CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年05月 | Main | 2017年07月»
NO4604 6月16日 『エルドアンのボデーガード米が逮捕』 [2017年06月16日(Fri)]
*さる5月に、トルコのエルドアン大統領はアメリカを訪問し、トランプ大統領と会談している。このニュースはトルコ国内では、大々的に報じられたが、実はこの会談は、たった20分だったということだ。*

*つまり、両者は挨拶を交わした程度であった、ということではないのか。通訳が入る20分の会談とはエルドアン大統領とトランプ大統領が、各々5分ずつ言葉を交し合った、ということでしかない。*

*その腹いせでもあったのであろうか。その後、エルドアン大統領は在米トルコ大使公邸に出向き、そこでお茶を飲んでいるのだが、その大使公邸にトルコ人の反エルドアン・グループがデモで押しかけた。*

*たちまちデモ隊と、エルドアン大統領のボデ−ガードが衝突し、デモに参加した11人が負傷している。ボデーガードたちが殴る蹴るの、暴力行為に及んだからだ。その光景をエルドアン大統領は、大使公邸のバルコニーから眺めていた、と報じられている。*

*けが人のなかには、アメリカの警官も含まれており、これはアメリカの法律を犯す行為として、問題視されてきたのだが、遂に6月15日アメリカ政府は,エルドアン大統領の12人のボデーガードの、逮捕に踏み切った。*

*いま逮捕されているのは2人だが、今後間も無く残りの10人も、逮捕されることであろう。トルコ政府に言わせると、デモ参加者は皆、トルコではテロリストとみなされている、PKK(クルド労働党)のメンバーだったということだ。*

*このアメリカ側の対応に対して、トルコ外務省は在トルコ・アメリカ大使を呼びつけ、厳重に抗議を行っている。同時に、エルドアン大統領もアメリカ非難を行った。曰く『アメリカ大使館がトルコで同じ状況にあったら、アメリカはどう対応するというのか?』『彼らは12人の私のボデーガードを逮捕するというが、これはどんな法律に基づいているのか?』『アメリカにボデーガードを連れて行ったのは、私を守るためだが、それが出来なかったらどうなっていたというのか?』*

*相変わらずのエルドアン節だが、このエルドアン大統領の主張を受け入れるのは、もちろん、トルコ国民だけであり、しかも、一部のエルドアン支持派の、国民だけであろう。*

*この事件の結果が、アメリカ政府によるボデーガード逮捕にまで進展したのは、現在のアメリカとトルコとの関係が、いかにまずいかということを、現しているのではないのか。*
Posted by 佐々木 良昭 at 08:55 | この記事のURL
| 次へ