CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«9月B21日 『アフガニスタン後アメリカは変わる』 | Main | 9月A22日 『エルドアン大統領米に経済協力懇願』»
9月22日『カタール王族国連でタリバンをボイコットするなと訴える』 [2021年09月22日(Wed)]
国連総会の表彰台から、シェイク・タミム・ビン・ハマド・アル・ターニーは「ボイコットは二極化と反応につながるだけなのに対し、対話は肯定的な結果をもたらす可能性があるため、タリバンとの対話を続ける必要性」を強調した。



41
歳の指導者は、国際社会はこの重要な段階でアフガニスタンを支援し続け、「人道援助を政治的な違いから切り離さなければならない」と語った。ウズベキスタンは、戦争で荒廃した国への石油と電力の供給を再開した。

タリバンは、国際的な認識を望んでおり、すべてのアフガニスタン人に恩赦を与えるオープンで包括的なシステムを約束したと言います。彼らは、彼らの政府を認識し、他の国々が彼らと外交関係を持つことは国連の責任であると言います。

シェイク・タミムは、包括的な政治的解決を達成し、安定への道を開くのはアフガニスタン国民次第だと述べた。彼は、8月に10
万人以上のアフガニスタン人や他の人々がカブールから避難する混沌とした米国主導の避難を支援するカタールの大きな役割を宣伝しました。
「これは私たちの人道的義務でした」と、彼が言いました。

確かにタリバン政府のアフガニスタンは、厳しい経済状態にある。国連の調べでは93パーセントのアフガニスタン国民が、食べるものにも苦労しているということだ。食糧を確保するために多くのアフガニスタン人は、フリーマーケットに家財道具を持ち出して売っているということだ。



アフガニスタン人たちは一定の金が集まると、外国に逃げ出したいと考えているのだ。いまのアフガニスタンには希望が持てない、ということが国外脱出の理由だ。アフガニスタン人たちは隣国パキスタンに出るか、イランに出てそこからヨーロッパ諸国に難民となって、出て行きたいということだ。
Posted by 佐々木 良昭 at 09:14 | この記事のURL