CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年06月 | Main | 2020年08月»
bU001 7月2日 『トルコに関するいい話と悪い話』 [2020年07月02日(Thu)]
トルコとは全くあきれるほど、ニュースを提供してくれる国だ。それが桁外れに重要であったり、笑えるものなど種類も豊富だ。

今回のいい話は、アメリカがトルコのロシアからの、S400輸入にも拘らず、F35
の部品製造を、当分継続するというニュースだ。これで結果的に、かえってトルコの高性能製品の部品が、製造できることが世界的に、知られることになったわけだ。

そうなると他の国々も、アメリカに習ってトルコに高度製品の、製造を依頼するだろう。そうなれば、ますますトルコの製造能力は、高まるということだ。問題はその製造が、武器に限定しないで、欲しいということだ。

もう一つの話題はトルコにとって嬉しくない話だ。それはヨーロッパ諸国がコロナ禍のなかで。渡航可能な国と駄目な国の、リストを発表した。それによれば渡航可能な国は、中国、日本、アルジェリア、オーストラリア、カナダ、グルジア、ニュージーランド、ルワンダ、セルビア、韓国、スイス、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウエーなどと続いている。

しかし、トルコはこのなかには含まれていなかった。エルドアン大統領は観光復活に、大分力を入れているようだが、出鼻をくじかれたということであろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 09:29 | この記事のURL
| 次へ