CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ASIAGAP/JGAP 日本GAP協会ブログ
« 2019年04月 | Main | 2019年06月 »
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
指導員現地研修のご紹介と、指導員数の公表について[2019年05月31日(Fri)]
いつも大変お世話になります。
事務局長の荻野です。

■JGAP/ASIAGAP指導員現地研修のご紹介■

JGAP/ASIAGAP研修は全国各地で開催されています。
今回は、座学だけでは身につかないGAPの現地指導のノウハウを学ぶことができる「JGAP/ASIAGAP指導員現地研修」をご紹介します。GAP総合研究所はこの研修に力を入れており、次のような特長があります。

<GAP総合研究所の指導員現地研修の内容>
★JGAP認証とASIAGAP認証の両方を持つ農場で研修するため、JGAPとASIAGAPの差分について、わかりやすく学べる。

★GAP総合研究所が研修用農場として契約している農業生産法人で現地研修を行うため、農場の中でたっぷり時間をかけて学ぶことができる。

★実際の農場で行うため、日々使われているマニュアル・帳票・記録・動いている現場をすべて見る事ができる。

★研修用にわざと不適合な部分を準備し、それを改善していくワークショップがカリキュラムに組み込まれており、GAP指導の疑似体験ができる。

★「農場のリスク」の考え方と解決方法にポイントを置き、他の農場指導にも応用できるようにカリキュラムが組まれている。

★原則、農場内のすべてについて写真撮影可

□概要・申込は下記をご覧下さい。もちろん指導員資格の更新ができます。

http://jgap.jp/navi_03/kenshu_schedule.html#genchikenshu

近日の開講予定は、2019年6月10日、7月8日です。


■指導員数の公表について■

今年よりASIAGAP/JGAP指導員数の詳細なデータを公表することとしました。日本GAP協会が登録するASIAGAP/JGAP指導員は全国で12,501名となりました。2019年3月末の全国と都道府県別の数値を掲載しましたので、ご覧下さい。

http://jgap.jp/shidouin_kensaku/shidouin_kensaku.html#shidouin_su

(注)ASIAGAP/JGAP指導員の登録有効期限は2年であり研修の受講により付与・延長されますので、指導員数は研修を受講し登録を維持頂いている方の数となります。


===========================
【JGAP/ASIAGAP研修のお知らせ】

日本GAP協会の公認研修は下記よりご覧下さい。

http://jgap.jp/navi_03/kenshu_schedule.html

詳細は、研修を主催する各研修機関にお問い合わせください。
===========================

--------------------------------------------------------------
日本GAP協会のメールマガジン(無料)を
読んでみよう!

日本GAP協会のホームページを見てみよう!
--------------------------------------------------------------
















Posted by 日本GAP協会 at 10:00 | この記事のURL | コメント(0)
GAPJapanの開催日決定と、GAP認証取得等支援事業などのお知らせ[2019年05月27日(Mon)]
いつも大変お世話になっております。
事務局長の荻野です。

■GAP Japan 2019の開催日が決定しました!■

毎年恒例の日本GAP協会主催のシンポジウム「GAP Japan 2019」の今年の開催日が10月9日に決定しましたので、ブログ読書の皆様にいち早くお知らせします。

□日時:2019年10月9日(水)13時から17時30分(懇親会は18時から)(時間は予定)
□場所:東京大学 弥生講堂(東京都文京区弥生1-1-1 東京大学農学部内)
□申込受付や開催内容等は、8月中旬頃にお知らせする予定です。

ブログ読者の皆様には、10月9日に東京大学にお集まり頂けるよう日程の確保をお願いします!

昨年のGAPJapan2018の資料はこちらに掲載されています。

http://jgap.jp/LB_06/GAP_Japan2018.html


■有機JAS・GAP認証取得等支援事業、GAP認証審査員育成支援事業の公募のお知らせ■

□有機JAS・GAP認証取得等支援事業
本事業では、ASIAGAPおよびGLOBALG.A.P.の取得等の取組を行う事業実施者において、GAP認証取得に向けた審査費用、研修指導、環境整備等の費用への支援を受けることができます。

募集の詳細と応募ページへのリンク(事業実施主体:一般社団法人全国農業改良普及支援協会)
 ↓
https://www.jadea.org/news/news-20190410-1.htm

