CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
bU233 3月3日 『サウジ皇太子とカシオギ殺害問題への米の対応』 [2021年03月03日(Wed)]
トルコのイスタンブールにある、サウジアラビア領事館で殺害された、カシオギに関しアメリカ政府は、その背後にいるムハンマド・ビン・サルマン皇太子の責任を、問わない方針のようだ。

この事件に関連して、アメリカ政府は関係者と思われる、サウジアラビア人76人の訪米を認めていない。アメリカ政府はムハンマド・ビン・サルマン皇太子に対し、いまのところ、何らかの対応もする意思は無いが、将来、
『我々が選んだ時と方法で、何らかの行動を起こす権利を留保する』とバイデン大統領は語っている。

アメリカ政府の立場は、外国の要人が犯罪に関与していても、制裁を加えていないと語り、イランのハメネイ師やシリアのアサド大統領、ベネズエラのマドロウ
大統領たちは、何の法的制裁も受けていない、と語っている。

だが、アメリカ政府はイスタンブールで起った、カシオギ殺害事件について、
*未分類の報告書は、サウジアラビアの事実上の支配者(ムハンマド・ビン・サルマン皇太子)が、カシオギを「捕獲または殺害する」というイスタンブールでの作戦を「承認」した、と結論付け*
ている。

アメリカは「2017
年以来、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子が、王国の治安と情報機関を絶対的に支配しており、サウジアラビア当局がムハンマド・ビン・サルマン皇太子の承認なしに、この種の作戦を実行した可能性は、非常に低い」とエグゼクティブ・サマリーに付け加えている。

この事件への関連のなかで、アメリカ政府は事件に関与していると思われる、サウジアラビア人76人に対し、入国を認めていない。つまり、既に何らかのサウジアラビアに対する制裁は、軽度ではあるが始まっている、ということだ。

バイデン大統領はイエメン戦争についても、アメリカのサウジアラビアへの軍事支援を、終わらせる方向で、考えているようだ。そこで出て来ているのが、『
我々は我々が選択した時と方法で、何らかの行動を取る権利を留保している。』という立場だ。加えて『私はムハンマド・ビン・サルマン皇太子が近い将来に、米国に旅行する計画を知らない」とホワイト・ハウスのジェン・プサキ報道官は語っているが、これは明らかにムハンマド・ビン・サルマン皇太子の訪米を許さない、ということであろう。

加えて、アメリカ政府は
「ムハンマド・ビン・サルマン皇太子には、個人的な結果があるはずだが、彼は金融、旅行、合法を含む制裁を、受けるべきであり、サウジアラビア政府は彼が政府にいる限り、重大な結果を被るべきだ」という立場だ。これに対し、
サウジ政府は米国の報告書を、非難している。それは『カシオギの殺害は、皇太子を巻き込むならず者作戦だった』と主張しているということだ。。
Posted by 佐々木 良昭 at 09:02 | この記事のURL
bU232 3月2A日『イラン外務次官アラグチはナゴルノカラバフに原理主義者 [2021年03月02日(Tue)]
イラン外務次官であるアラグチは、以前在日大使をしていたことから、日本人でも彼を知っている者は多かろう。静かな語り口であり評判も悪くなかった。その彼が最近ナゴルノカラバフ紛争の後の情況に懸念を述べている。

彼に言わせるとナゴルノカラバフにはイスラム原理主義者が入り込んでおり隣国としてのイランには懸念材料に、なっているということだ。アゼルバイジャンとの関係については
「イラン・イスラム共和国とアゼルバイジャン共和国の政治的、経済的、文化的関係は最高レベルにあり、我々にとってアゼルバイジャン共和国は近隣で、非常に重要な国であり、両国の良好な関係は継続するだろう」とアラクチは述べている。

加えてアラグチは。「我々は、地域の国境の変化や国の主権への脅威、地域外の国々の関与に反対しており、イラン・イスラム共和国のこれらの懸念は双方に表明されている」とも語った。

ナゴルノカラバフはアゼルバイジャンの一部として国際的に認められているが、約3万人が死亡した戦争で、アゼルバイジャンから脱却した。1992
年以来、アルメニアの支援を受けた民族アルメニア分離主義者によって、支配されていた。2020年9
月下旬、紛争地域をめぐってアゼルバイジャン軍とアルメニア軍の間で激しい衝突が起こり情況に変化が生まれ、アゼルバイジャンの支配下に戻った。

それは
トルコの支援を受けて、アゼルバイジャン軍は優位に立ち、大きな領土を取り戻した。アンカラは、紛争時に傭兵を送った、と言う非難を否定しているが、戦争の1ヶ月前ごろには、アゼルバイジャンと合同軍事演習を行なっており、相当量の武器がアゼルバイジャンに、搬入されていた。

