CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年05月 | Main | 2020年07月»
5949 6月4日 『トルコがフィンランドにIS12人追放』 [2020年06月03日(Wed)]
トルコ政府は国内にいる、IS(ISIL)メンバーを、フィンランドに12人追放した。このことによって、IS(ISIL)
メンバーは出身国に、再追放されることになるだろう。これらのIS(ISIL)
メンバーの出身国はドイツであり、デンマークであり、フランスであり、アイルランドだということだ。

だが、トルコはそれでいいかもしれないが、フィンランドはそれを上手く出身国に、振り分け追放することが、出来るだろうか。この12人については、年齢、性別が明らかになっていないが、以前、トルコが追放した、あるいは追放を予定していた、
IS(ISIL)
メンバーは、年少者については、将来、トラウマによって、彼らがテロリストになることが懸念され、受け入れがスムーズには進まなかった、ということが起っていた。

同じことは、今回の場合も起るのではないか。述べるまでも無く、ヨーロッパ諸国はいまコロナで大混乱している、そこに新たな難問を、受け入れるだろか。という疑問が沸くいて来る。

ヨーロッパに限らず、各国は出来るだけ面倒な問題は、受け付けたくないのだ。だからといって、IS(ISIL)
メンバーを隔離して、自国内に住まわせるということも、非人道的という非難を、受ける懸念が生まれよう。

ヨーロッパはいま、人種差別、民族主義のうねりが、活発化しているが、それに輪をかけたのが、コロナであろう。さて、どうヨーロッパ諸国が、この問題に対応するのか、見物だ。
Posted by 佐々木 良昭 at 08:48 | この記事のURL
| 次へ