CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ASIAGAP/JGAP 日本GAP協会ブログ
« 日本のJGAP認証農場が、台湾で生産し始めると何が起こるか? | Main | 限界集落株式会社 NHKで1月31日夜9時スタート »
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
<要注意>農薬の短期暴露評価が追加されることにともない、農薬残留基準値の見直しが行われています[2015年01月26日(Mon)]
いつも大変お世話になります。

農薬の短期暴露評価が追加されることにともない、農薬残留基準値の見直しが行われています。
その結果を先取りする形として、農林水産省からの要請に基づき、いくつかの農薬の使用基準が大幅に変更になっています。

現在までに公表されている薬剤名は以下のものです。
・アセフェート(H26.9.11)商品名:オルトラン、ジェイエースなど(殺虫剤)
・フェナリモル(H26.11.7)商品名:ルビゲン、スペックスなど(殺菌剤)
・NAC(H26.11.7)商品名:デナポン、ミクロデナポンなど(殺虫剤)
・フルバリネート(H26.11.7)商品名:マブリックなど(殺虫剤)
・カルボスルファン(H26.11.21)商品名:ガゼット、アドバンテージなど(殺虫剤)
・ベンフラカルブ(H26.11.21)商品名:オンコル、ジャッジなど(殺虫剤)

この見直し作業は今後も続くと予想され、最新の情報は関係行政機関、農薬メーカーなどから逐次出される予定ですので、それらの情報収集が必要です。

詳しくは、下記のJGAP技術文書をご覧ください。

■JGAP技術レター 2014年12月

*JGAP技術レターのバックナンバーはこちら


-------------------------------------------------------
日本GAP協会は、日本農業を応援しています。
新しい農場管理の手法であるGAPを活用し、魅力的な農場を共に創ります。
-------------------------------------------------------

*日本GAP協会のブログは、転載自由です。
ただし、転載元が、日本GAP協会のブログであることを記載してください。

-------------------------------------------------------

日本GAP協会 JGAPのメールマガジン(無料)を読んでみよう!

日本GAP協会のホームページを見てみよう!

>>JGAPの研修スケジュールはこちら

-------------------------------------------------------


















Posted by 日本GAP協会 at 12:00 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/jgap/archive/425
コメントする
コメント
プロフィール

日本GAP協会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/jgap/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jgap/index2_0.xml