。そのため、軍や警察のデモ対策班は、銃器や他の武器を、使用し始めており、100人を超える死者が、出ている。

 政府側の危険な外国人(?)の取り調べの結果、彼らはMKO(ムジャーヒデーン・ハルク組織)
と関係がある人物たちだということが分かった。彼らは十分な訓練を受けた後に、デモに参加し、破壊活動をしていたということだ。

 ムジャーヒデー・ハルク組織は、ホメイニ革命当時は、反体制側の重要なメンバー組織であったが、後にイランの体制側から敵視され、イラクなどに逃れている。つまり、ムジャーヒデーン・ハルクは完全に、反イラン体制の組織であり、戦闘集団なのだ。

 これに対して、イラン政府が強硬手段を取ることは、アメリカなどによって、人道名目で非難されるべきでは、無いのではないか。人道名目でイランを非難するアメリカは、実はこの暴力的なデモを、煽っている側なのだから。

 アメリカは武器を使った戦争を止め、最近ではもっぱら経済制裁を加えて、敵対国に弾圧を加えている。今度はそれに加え、デモを先導するという手段に、出ているということだ。
Posted by 佐々木 良昭 at 11:40 | この記事のURL
NO5762 11月28日TODAY『トルコ経済悪化か、種々の意見と兆候』 [2019年11月27日(Wed)]
トルコがカタールとの間で、スワップ合意に至った。その金額は50億ドルということなので、そう驚くほどの金額では無かろう。何せ日本は韓国に対して、一時期700億ドルのスワップ合意を、していたのだから。

しかし、今のトルコにとってはその50億ですら、必要としている金額、ということであろう。トルコの経済はいま、大分厳しい状態ではないのか、と思えるのだが。


そればかりではない。イスタンブールのイマモール市長が、外国からの資金の借り入れに、動き出しているということだ。そうしなければ庶民の生活は成り立たなくなるのだ。

加えて、エルドアン大統領は中央銀行に対して、金利を下げるよう、圧力をかけ始めている。国内の経済状態が悪く、中小企業主たちが、資金難で苦しんでいるので、助けたいということであろうが、しかし、これは両刃の剣であろう。

金利を下げれば、当分の間は中小企業が助かるが、外国からの借入金については、あまり変化がなかろう。そして、その結果外国からは、金利が下がったトルコには、資金を投入することが控えられる、そしてトルコは外貨不足に陥る、ということではないのか。

野党はトルコ国内の失業率が、上がっていることを問題視し、政府に対するクレームが続けられている。トルコの現在の失業率は、全体の平均で14パーセント台だが、若者について言えば、25パーセントを超えているのだ。つまり、4人に1人は仕事が無い状態にある、ということだ。

エルドアン大統領は目くらまし策として、新興宗教団体に対する、弾圧を始めている。これまではギュレ・グループが、やり玉に挙げられていたのだが、これからは、それ以外のグループに対しても、弾圧が及ぶということだ。

彼らは逮捕され,投獄され、そこで拷問を受け、病気の者は治療も受けられず、薬も与えられず、獄中死する可能性が高いのだ。そのことをごまかすために、エルドアン大統領は『今後5〜6
年で、トルコは戦闘機を自主開発し、輸出する。』と語っている。

エルドアン大統領は今後5〜6年、権力の座に居座り続けられるのか。全ては予測不可能なトルコの現今だ。
Posted by 佐々木 良昭 at 14:31 | この記事のURL
NO5761 11月27日『米同盟国武器大量にロシアから輸入』 [2019年11月26日(Tue)]
アメリカの同盟国である、世界の多くの国の軍が、驚くことに、武器を大量にロシアから輸入していることが、明らかにされた。ロシアは世界199か国のうちの、166か国に対して、同国製の武器を輸出している。

インドやベトナ、中国、バングラデッシュ、イラン、イラク、アルジェリア、ニカラグアなどは納得いくのだが、ロシアはフランスと軍事戦略や、武器開発で協力しているし、それはブルガリア、スロバキア、フィンランド、韓国も同様だ。