紛争中のアルメニアの同盟国と、考えられているロシアは、軍事的に味方することを拒否し、停戦協定を仲介し、2
つの戦闘国が外交的に紛争を解決できるようになるまで、何千人ものロシア平和維持部隊を送り込み、停戦を実施していた。激しい紛争は、ロシア政府が停戦を仲介した後、
11月中旬に終わりを迎え、アゼルバイジャンは主に領土を支配した。アルメニアは紛争地域をアゼルバイジャンに引き渡している。
Posted by 佐々木 良昭 at 08:55 | この記事のURL
bU231 3月2日 『トルコのハルク・バンク裁判危険水域』 [2021年03月02日(Tue)]
ハルク・バンクはトルコ最大手の銀行の一つだが、この銀行がマネー・ロンダリングに関与していたことで、いまアメリカで裁判が続いている。これは2018年から続いているものであり、イランの輸出した石油代金の、不法送金などをしていたことが、罪状となっている。

もしこれが最終的に、有罪ということになれば、ハルク・バンクは国際金融市場でもう活動が出来なくなるし、同銀行の幹部は有罪となり、アメリカの刑務所に、繋がれることになろう。

トルコ最大の銀行ハルク・バンクは、200億ドルもの大金を、イランの石油輸出代金として受け取り、イランに送金していたのだ。ハルク・バンクはマネー・ロンダリングや銀行詐欺などの容疑で、アメリカの追及を受けているのだ。

2018年1
月に有罪判決を受けた元ハルク・バンク幹部のメフメト・ハカン・アティラがいる。アティラは昨年、司法取引を受け入れ、アメリカの刑務所を出たにトルコに戻り、イスタンブール証券取引所の総支配人となっている。なおこの司法取引はイラン人のザラブも同様の司法取引を受け入れている。

これでトルコが有罪となれば、最大200億ドルの罰金、または国際銀行システムからの除外、が予想される。現在のトルコの経済は、相当悪化しており、ハルク・バンクが倒産することになれば、何十万人もの投資家が財産を、失うことになろう。

エルドアン大統領の内輪(ザラブとアティラ)と、密接な関係を持つ2
人の男は、イランに対する米国の制裁違反や、その他の犯罪に違反した罪で起訴された。「エルドアンはアメリカでの調査を知って警戒した。そして、ハルク・バンクに対する法的手続きがトルコ経済の足かせになるだけではないことは、彼には明らかだったに違いない。また、彼を世界の一般市民にさらすだろう」とデア・シュピーゲルの報告書は述べた。

その窮地にあるエルドアン大統領を、支援してきたのはトランプ大統領だったが、彼は大統領職から離れている。エルドアン大統領万事窮すか。
Posted by 佐々木 良昭 at 08:28 | この記事のURL
bU230 3月1A日 『トルコがエルサレム巡礼を取り仕切る方針』 [2021年03月01日(Mon)]
これからはトルコが、イスラエルが首都としている、エルサレムへの巡礼を、取り仕切ることにしたようだ。エルサレムはイスラム教の3大聖地の一つでありメッカ、メジナに次ぐ価値のある場所だ。

このため、エルアレムへの巡礼は、オムラと定められている。トルコのイエニ・サファク紙が、土曜日に報じたところによれば、トルコ政府はこれから、エルサレムへのウムラ巡礼を、取り仕切ることを決定したようだ。

トルコはこのオムラ・ツアーを担当するために、ツアーを企画し、観光ガイドを立て、エルサレムに加え、このツアーにはベツレヘムや、ジャッファへの観光も含めるようだ。

このことについて、エルドアン大統領はトルコ議会で『エルサレムは我々の街だ』と語っている。その発言は嘘ではない。第一次世界大戦で、オスマン帝国が敗北するまで、エルサレムはオスマン帝国の、支配下にあったのだ。

これまでエルドアン大横領は、エルサレムへの訪問者数を増加するよう、イスラエルに働きかけていたし、パレスチナ人に対しても、彼らの権利を回復する努力を、してきている。

昨年トルコがアヤソフィア教会を、モスクに替えた時、エルドアン大統領は『アクサ・モスク解放の先駆者だ』と宣言してもいる。

このエルサレム問題へのトルコの関与は、今後トルコとイスラエルとの関係に、どう響いていくのであろうか。エルサレムは確かにイスラム教の3大聖地の一つだが、いまではイスラエルが首都だ、と宣言してもいる場所でもあるのだ。
Posted by 佐々木 良昭 at 09:53 | この記事のURL
bU230 3月1A日『トルコがエルサレム巡礼を取り仕切る方針』 [2021年03月01日(Mon)]
これからはトルコが、イスラエルが首都としている、エルサレムへの礼を、取り仕切ることにしたようだ。エルサレムはイスラム教の3大聖地の一つでありメッカ、メジナに次ぐ価値のある場所だ。