□GAP認証審査員育成支援事業
本事業では、GAP認証の審査員候補者において、GAP認証審査員となるために必要な研修の受講、研修受講にかかる旅費等への支援を受けることができます。

募集の詳細と応募ページへのリンク(事業実施主体:一般社団法人全国農業改良普及支援協会)
 ↓
https://www.jadea.org/news/news-20190410-2.htm

□募集期間
 令和元年5月17日〜令和元年6月17日
両事業とも事業実施主体は全国農業改良普及支援協会となります。上記のリンクから事業の概要や支援内容をよく確認頂き、所定の様式に基づいて申請を行って下さい。


===========================
【JGAP/ASIAGAP研修のお知らせ】

日本GAP協会の公認研修は下記よりご覧下さい。

http://jgap.jp/navi_03/kenshu_schedule.html

詳細は、研修を主催する各研修機関にお問い合わせください。
===========================

--------------------------------------------------------------
日本GAP協会のメールマガジン(無料)を
読んでみよう!

日本GAP協会のホームページを見てみよう!
--------------------------------------------------------------
















Posted by 日本GAP協会 at 15:00 | この記事のURL | コメント(0)
ASIAGAPおよびJGAPの2019年3月末時点の認証状況[2019年05月24日(Fri)]
いつも大変お世話になります。
事務局長の荻野です。

2019年3月末時点でのJGAPおよびASIAGAPの認証状況がまとまりましたので、ご報告します。
認証数は1,185、認証農場数は4,735となりました。

■前年に比べ、認証数は321件の増加(864→1,185)と、過去最高の増加数となり、1,000認証を大きく超えました。
認証農場数も高齢化等により所属する農場数が減少した団体などがあったものの、522農場の増加(4,213→4,735)となりました。
(認証数と認証農場数の違いの説明は下記の注をご覧下さい)

また、ASIAGAP/JGAPの内訳は、ASIAGAPが306認証、1,872農場、JGAPが879認証、2,863農場となっています。
なお、昨年より家畜・畜産物の認証数、農場数が加わっています。

■日本GAP協会のウェブサイトには、青果物、穀物などの品目別、個別と団体別、都道府県別の認証数など詳細なデータを昨年に続き掲載しました。ご関心のある方は是非ご覧下さい。
(↓認証農場数等の詳細情報のページ)
http://jgap.jp/noujo_kensaku/index.html#noujo_su_suii

■また、認証の情報は日本GAP協会ウェブサイトから個々に検索することもできます。
検索のオプションは、ASIAGAP/JGAP、都道府県、品目名などが指定できます。こちらではその時点での最新の情報をご覧意頂けます。
団体認証の場合は、所属農場数の欄に団体に所属している農場数が表示されます。
(↓認証農場検索のページ)
http://jgap.jp/noujo_kensaku/ninsho_kensaku2.html

今後もASIAGAP/JGAPの動向にご注目下さい!


★注:認証数と認証農場数の違いについて
その理由は団体認証があるからです。団体認証の場合は、審査の単位となる認証数は1件でも所属農場数は複数となり、認証農場数にカウントされます。
団体認証の審査の場においては、団体事務局と、サンプリングにより抽出された所属農場が審査されます。


===========================
【JGAP/ASIAGAP研修のお知らせ】

日本GAP協会の公認研修は下記よりご覧下さい。

http://jgap.jp/navi_03/kenshu_schedule.html

詳細は、研修を主催する各研修機関にお問い合わせください。
===========================

--------------------------------------------------------------
日本GAP協会のメールマガジン(無料)を
読んでみよう!

日本GAP協会のホームページを見てみよう!
--------------------------------------------------------------
















Posted by 日本GAP協会 at 15:30 | この記事のURL | コメント(0)
GAP認証食材のレストラン「グランイート」と、新たな研修のご紹介[2019年05月17日(Fri)]
いつも大変お世話になっております。
事務局長の荻野です。

3月に開店し話題を集めているGAP認証食材のビュッフェレストラン「グランイート銀座」と、リスク評価に焦点を当てた新たな特別研修についてご紹介します。

■ビュッフェレストラン「グランイート銀座」■

消費者のGAP認知度を高めることなどを目的としたGAP認証食材を活用したビュッフェレストラン「グランイート銀座」が3月より東京・銀座にオープンしています。全国100以上のGAP認証農場が食材を提案しているとのことで、素材を活かしたカラフルな料理が提供されています。

多種多様なGAP認証食材を味わうことが出来ますので、皆さんの知る認証農場の食材も提供されているかもしれません。有楽町の駅からすぐの場所にあります。是非ご注目下さい!