加えて、アラブ湾岸諸国のなかの、クウエイト、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、ヨルダンも含まれているのだ。

例えば、具体的に述べると、ロシアはギリシャに対して、航空防衛システムを、輸出しているし、揚陸艦、対戦車ミサイル、戦闘車両、Mi-26戦闘ヘリ、小火器なども輸出されているのだ。

ロシアはブルガリア、スロバキアとは、武器のメンテナンスと近代化で、協力している。例えばMig29戦闘機のアップ・グレードなどだ。韓国に対してはT-8戦車やBMP-3ヘリ、Ka-32戦闘ヘリなどが納入されている。

ヨルダンの場合は、RPG-32グレネード・ランチャーが納入されている。クウエイトにはBMP
など多くの種類の武器が、納入されている。それは、アラブ首長国連邦の場合も、同様だ。

こうしたロシアからアラブ諸国への、武器輸出は1994年から1997年に、増加傾向がみられる。サウジアラビアとも2017年には、35億ドルの取引が成立している。

驚いたことに、アメリカもロシア製武器の、輸入国になっている。アメリカの場合はベラルースなどを経由して、輸入しているということなのだ。このため、アメリカの武器メーカーは、資金難に陥り、労働者への給与も、未払いになっているケースが、マスコミで報じられている。

世界の動向は、既にアメリカの武器生産と、輸出のヘゲモニーは、崩れたということであろう。安価で性能のいいロシア製武器が、世界中で売れているのだ。これに対、アメリカに残された対抗手段は、政治的あるいは経済的な、締め付けだけであろう。だがその手段が、有効に機能するとは、思えなくなってきている昨今だ。
Posted by 佐々木 良昭 at 11:05 | この記事のURL
NO5760 11月26日『トルコ軍北シリアで攻勢』 [2019年11月25日(Mon)]
トルコ軍は北シリアのラッカ付近で、戦闘を開始している模様だ。シリア政府の発表によれば、トルコ軍がクルド・ミリシアのYPGに対する、攻勢を始めたということだ。トルコ軍による攻撃は、ラッカの北45キロの街、アイン・イッサに対して行われ、住民に対する被害が報じられている。

トルコ軍の攻撃は相当激しいようで、アイン・イッサの街はトルコ軍によって、包囲されており、住民の多数が犠牲になり、インフラも破壊されている、ということだ。このラッカはかかって、IS(ISIL),がイスラム国家の首都、と定めていた場所なのだ。

トルコ軍はラッカに近い、ラース・アインに軍事基地を設立しており、攻勢を強めていく方針であろう。これはクルド・ミリシアによる、トルコ領土内への攻撃を、阻止するためのものだ。述べるまでもなく、YPGはトルコ国内の、PKK(クルド労働党)と、連携関係にある組織だ。

 今回トルコ軍が攻勢に出た裏には、ロシアやアメリカに対する、不満があったからだ。トルコにしてみれば、これまでにロシアやアメリカと交わした、クルド・ミリシア対応の合意が、全く実施されていないことに対する、怒りがあったからであろう。

 トルコ軍によるクルド・ミリシアに対する、攻撃が拡大すれば、それはシリア軍にも脅威を与えるものであり、アメリカはククルド・ミリシアへの撃に怒り出そうし、ロシアも不満を抱くことになろう。ロシアはシリア政府を擁護しており、現在クルド・ミリシアとシリア政府が、ある種の協力体制を、模索し始めているからだ。

 トルコの今回の北シリア地域に対する、軍事攻勢は、こうしたアメリカ、ロシア、シリア、クルド・ミリシアの思惑に反する、行動ということになる。そのことはこれらの国々と、トルコが、今後難しい立場に立たされていく、ということが予想される。
Posted by 佐々木 良昭 at 11:07 | この記事のURL
NO5759 11月25日『中東短信』 [2019年11月24日(Sun)]
:アメリカのドローンリビアで撃墜