このため、エルアレムへの巡礼は、オムラと定められている。トルコのイエニ・サファク紙が、土曜日に報じたところによれば、トルコ政府はこれから、エルサレムへのウムラ巡礼を、取り仕切ることを決定したようだ。

トルコはこのオムラ・ツアーを担当するために、ツアーを企画し、観光ガイドを立て、エルサレムに加え、このツアーにはベツレヘムや、ジャッファへの観光も含めるようだ。

このことについて、エルドアン大統領はトルコ議会で『エルサレムは我々の街だ』と語っている。その発言は嘘ではない。第一次世界大戦で、オスマン帝国が敗北するまで、エルサレムはオスマン帝国の、支配下にあったのだ。

これまでエルドアン大横領は、エルサレムへの訪問者数を増加するよう、イスラエルに働きかけていたし、パレスチナ人に対しても、彼らの権利を回復する努力を、してきている。

昨年トルコがアヤソフィア教会を、モスクに替えた時、エルドアン大統領は『アクサ・モスク解放の先駆者だ』と宣言してもいる。

このエルサレム問題へのトルコの関与は、今後トルコとイスラエルとの関係に、どう響いていくのであろうか。エルサレムは確かにイスラム教の3大聖地の一つだが、いまではイスラエルが首都だ、と宣言してもいる場所でもあるのだ。
Posted by 佐々木 良昭 at 09:51 | この記事のURL
bU229 3月1日『トルコ治安筋IS戦闘員3人逮捕』 [2021年03月01日(Mon)]
bU230 3月1日『トルコ治安筋IS戦闘員3人逮捕』

トルコの治安筋は、同国の南東部シャンヌルウルファ県で、3
人のIS(ISIL)テロリストを逮捕したと発表した。IS(ISIL)戦闘員はシリアからトルコに、侵入を図っていたもののようだ。

また、トルコの治安筋はIS(ISIL)が所有していた、600グラムのプラスチック爆発物や、2
つの電気起爆装置も、IS(ISI)の所持するバッグから、見つけ出している。爆破装置はその後治安筋によって安全に爆発されて処理された。

トルコはIS(ISIL)について、2013年からテロリスト集団として、特別な対応をしてきており、これまでに10件の自爆テロ、7件の爆弾攻撃、4
件の武装攻撃を受け、300人以上が死亡している。

これに対してトルコ政府は、IS(ISIL)のテロ防止のために、テロ対策を強化してきていた。
Posted by 佐々木 良昭 at 09:15 | この記事のURL
bU228 2月28日 『バイデンがイランに厳しい対応』 [2021年02月28日(Sun)]
アメリカのバイデン大頭領は、イランに対して慎重な行動を、取るように警告した。これはアメリカ軍のシリアに在る、イラン革命防衛隊基地に対する、攻撃後に出されたものであり、イランは軽々に報復をすることは考えるな、ということであろう。

これは、2機の米国のF-15イーグルスが7つの精密誘導爆弾を投下し、イラクとの国境のシリア側のアブカマルにある、イラクのシーア派民兵の所有する、2
つの建物を破壊したことによるものだ。

イラン側はシリアとイラクの国境にある、2つのイランの支援を受けた民兵組織が、2月25
日木曜日の夜、この地域のアメリカ軍に対する、複数のロケット攻撃に対して、その報復として米国の空爆に、見舞われたというものだ。

軍事筋によると、標的には7
発前後のミサイルが投下された。そして、武装勢力の最後の一人までもが、殺されたということだ。イランが犠牲になっており、武器を積んだ建物やトラックが破壊された、と報告している。

時期が時期だけに、アメリカのシリアにあるイラン革命防衛隊基地に対する、攻撃の意図が何なのかということが、問題視されている。

イランによる核を含む武器開発の進展が、話題になっており、それに一番敏感に反応しているのは、述べるまでもなくイスラエルだ。ネタニヤフ首相とバイデン大頭領の電話会談の後に、アメリカ軍の攻撃が起こっているということは、一連の動きと見るべきであろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 08:55 | この記事のURL
bU227A 2月27日『ISの復活は本当か』 [2021年02月27日(Sat)]
最近になって、またIS(ISILに関するニュースが、増えてきている。IS(ISIL)
は実際に増えているのか、あるいは作戦が増えているのか、気になるところだ。このことに関してフランスのパーリー国防相は『彼らIS(ISIL)
は何らかの形でシリアとイラクに住み着いており、再び現れた』と語り、『彼らはIS(ISIL)
の最後の拠点であるユーフラテス川の渓谷地域に、潜伏している』とも語っている。

