CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«bU021 7月21日『アメリカ政府イランへの制裁緩める』 | Main | bU022 7月22日 『トルコシルテ・ジュフラ攻防で及び腰』»
bU021A 7月21日『トルコ・エジプトがリビアで鍔ぜりあい』 [2020年07月21日(Tue)]
ここに来て、リビア問題をめぐる、エジプトとトルコの動きが急に騒がしさを、増しているようだ。トルコは既にリビアに派兵しているが、エジプトも派兵する流れに、なってきているからだ。

エジプト政府はリビア問題をめぐり、シーシ大統領がトランプ大統領と電話会談し、平和的な解決と、そのための停戦を合意している。加えて、エジプト議会はリビアへの派兵を認めることを決め、シーシ大統領にその旨を伝えた。

他方、アメリカの国防省はトルコがシリアで集めた傭兵、3800人以上をリビアに派兵していることを、明らかにした。これは述べるまでもなく、トルコの蛮行を非難する、という意味合いであろうし、それは今後、エジプトがリビアに派兵をすることに、正当性を与えることに、なろうというものだ。

こうなってくると、エジプトと一緒にリビアのハフタル将軍側LNA
を支持してきた、アラブ首長国連邦や、サウジアラビア、フランス、ロシなども、より積極的な動きに、出るということであろう。

リビアでは近くエジプトとトルコの、空中戦が見られるかもしれないし、ロシア製兵器とアメリカ製兵器の衝突、ロシア製兵器同士の戦いが、見られるかもしれない。その事は相当強い関心を、世界の軍事専門家と国防省に、もたれる事であろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 10:27 | この記事のURL