アメリカ軍のドローンがリビアで、撃墜されたようだ。つまり、アメリカはリビアの内戦に、介入しているということだ。それではアメリカは、リビアのどちら側を支援しているのか、ということになるが、どうやら西リビア政府、つまり国連が認めているセラジ政権を、支援しているようだ。

アメリカ政府はこのドローン撃墜を、ごまかすためであろうか。アメリカはリビア国内のIS(ISIL)
を、攻撃する爆撃を行っている、と説明している。アメリカによれば、IS(ISIL)の戦闘員40人が、アメリカ軍によって殺害された、と発表している、

同じように、イタリア軍のドローンが、トリポリの東で東リビア政府側、ハフタル軍によって撃墜されてもいる。



:トルコはアメリカとS400で問題

アメリカはトルコが、ロシアのS400ミサイルを輸入し、配備することを希望しているが、アメリカはこれに反対している。その結果として、アメリカは同国製のF
35戦闘機の、トルコ向け輸出を止めている。

これに対し、トルコのアカル国防相は、S400は必ず配備すると語り、もし、アメリカがF
35戦闘機の輸出を、認めないならロシアのソユーズ戦闘機の、輸入を検討することを、語っている。

こうした情況が進めば、トルコはいまよりもロシア側に、接近していくことになろう。またトルコとアメリカの対立は、他のアラブ諸国の間でも、ロシア製武器への評価が高まっており、アメリカの独壇場となっていた、アラブのアメリカ製武器市場が、ロシアに傾いていくということだ。



:トルコ軍クルド・ミリシア戦闘

トルコ軍とクルド・ミリシアが、シリア北部で戦闘を、展開しているようだ。詳細は知らされていないが、トルコ軍兵士3人が死亡し、20人が負傷したとトルコが報じている。これと同時に、トルコ軍はクルド・ミリシアが33000個の武器を、入手しっていたが、トルコ軍がこれを奪った、と伝えている。



:トルコがダハランに70万ドル送る

トルコ政府はパレスチナの元幹部、ダハラン氏に対し、70万ドルを送った、と報じられている。この人物は元ガザ地区の、治安トップだった人物であり、ポスト・アッバースと語られていたが、後にパレスチナ政府幹部の暗殺を、考えていたことが暴露され、欠席裁判で受刑が決まっている。

彼ダハランは、現在アラブ首長国連邦の、保護下にあるが、イスラエルのためにスパイ活動をしている、といわれている。その人物にトルコが、70万ドル送ったということは、トルコがイスラエルとの関係修復を、考えているからであろうか。同時に、アラブ首長国連邦とイスラエルとの関係が、緊密であることが分かろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 09:04 | この記事のURL
NO5759 11月24A日[アメリカISクルドの連携] [2019年11月23日(Sat)]
アメリカがシリア・イラクの、IS(ISIL
)を殲滅したので、シリアから引き上げる、と宣言した。しかし、アメリカはその後も、シリアに留まっているし、逆に軍事基地を、増設している、とも言われている。

それに加え、アメリカはいまでも、シリアからイラク・シリアや、東シリアへのIS(ISIL)
亜戦闘員と彼らの家族を、移送していることは事実だ。表のニュースだけを見ていると、現実は全くこういったニュースとは、異なるのだ。

シリア東部では、アメリカだけではなく、クルド・ミリシア(SDF)とIS(ISIL)
との、協力関係が続いている。それにも関わらず、アメリカはシリアから撤退すると語り、タブカ、ラッカ、マンビジュ、コバネから撤退した。しかし、アメリカはクルド・ミリシア(
SDF)と協力し、ハサカ、デルズールなどを堅持している。

アメリカはシリアの81のグループ(部族)と、協力関係にあるが、そのほとんどは、東シリアでは役に立たない。イラクの情報部に来よれば、IS(ISIL)
はシリアで再度、強化しているということだ。

SDFはIS(ISIL)との戦いで、数百人の犠牲者を出しているが、IS(ISIL)はデルズールで、SDFと協力し合っているのだ。SDF
はアメリカから、東シリアの石油の一部を、受け取っているが、その警備にはIS(ISIL)の、協力が必要なのだ。

