CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ASIAGAP/JGAP 日本GAP協会ブログ
« 祝! 静岡県茶業会議所「T-GAP」がJGAP同等性認証を取得しました! | Main | 日本農業経営大学校の学生募集について »
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
<最終のご案内>1月16日 講演会「日本とEU −直接支払制度と環境支払制度とGAP−」[2014年01月08日(Wed)]
事務局長の武田です。

EUの農家はみんなGAPをやっている。
だから日本の農家もみんな、当たり前のこととしてGLOBALGAP認証に取り組むべきだ。

こういうことを講演などで言っているGAPのコンサルタントがいます。
本当なのか?

EUでは行政はGAPにどうかかわっているのか?
EUの農家はGAPをどう見ているのか?

日本では、”GAPと呼ばれているもの”について情報が錯そうしており、それが日本のGAP普及の軸足が定まらない最大の原因であると思います。

GAP普及の公益団体である日本GAP協会として、日本とEUで“GAPと呼ばれているもの”を改めて整理する機会を作りたいと考え、このたびの講演会を企画しました。

今回の講演会で上記の疑問、すべて解決するはずです。
ぜひ、ご参加ください。


■講演会「日本とEU −直接支払制度と環境支払制度とGAP−」

★基調講演:「EUの直接支払制度・環境支払制度とクロスコンプライアンス/GAP」
学習院女子大学 荘林幹太郎・教授
経歴:1982年に農林省入省。その後、世界銀行、OECD食糧農業水産局などを経て現職

★講演:「日本型直接支払制度(多面的機能支払)と環境保全型農業直接支払 最新動向」
講演者 農林水産省

★パネルディスカッション:「日本の農業環境政策とGAPの方向性」
登壇者を中心に参加者の皆さんと質疑応答・議論します。

・日時:2014年1月16日 16時00分から17時45分
(同日13時より、同会場で日本GAP協会臨時総会も開催されます)

・千代田放送会館(千代田区紀尾井町1-1 TEL:03-5210-4306)

★講演会終了後18時から同会場にて懇親会を行います。
あわせてご参加ください。

★その他、詳細・講演会パンフレット

★参加申込書

担当:日本GAP協会 佐藤・稲毛 03−5215−1112


-------------------------------------------------------
日本GAP協会は、日本農業を応援しています。
新しい農場管理の手法であるGAPを活用し、魅力的な農場を共に創ります。
-------------------------------------------------------

*日本GAP協会のブログは、転載自由です。
ただし、転載元が、日本GAP協会のブログであることを記載してください。

-------------------------------------------------------

日本GAP協会 JGAPのメールマガジン(無料)を読んでみよう!

日本GAP協会のホームページを見てみよう!

>>JGAPの研修スケジュールはこちら

-------------------------------------------------------




















Posted by 日本GAP協会 at 08:30 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/jgap/archive/358
コメントする
コメント
プロフィール

日本GAP協会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/jgap/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jgap/index2_0.xml