CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«bU041  8月10日『やっと出てきたシリア・コロナの詳細』 | Main | bU043  8月12日『アメリカ裁判所サウジ皇太子調査』»
bU042  8月11日『トルコ・シリア。イランのニュース』 [2020年08月11日(Tue)]
.:トルコはカリフ制へ

トルコは地域だけではなく、世界でも指導国になるべきだ、と主張する過激なトルコの組織が出て来た。この組織はトルコをカリフ制の国家に、すべきだと主張している。そのきっかけとなったのは、ハギア・ソフィア教会をイスラムのモスクに、変えたことに始まる。

この結果、トルコのカリフ制がトルコから、エルサレムにまで繋がるということだ。そして、メッカからエルサレムに通じることを、意味するということだ。エルドアン大統領はこの壮大な計画の実行者になり、オスマン帝国の栄光を、取り戻す人物になる。

『私がそれを自分のために行なわなければ私は誰なのか?私が自分だけだったら私は誰なのか?もしいまで無ければ何時実行するのか?』まさにエルドアン大統領のアメのスローガンではないか。



:シリア部族米軍とSDFに挑戦

シリア北部のデルズールの部族が、アメリカ軍とSDF
に対する、戦いを宣言した。この部族の幹部マシャール・ハフルが、アメリカ軍に殺害されたことに、始まる対立だ。またSDF
に対する怒りは、シリアの財産石油を盗掘していることに、対するものだ。

彼らはアキーダ軍を結成し、シリア軍と協力してシリアの権利を、快復するということだ。アメリカ軍はハサカやデルズールなどで空爆を重ね、石油地帯を支配している。この点についてはロシアのラブロフ外相も、アメリカの行動は非合法だと非難している。

いまシリアで堀られているのは、最盛期の10パーセント程度でしかなく、この石油の収入がなければ、シリアは復興が出来無い状態にあるのだ。



:ザリーフ金は取り返す韓国

イラン政府はここに来て、本格的に外国からの未集金を、取り立てるつもりのようだ。特に韓国については本気のようで、未集金の金額も明らかにした。韓国からは未集金65億ドルと、凍結資金90億ドルの取立てに、本腰を入れ始めたようだ。

韓国は狡猾に逃げ回り、アメリカからの指示に基づくとしているが、イランは国際法廷で、けりを付けるつもりでいる。こんなことをしていては、韓国は国際取引が出来ない情況も、発生するのではないのか。
Posted by 佐々木 良昭 at 08:09 | この記事のURL