CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ASIAGAP/JGAP 日本GAP協会ブログ
« 日本GAP協会と台湾・嘉義県がMOU覚書を締結 | Main | 「肥料が未来に果たす役割を知る」 全国肥料商連合会からの新刊書と講習会のご案内 »
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
デュポン適正農薬使用講座「果菜・葉菜の育苗の仕上げを灌注処理で行う」[2015年04月06日(Mon)]
いつも大変お世話になります。
事務局長の荻野です。

種苗の品質管理を適切に行うことは、JGAP基準(4.4 種苗・種菌の選択と管理)でも規定されている通り、とても重要です。

苗半作とも言われる通り、種苗の品質管理を適切に行って、良い状態の苗を本圃へ定植する事は、その後の健全な生育のためにとても大切なことです。
野菜栽培における効率的な灌注処理という新技術の仕組みとその効果をご紹介します。

灌注処理は、周辺作へドリフトするリスクを低くすることができます。
生育期の茎葉散布の回数削減も期待できます。

日本GAP協会の会員企業であるデュポン株式会社が、灌注処理について解説しています。
とても参考になる内容です。ぜひご覧ください。

■デュポン適正農薬使用講座「果菜・葉菜の育苗の仕上げを灌注処理で行う」


--------------------------------------------------------------
日本GAP協会は、日本農業を応援しています。
新しい農場管理の手法であるGAPを活用し、魅力的な農場を
共に創ります。

--------------------------------------------------------------
*日本GAP協会のブログは、転載自由です。
ただし、転載元が、日本GAP協会のブログであることを
記載してください。

--------------------------------------------------------------
日本GAP協会 JGAPのメールマガジン(無料)を
読んでみよう!

日本GAP協会のホームページを見てみよう!

>>JGAPの研修スケジュールはこちら

--------------------------------------------------------------


















Posted by 日本GAP協会 at 10:00 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/jgap/archive/434
コメントする
コメント
プロフィール

日本GAP協会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/jgap/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jgap/index2_0.xml