SDF
は現在、トルコ軍ロシア軍シリア軍と、敵対関係にある。だが、アメリカ軍はこの地域で、戦闘行動を行っていない。また、アメリカはロシアとトルコの、停戦合意でも行動を、起こしていない。

それにも関わらず、クルドのSDFがアメリカIS(ISIL)と、協力しているのには理由がある。アメリカは基本的にSDFを、守り支援してくれている。他方、
IS(ISIL)はデルズールなどアラブのスンニー派地域で、有効なのだ。

IS(ISIL)はスンニー派だからだ。それでIS(ISIL)は、シリアの部族との関係を、構築しやすいのだ。それが実はIS(ISIL)
が、急速に拡大して行った、秘密でもあったのだ。その名残はいまでもあるようだ。

笑い話のような話になるが、IS(ISIL)はシリアの各部族との、協力関係をアメリカやSDFが、構築していく上で、便利な仲介役になっている、ということだ。
Posted by 佐々木 良昭 at 11:03 | この記事のURL
NO5758  11月24日『イランがアデンに64隻の戦闘艦派遣の意味』 [2019年11月23日(Sat)]
イラン海軍がイエメンのアデン湾地域に、64隻の戦闘艦を派遣した。この数は冗談では済まされまい。これだけの艦船を派遣したということは、イエメン戦争に直接参画することを、意味してはいないのか。

イラン政府はこの戦闘艦を、アデン湾地域に派遣するのは、あくまでもイランやその他の国の、商船やタンカーを海賊から守るためだ、と説明している。確かに紅海地域はイランの各種の、船舶が通過する場所ではある。

紅海からスエズ運河まで通じる、この海上ルートは、イランにとっても世界にとっても、安全な船舶の航行にとって、重要なことは分かる。イラン政府は戦闘艦の派遣はあくまでも、イランやその他の国の、商船やタンカーの航行の、安全を守るためだ、と説明している。イランが考えておるのは、その安全航行を実現することにある、と説明している。

紅海の出口のバーブルマンデブ海峡付近では、確かにイランの艦船が、商船などを海賊の攻撃から、守ってきている。だが、それをそのまま信じて、いいのであろうか。時期が時期だけに、この戦闘艦の多数の派遣の裏には、他の目的もあるのではないか、と思われる。

第一には、アデンは現在、サウジアラビア寄りのイエメン政府や、その政府と和平を進めているグループが、拠点にしている、ということだ。従って、イランにとって不都合が発生した場合には、イランは海上からイエメン政府や、グループを攻撃することができるのではないか。

第2には、現在イエメンの元首都、サナアを拠点とするイラン寄りの、ホウシ・グループに対する支援が、可能だということだ。戦闘艦にドローンを搭載し、ホウシ・グループ側に引き渡すことも、その他の武器を提供することも、可能であろう。しかも、戦闘艦には運搬船も随伴していよう。

こうなると、今回のイランのアデン湾地域に対する、戦闘艦大量派遣は、サウジアラビアが神経を尖らせて、見ていることであろう。サウジアラビアはイランの支援する、ホウシ・グループによって、大分攻撃を受け、被害を受けているからだ。

現段階では確証は無いが、今後サウジアラビアがどう動くかに、注目する必要がありそうだ。イランにとっては、同国に敵対するアメリカにとって、サウジアラビアの安定は、死活問題だ。イラン政府にはそのサウジアラビアを、追い込むつもりがあることは、間違いなかろう。あるいは、イランはサウジアラビアを追い込むことにより、サウジアラビアのイランに対する、敵対的な立場変更させようと、思っているのかもしれない。

サウジアラビアと同盟関係にある、アラブ首長国連邦はイランに対する立ち位置を、変え始めている。サウジアラビアもイランと関係のいい、カタールで開催される、ガルフ・カップに参加する意向だ。何かが変化し始めているようだ。
Posted by 佐々木 良昭 at 09:39 | この記事のURL
| 次へ