□グランイート銀座 公式ホームページ

http://www.gran-eat.jp/

□食材の提案フォームはこちらに掲載されています

https://asiagap.jp/graneat/index.html


■ケーススタディで学ぶリスク評価研修■

日本GAP協会公認の特別研修として、新たに「ケーススタディで学ぶリスク評価研修」を実施することとなりました。この研修は、GAPの中心的な考え方であるリスク評価をより理解したい方向けの研修です。

「リスクとは何か?」、「何をどこまでやったらよいのか?」そんな疑問をお持ちの方に最適です。この研修は「JGAP指導員(農産物)」、「ASIAGAP指導員(農産物)」資格の更新に活用できます。

□ケーススタディで学ぶリスク評価研修の開催予定(研修実施機関:S&Sサーティフィケーション(株))
 ↓
http://jgap.jp/navi_03/kenshu_schedule.html#tokubetsu_kenshu


===========================
【JGAP/ASIAGAP研修のお知らせ】

日本GAP協会の公認研修は下記よりご覧下さい。

http://jgap.jp/navi_03/kenshu_schedule.html

詳細は、研修を主催する各研修機関にお問い合わせください。
===========================
--------------------------------------------------------------
日本GAP協会のメールマガジン(無料)を
読んでみよう!

日本GAP協会のホームページを見てみよう!
--------------------------------------------------------------
















Posted by 日本GAP協会 at 09:30 | この記事のURL | コメント(0)
野菜苗の定植に役立つわかりやすく簡単な灌注処理方法のご紹介[2019年05月15日(Wed)]
いつも大変お世話になっております。
事務局長の荻野です。

野菜苗(ねぎや果菜類)を定植する時期となりました。

ASIAGAPおよびJGAP基準書では、ドリフト加害の防止(管理点24.5.2)およびIPMの実践(管理点24.1.1)は必須となっており、その実践はとても重要です。そこで今回は両管理点の達成を手助けする方法を紹介します。

定植前の苗への灌注処理は散布と異なり、薬液が周辺作物へ飛散しにくいためドリフト加害の防止に繋がります。
さらに、灌注処理ができる薬剤は作物の根からの吸収移行性に優れ、作物全体に行きわたり、長期間効果を示します。

加えて定植後の残効の長さにより、その後の農薬の散布回数を減らし、IPMの実践(病害虫・雑草の発生状況に基く必要最低限の農薬散布)に繋がります。

また、定植前の防除に灌注処理を導入すれば、立ったままの姿勢でまとめて苗の上からジョウロで処理できるため、粒剤処理に比べて防除作業の負担が大幅に軽減されます。

日本GAP協会の会員であるエフエムシー・ケミカルズ株式会社が、わかりやすい灌注処理方法を紹介しています。
是非ご覧下さい。

灌注処理方法が身体への負担軽減、薬剤処理時間の短縮に貢献します。(果菜類、ねぎ生産者様向け)

http://www.fmc-japan.com/Use-case/%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AFSC%E5%AE%9A%E6%A4%8D%E5%89%8D%E7%81%8C%E6%B3%A8%E5%87%A6%E7%90%86

あなたもラクな灌注処理にしてみませんか? (ねぎ生産者様向け)

http://www.fmc-japan.com/Portals/FMCJapan/library%20PDF/verimark_8.pdf


===========================
【JGAP/ASIAGAP研修のお知らせ】

日本GAP協会の公認研修は下記よりご覧下さい。

http://jgap.jp/navi_03/kenshu_schedule.html

詳細は、研修を主催する各研修機関にお問い合わせください。
===========================
--------------------------------------------------------------
日本GAP協会のメールマガジン(無料)を
読んでみよう!

日本GAP協会のホームページを見てみよう!
--------------------------------------------------------------
















Posted by 日本GAP協会 at 09:30 | この記事のURL | コメント(0)
プロフィール

日本GAP協会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/jgap/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jgap/index2_0.xml