CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«bU082 9月19日『ム?デイのトルコ企業評価レート下がる』 | Main | bU084 9月21日『アメリカによるイラン非難と警告』»
bU083 9月20日『アメリカ軍がシリアの石油地帯で増強』 [2020年09月20日(Sun)]
シリアに駐留するアメリカ軍が、このところ増派されて、強化しているようだ。その場所はシリアの東部、ユーフラテス川に隣接する石油地帯だ。それだけにアメリカ軍の意向は、生臭い推測を呼んでいるようだ。

これはロシア軍のユーフラテス川東岸での、増強に対抗する目的だ、とアメリカ軍側は説明している。アメリカ軍はレーダーを増やし、偵察航行も増やしている、と伝えられている。

また、アメリカ軍はIS(ISIL)
との戦闘に、備えるものだとも説明している。そして、アメリカ軍はいずれの国とも、戦闘をする気は無いが、連合軍を守る必要がある、と言っている。増強兵員数は
500人で、東シリアに展開している。

そして、ロシアを含む他国軍に対して、冷静に行動し軍事衝突を、生み出すべきではないと語っている。しかし、ロシア軍はシリア軍を、支援しているに過ぎないのだ。アメリカはアフガニスタンでの経験を、忘れてしまったのであろうか。

アメリカがシリア政府軍に対抗する、クルド・ミリシアのSDF
を支援していることは、周知の事実だ。こうした形で、アメリカ軍がシリアに居座ろうとすれば、当然、シリア側からは攻撃があろう、と想定すべきであろうし、ロシア軍がそれを支援することも、予測されよう。

どうもアメリカは欲に駆られて、シリアの石油を盗掘するために、危険な方向に動いているようだ。
Posted by 佐々木 良昭 at 08:52 | この記事のURL