CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年02月 | Main | 2019年04月»
NO:5475 3月14日『トルコに嬉しいニュース二つ』 [2019年03月14日(Thu)]
:トルコがアルタイ戦車をカタールに輸出

いろいろな問題を抱える国は世界で多いが、そんな国でもたまにはいいニュースがある。今回のトルコのニュースは、まさにトルコ国民が喜ぶべき、ニュースであろう。

トルコの生産するアルタイ戦車が、カタールに100台輸出されることになった。この契約は以前に交わされたものだが、やっと納品が近く可能になった、ということだ。最初の納品は、40台だということだ。

このアルタイ戦車は、トルコの純国産であり、まさに国を挙げて誇るべきものであろう。それが100台も売れるというのだから、トルコ国民にとっては、喜びはひとしおであろう。戦車にはトルコの国産の、120ミリの砲が搭載され、それ以外にも、55ミリのカリバー・ガンが装備される。

しかも、このアルタイ戦車に搭載される、エンジンはこれもトルコの純国産であり、1500hp
のデイーゼル・エンジンだ。もちろん、アルタイ戦車はトルコ陸軍にも納入される。それは18か月以内であり、250台だということだ。

以前に何度か報告したが、トルコは武器生産と輸出に、力を入れているということだ。



:ヨーロッパとアジアをつなぐ鉄道完成

ヨーロッパ大陸とアジア大陸をつなぐ、鉄道が完成した。これはイスタンブールに近いヨーロッパ・サイドと、ウシュクダルのアジア・サイドをつなぐ鉄道だ。

ゲブゼとハルクをつなぐ新レールが出来たのだ。工事は6年間の長きにも及んだということだ。

完成の式典は3月12日に、イスタンブールで行われ、この式典にはエルドアン大統領も参加した。エルドアン大統領は最初の電車の、運転席に着きご満悦だったということだ。この式典には他のAKP議員も、参加している。まさに国を挙げてのお祝い、であったのであろう。

 ゲブゼとハルクの間は1時間55分でつなぐが、以前は1時間65分を要していた。つまり、10分短縮できたということだ。

 この列車は一日に75000人の旅客を運ぶことができる。なお、この鉄道の完成には14億ユーロの資金が、投入されたということだ。
Posted by 佐々木 良昭 at 11:17 | この記事のURL
| 次へ