CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年05月 | Main | 2017年07月»
NO4617 6月30日 『ラッカ後トルコ軍とSDFが武力衝突の懸念』 [2017年06月30日(Fri)]
イラクのモースルはほぼ陥落し、IS(ISIL)は敗北したという判断が、イラク政府によって出された。同時に、イラン政府はIS(ISIL)のリーダーである、アブーバクル・バグダーデイの死亡は、ほぼ確実であろうと言い出している。

こうした各国の発表は、ほぼ間違いなかろう。イラクのモースルでは、IS(ISIL)が敗北したことは事実であり、バグダーデイの死亡も、事実であろう。これでイラク政府に残る問題は、IS)ISIL)
の残党を処理することであろうし、イラクのシーアとスンニーの対立を、どう抑えるかという、国内政治の問題に移って行こう。

イラクはそれで良しとしても、シリアの場合はそれほど簡単ではなさそうだ。シリアのIS(ISIL)
の中心地、彼らが首都だと言っていたラッカが、いま陥落する一歩手前まで来ている。

シリアの場合はシリア軍や、アメリカの支援を受けるSDFが、ラッカ攻撃を激化しており、これもイラクのモースル同様に、陥落の一歩手前まで来ている、と言われている。

もし、ラッカがSDFによって、陥落させられることになれば、トルコには大きな危険が、迫ることになろう。第一は、ラッカから逃亡するIS(ISIL)の戦闘員が、トルコに逃れて来るということだ。彼らはトルコ国内のクルド人(PKK)と、戦闘を展開する危険性があろう。

それはトルコにとっては、国内治安が乱れるということになり、取り締まらなければならなくなり、トルコの領土内でトルコ軍とIS(ISIL)や、クルド・ゲリラが戦闘を展開することもあり得よう。

もう一つの危険性は、シリア北部で実質自治権を手にするクルドの勢力SDFが、トルコ軍を刺激したり、トルコ軍がSDFに攻撃を加える可能性が、高まってきているということだ。

この状況下で、SDFはトルコ側が一線を超えれば、攻撃を加えると言い出しており、トルコ側もクルトルムス副首相が同様に、SDFが攻撃して来れば報復する、と明確に語っている。

このトルコとSDF、つまりクルドを中心とした、シリアの武力勢力との、武力衝突の危険性が、高まっているなかで、アメリカはこの状況に大きな懸念を、抱き始めている。

トルコはシリア北部のクルド勢力の、拡大と強化を放置すれば、やがてはそれが自国の安全を、脅かすことになるのだ。アメリカはそのクルド勢力に、ラッカ攻撃を前提に、大量の武器を供与しているのだ。

トルコ政府は当然このことを、アメリカに抗議しているが、アメリカはラッカ陥落後も、SDFに武器供与を続けるだろう。それはトルコとSDFとの武力衝突が、起こりうるからだ。
Posted by 佐々木 良昭 at 12:04 | この記事のURL
| 次へ