CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ASIAGAP/JGAP 日本GAP協会ブログ
« 2019年07月 | Main | 2019年09月 »
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
シンポジウム「GAP Japan 2019」東京大学で10月9日に開催![2019年08月15日(Thu)]
いつも大変お世話になります。
事務局長の荻野です。

毎年恒例となる日本GAP協会主催の日本最大級のGAPのシンポジウムが10月9日水曜日に開催されます。
本日より参加申込を開始しましたことをお知らせします!

≪「GAP Japan 2019 -日本のGAPの今がわかる- 」≫

■プログラムの概要と参加登録サイト

https://2019.jgap.asia/

■日時:2019年10月9日(水)13時から17時30分(懇親会は18時から)
■場所:東京大学 弥生講堂(東京都文京区弥生1-1-1 東京大学農学部内)

本シンポジウムには、昨年も多数の参加者にお集まり頂き、GAP普及の最新情報と日本のGAP普及のあり方等について大いに議論を致しました。

昨年のGAPJapan2018の資料はこちらに掲載されています。

http://jgap.jp/LB_06/GAP_Japan2018.html

<今年のプログラムの概要>
(1)ASIAGAPおよびJGAPの到達点と今後
(2)農林水産省のGAP普及推進施策の概要
(3)2020年以降の農と食に関するレガシー
  ・ 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた取組
  ・ ミニトーク:東京2020大会のレガシーと給食事業者としてのGAP活用の可能性
(4)GAP指導の最前線
  ・ JAにおける団体認証取得支援の取組
  ・ パネルディスカッション:GAP指導のノウハウと課題 〜良いGAP指導とは〜
(5)畜産に関する取組の最前線
(6)流通・消費サイドの最前線
(7)GAP普及大賞
※詳細は参加登録サイトからご覧下さい。これから次々と注目の登壇者が入ってきます。

ブログ読者の皆様には、ぜひとも10月9日に東京大学にお集まり頂きたいと思います。
心からお待ちしております!

■プログラムの概要と参加登録サイト(再掲)
(「参加登録」のボタンからお申込みフォームに入ります。)

https://2019.jgap.asia/

・参加費:一般 7,000円、会員・認証農場・指導員・審査員等 6,000円
・終了後の懇親会(5,000円)への参加もお待ちしております。
※参加費はお申込みフォームからの事前のお支払いをお願いしております。対応が難しい方は事務局までご連絡下さい。

===========================
【「GAP普及大賞」募集のお知らせ】

毎年恒例の「GAP普及大賞」の募集を行っています。上記「GAP Japan 2019」にて大賞受賞者の表彰式と記念講演も行います。

詳しくは募集要項を参照ください。応募をお待ちしております。

http://jgap.jp/LB_06/gap_fukyu_taisho2019.html
===========================

--------------------------------------------------------------
日本GAP協会のメールマガジン(無料)を
読んでみよう!

日本GAP協会のホームページを見てみよう!
--------------------------------------------------------------
















Posted by 日本GAP協会 at 11:00 | この記事のURL | コメント(0)
「施肥技術講習会」と「リスク評価研修」のご紹介[2019年08月09日(Fri)]
いつも大変お世話になっております。
事務局長の荻野です。

◆第27回施肥技術講習会◆

日本GAP協会の会員である全国肥料商連合会は、環境、資源、健康を考えた土と施肥の新知識を得ることができる施肥技術講習会を開催しています。日本GAP協会の会員、指導員、審査員も受講が可能です。

JGAP/ASIAGAP基準書の管理点「11.3肥料管理の責任者」では、肥料管理の責任者が知識を向上させるための取組例として、施肥技術マイスターの資格があげられています(ASIAGAPは別冊の解説書に記載しています)。

今回は装いを新たにした、基礎と実学混合コースの初回となります。開催会場は岡山です。

□日程:2019年8月28日(水)から29日(木)
□会場:岡山コンベンションセンター 4階405会議室
□講習会の詳しい内容と申込書
・下記の募集要項をダウンロードし、3ページ目の様式を使ってお申込み下さい。
・締切が8月16日(金)に延長されていますのでお気を付け下さい。
※申込の際「日本GAP協会の会員、指導員、審査員」である旨を書き添えて下さい。

http://jgap.jp/JGAP_News/27th_zenpi_sehigijutu_moushikomi.docx

・今回の研修の概要、受講コース変更の説明、講義スケジュール表

http://jgap.jp/JGAP_News/27th_zenpi_sehigijutu.pdf


◆ケーススタディで学ぶリスク評価研修◆

S&Sサーティフィケーション鰍フ実施する、JGAP指導員資格更新予定の方にお勧めの特別研修「ケーススタディで学ぶリスク評価研修」をご紹介します。

これまでの受講者の皆様から
・2日間の研修では時間が足りない、
・もっとリスク評価を学びたい などのご要望をいただき、
2019年6月から「ケーススタディで学ぶリスク評価研修」を開催しています。

「リスク評価」は基礎研修でもワークショップを通じて習得いただきましたが、この研修では、より深く「リスクとは何か」、「何をどこまでやったらよいのか?」の考え方を習得する研修です。

