CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年02月 | Main | 2019年04月»
NO:5476 3月15日『トルコとアメリカF35で問題継続』 [2019年03月15日(Fri)]
 最新戦闘機F35をめぐって、問題が続いている。簡単に言えば、トルコはすぐにでも受け取りたいと言い、一方、アメリカはいまの状態では売りたくない、と言っている。

F35は私に言わせれば欠陥機であり、日本のような高度な技術を持っている国が買えば、微調整出来て使えるものにできるが、その技術の無い国が購入すれば、墜落事故が多発することになろう。

トルコにはそれほどの技術があると思えないが、何としても買いたい、と言っているのだ。そこにはある理由がある。トルコは軍需産業を発展させ、将来の主力輸出品にしたい、と望んでいる。今回のF35の輸入をめぐっても、最終的にはアメリカとの共同で、自国内で生産したい、と望んでいるのだ。

 それは、F35の軍事機密がトルコ側に、渡ることであり、アメリカにしてみれば、とてものめる話ではあるまい。しかも、F35の取引にとって最大のネックは、トルコがロシアから最新のミサイルS400を、購入する方針であることだ。

 トルコがロシアからS400ミサイルを購入すれば、その操作やメンテナンスの指導に、ロシアから多数の専門家が、トルコに入ることになる。彼らは高度な軍事情報スパイにも、なりうるわけだ。アメリカがF35を売り渡せば。ロシアの軍事技術者がその軍事技術を、盗むことになろう。そんなことはアメリカには許せないので、問題が継続しているわけだ。

 ロシアのS400についても同じような条件が、トルコ側から要求されている。S400のトルコ国内での、共同生産が条件になっている。ロシア側はそれに反対していない。ロシアにしてみれば、技術が流出してもトルコの武器市場を、アメリカから奪えればいい、ということであろう。

 実際に、最近ではトルコとアメリカとの間に、多くの問題が発生しているため、トルコは次第にロシア寄りになっている。また、トルコがS400の輸入を発表した後、カタールやサウジアラビアも、続いて買いたい意向を示しており、トルコへのS400輸出は、大きな宣伝効果があったということだ。

 トルコはアメリカが11月までに、F35をトルコ側に引き渡す、と言っているがその確証は無いのではないか。エルドアン大統領はそのつじつまを、どうあわせるのであろうか。

 近く行われる選挙に先立ち、エルドアン大統領はなんでもいいから、出来るだけ政権に有利な情報を流したい、ということであろうか。。
Posted by 佐々木 良昭 at 11:29 | この記事のURL
| 次へ