CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年04月 | Main | 2020年06月»
5946 6月1日『トルコが強引に地中海海底石油掘削へ』 [2020年05月31日(Sun)]
トルコは地中海の海底石油を、掘削し始めるようだ。これはトルコのTPAO
社が、始める予定だが、同社は黒海でも海底石油の、掘削を手掛けている。従って、この分野では経験も豊富、ということになるのであろう。

だが、この地中海海底石油の掘削は、そう簡単でも無さそうだ。それは今回の掘削が、地中海海底であり、そのことには、ギリシャやキプロス、エジプト、イスラエルなどが、クレームを付けているからだ。

トルコはこの海底石油の掘削について、リビアとの合意が、出来ていることを、根拠にしている。その合意に基づいて、リビアの北海岸沿い、東海岸沿いの海底石油を、掘り出すというものだ。

トルコは大分急いでいるようで、ギリシャやキプロスとの合意が、出来ていないなかであるにもかかわらず、今後3〜4ヶ月で掘削を始める、と発表している。これはギリシャとキプロスだけではなく、ヨーロッパ諸国全部を敵に、回すことになるのではないか。

トルコのTPAO 社のドンメズ氏は、トルコ政府から許可を取っているので、仕事を始めても、何ら問題はない、と言っている。

トルコとギリシャとキプロスとの間で始まった、今回の海底石油掘削問題は、結果的にトルコとヨーロッパ諸国との争いになり、ヨーロッパ諸国はこぞって、トルコに制裁を加えて来よう。

こうしたトルコの行動は、裏を返せばトルコの経済状況が、相当厳しくなってきているから、ということであり、地中海海底石油の開発が、進められれば、それだけで、トルコ・リラは値上がりが望めよう、という希望的見通しに、立ったものであろう。。

この計画には幾つもの、落とし穴があるようだ。まず、第一には石油が出ない、可能性もあろう。次いで第二にはギリシャ・キプロスの反対。そして第三には全ヨーロッパの反発と、トルコに対するボイコットだ。そのヨーロッパによるボイコットには、この問題にイスラエルも絡んでいることから、アメリカもヨーロッパ側に付こう。

そうなれば、トルコは完全に四面楚歌の状態になり、経済をずたずたに、破壊されるのではないか。もちろん、それはエルドアン大統領の終りも、意味しよう。
Posted by 佐々木 良昭 at 11:48 | この記事のURL
| 次へ