CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«9月A23日 『ハフタル・リビア大統領に立候補か』 | Main | 9月25日 『バイデンと上手くいってないエルドアン』»
9月24日 『タリバン勝利は地域にイスラム原理の活動増やす危険』 [2021年09月24日(Fri)]
「タリバンは、テロリストを支援するテロリストだ」と言うレオン・パネッタ元国防長官の言葉だ。2019
年、アフガニスタンはテロ活動に関して、一位だった。イラク、ナイジェリア、シリア、ソマリア、イエメン、パキスタンとインドが、それに続く。経済平和研究所が作成したGTI
2020
によれば、その数字が、リビアの出来事が、どのように直接、チャド、ニジェール、マリ、ブルキナファソやモーリタニアでのテロの増大要因になったか反映していないが、リビアは
163国中16位だ。これらの国々は全て、アフガ二スタンの出来事に対する不安を表明している。

チュニジア人ジャーナリスト、アーメド・アブデル-ハキムは、チュニジアがダーイシュにとって外国新兵の最大供給源だったと強調している。欧米筋は、15,000
人から、18,000人のチュニジア人がこのテロ集団に参加するためシリアに行ったと推定している。

エジプトの9月1
日付けのアル・アハラム新聞によれば、テロ・ネットワークは密接につながっているので、ソマリア、南モザンビーク、ナイジェリアとカメルーンのテロ組織がアフガニスタンでのタリバン勝利から恩恵を得るということのようだ。

タリバンは部族的イスラム主義組織だと主張するが、彼らの競合は兄弟姉妹の競争心以上何ものでもない。彼らは同じイデオロギーと信条と世界観を共有しているのだ。パキスタン・タリバン運動が、バルチスタン州で攻撃を実行し、数人を殺し、負傷させた。オサマ・ビンラディン治安機関の元トップ、アミン・アル・ハックがアフガニスタンに戻ったことも指摘されるべきだ

ブッシュ大統領は、アフガニスタンを侵略した作戦の目的は「この国がテロ活動のために使われるのを阻止する」ことだと述べていた。しかし、過激主義に対する戦いのために行われた全ての努力が無になり、この地域は、再び政治的イスラム至上主義に陥るだろう。

アフガニスタン・イスラム首長国の主要スポンサーはイスラマバードは決定的ではないにせよ、重要な役割を果たしたのだ。人口二億人以上の国パキスタンには、タリバンと提携しているか、同情的な、多くの組織がある。このアフガンの運動が、主に、パキスタンには二倍の人数がいるパシュトゥーン人に動かされている事実は、将来非常に重要。

アルカイダと(同じくロシアで禁止されている)ダーイシュの一部は、活動をサハラ以南のアフリカやアフガニスタンや南アジアに移した。、リビアの出来事が、どのように直接、チャド、ニジェール、マリ、ブルキナファソやモーリタニアでのテロの増大要因になったか反映していない。
Posted by 佐々木 良昭 at 08:41 | この記事のURL