指導員としてよりレベルアップしたい、より質の高いリスク管理を検討したい方には最適の研修です。なお、本研修は「ASIAGAP 指導員」、「JGAP 指導員(農産物)」資格が更新できます。

<年内実施のリスク評価研修の予定>
2019年8月22日(木)【福岡開催】福岡商工会議所 B1-b会議室
2019年8月30日(金)【大阪開催】ドーンセンター 大会議室3
2019年9月13日(金)【東京開催】明治薬科大学剛堂会館 第一会議室
2019年11月22日(金)(予定)【大阪開催】ドーンセンター 大会議室2
2019年12月6日(金)(予定)【北海道開催】道民活動センター920会議室
2019年12月26日(木)(予定)【福岡開催】福岡商工会議所 B1-a会議室

□お申し込みは、下記よりお願いいたします。

http://jgap.jp/navi_03/kenshu_schedule.html#tokubetsu_kenshu


===========================
【「GAP普及大賞」募集のお知らせ】

毎年恒例の「GAP普及大賞」の募集を開始しています。シンポジウム「GAP Japan 2019」(10月9日(水)、東京大学弥生講堂)にて、大賞受賞者の表彰式と記念講演も行います。

詳しくは募集要項を参照ください。応募をお待ちしております。

http://jgap.jp/LB_06/gap_fukyu_taisho2019.html

※GAPJapanの参加申込は来週、開始する予定です。
===========================

--------------------------------------------------------------
日本GAP協会のメールマガジン(無料)を
読んでみよう!

日本GAP協会のホームページを見てみよう!
--------------------------------------------------------------
















Posted by 日本GAP協会 at 17:30 | この記事のURL | コメント(0)
IPM実践のための技術情報と、団体認証研修会のご紹介[2019年08月01日(Thu)]
いつも大変お世話になっております。
事務局長の荻野です。
今回はIPMの実践に資する技術情報と、団体認証現地研修会のご紹介をいたします。

■果菜類におけるIPM実践のための技術情報の提供

気温が上昇し始め病害虫の防除が重要な時期になってきました。
ASIAGAPおよびJGAP基準書では、IPMの実践(管理点24.1.1)は必須となっており、その実践はとても重要です。そこで今回はこの管理点の達成を手助けする方法を紹介します。

野菜の害虫防除において、IPMの実施のために天敵(生物農薬)を活用している農場も多いと思います。また、トマト、イチゴ等の受粉作業にマルハナバチ類、ミツバチ等の訪花昆虫の活用も一般的となっています。
しかし、化学農薬による害虫防除はこれら天敵及び訪花昆虫の活動に影響を与える場合があり、使用には細心の注意が必要とともに化学農薬の詳細な知識が必要となります。
これらの問題に対して、比較的多くの害虫に効果を長く発揮し、しかも天敵、訪花昆虫への影響が少ない薬剤の選択が重要となります。

日本GAP協会の会員であるエフエムシー・ケミカルズ株式会社は、ミツバチ・マルハナバチ、および天敵への影響という観点からIPMに適合した薬剤のご提案をしています。是非ご覧下さい。

ミツバチ・マルハナバチ及び天敵類への影響

http://www.fmc-japan.com/IPM-JGAP


■団体認証現地研修会開催のお知らせ(GAP関連運動推進事業)

一般社団法人全国農業改良普及支援協会では、平成30年度にGAP関連運動推進事業において、GAPの実施及び認証取得にあたっての課題を調査し、GAPの理解度向上に向けた啓発資料を作成し、その資料を用いて農業者及びGAP指導員等を対象とした研修会を各地で実施しました。

この事業を実施する中で、団体認証の必要性及び団体認証に向けた取組の課題等が多く指摘されたことから、今年度は団体認証の取組を加速化させるため、団体認証の取組に精通した方、団体認証を取得した団体事務局の方々等に参加いただき、行政関係者、JA関係者、団体事務局等を参集範囲とした現地研修を開催することとなりましたので、ご紹介します。

<開催日程、場所 >
(1)8月21日(水) 静岡(茶) 静岡県産業経済会館 特別会議室
(2)9月中旬 福島(青果物) (準備中)
(3)10月中下旬 新潟(米) (準備中)
※いずれも時間は13:30〜16:30を予定(研修内容等により変更あり)

研修内容の詳細とお申し込みは下記よりどうぞ。

https://www.jadea.org/news/news-20190724.htm


===========================
【「GAP普及大賞」募集のお知らせ】

毎年恒例の「GAP普及大賞」の募集を開始しています。シンポジウム「GAP Japan 2019」(10月9日(水)、東京大学弥生講堂)にて、大賞受賞者の表彰式と記念講演も行います。

詳しくは募集要項を参照ください。応募をお待ちしております。

http://jgap.jp/LB_06/gap_fukyu_taisho2019.html
===========================

--------------------------------------------------------------
日本GAP協会のメールマガジン(無料)を
読んでみよう!

日本GAP協会のホームページを見てみよう!
--------------------------------------------------------------
















Posted by 日本GAP協会 at 16:00 | この記事のURL | コメント(0)
プロフィール

日本GAP協会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/jgap/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jgap/index2_0.xml