シリアの反体制派について、リークされた情報報告は、シリアの政権情報機関が、多数の将校やトレーナーと共に、IS
の幹部に浸透することが、出来たことを示している。グループは、もともとアルカ−イダに仕え、イランに住んでいた司令官に頼っていた。

昨年末の段階では、IS(ISIL)による攻撃はアレッポ、ハマ、ラッカなどに集中していた。そこで彼らは780
人のシリア軍兵士と、民兵を殺害している。これらの戦闘でIS(ISIL)側も、507人の戦闘員を失っている。

一説によれば、これまでIS(ISIL)が行なった作戦は、480回にも及び、民間人や戦闘員が、208人犠牲になっている。
シリアの反体制派メンバーである、ハレド・アル・マトラクは、『シリアの砂漠でのIS(ISIL
)の再登場は、グループが健在であり、反体制派の支配下にある地域で、5
人以下のメンバーとスリーパーセルのユニットを使用して、都市戦争の戦略に従って、活動していることを。明確に示している』と語っている。

これらの動きについて、シリアの野党メンバーは『ISは政権軍を標的にしているが、政権側はIS(ISIL
)の復帰の恩恵を、受けていると考えている。反体制派の軍事筋によると、シリアの情報機関は、グループの戦術を使用し、まだ政府の支配下にない地域に送るために、
IS(ISIL)の制服を着た軍隊を訓練した。」と語った。

反体制派勢力のイヤド・バラカトは、「クルド・ミリシアは、もはやこれらの収容所を守ることが、出来ないという名目で、シリア北東部のキャンプや拘置所から、多数の
IS戦闘員とその家族を釈放した。』と述べている。

IS(ISIL)に参加したドイツ人もいるが、ドイツ政府は彼らを引き取ることを拒否している。ドイツ人のIS(ISIL)メンバーの数は、25
人だと言うことだ。イギリスと同じで、IS(ISIL)のメンバーを自国に引き取ることは、安全上大問題だとドイツも、考えているのであろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 10:28 | この記事のURL
bU227 2月27日 『イギリス少女ISに加盟し国籍を失う』 [2021年02月27日(Sat)]
2019年イギリスの最高裁は、あるイギリス女性の国籍を、剥奪する判決を下した。彼女はイスラム国

に参加するために、女子高生としてシリアに行った、イギリス生まれの女性だ。彼女が安全保障上のリスクを引き起こすので、彼女の市民権を奪う政府に挑戦するために、イギリスに戻ることを許されるべきではない、と英国の最高裁判所は金曜日に判決を下した。

この女性はシャミマ・ベグム。彼女は15歳の少女の時に、2015年にロンドンを離れ、2
人の学校の友人とトルコ経由で、シリアに行ったのだ。そこにいる間、彼女はイスラム国の戦闘員と結婚している。彼女は3
人の子供を出産し、全員が幼児として死亡し、現在はシリアの拘禁キャンプに収容されている。

彼女は2019
年に国家安全保障上の理由で、英国市民権を剥奪された。金曜日の全会一致の最高裁判所判決は、彼女が市民権の決定に対して、公正な控訴を持つことができるように、彼女がイギリスに
戻ることを許可されなければならないという、昨年の控訴裁判所の決定を、覆されている。

彼女は現在、シリアのクルド人当局が運営する、ロジ・キャンプにいて、国連の権利専門家は、いまの彼女の立場は(
亜人」であると述べている。つまりイギリス人ではない、ということであろうか。

女子高生の段階でシリアに渡った彼女は、当時は、まだ子供であり、漫画の世界のヒロインになった気分、だったのであろうか。それがいまでは国籍を失うのだから、イギリスの法制度は、極めて厳しいということであろう。

もちろん、イギリス国民にしてみれば、彼女がIS(ISIL)の方針に従って教育され、完全に洗脳されている、という不安もあろう。彼女たちのような、
IS(ISIL)メンバーが帰国するということは、大きな不安と危険性を、伴っているということだ。
Posted by 佐々木 良昭 at 09:47 | この記事のURL
bU226 2月26日 『韓国からの連鎖は危険』 [2021年02月26日(Fri)]
;日本ー韓国―イラン



:日本ー韓国ーイランーシリア



:日本ー韓国ーイランーシリアーイスラエル



韓国が日本から購入したフッ化水素は、上記の様なルートで変化しながら、移動したのではないのか。そうだとすれば、極めて危険なものとなろう。
Posted by 佐々木 良昭 at 08:47 | この記事のURL
| 次へ