CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ASIAGAP/JGAP 日本GAP協会ブログ
« JGAPが、グリーン購入大賞の候補にノミネートされました! | Main | 全国の農水産業者と都市の子供たちを結ぶ、東京都内唯一のイベント「ファーマーズ&キッズフェスタ」へ出展しませんか »
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
広島県産のシイタケから、なぜ放射能の基準値違反が起きるのか?[2012年08月17日(Fri)]
事務局長の武田です。

8月2日に新聞等で発表になりましたが、広島県産のシイタケで放射能の基準違反が起きました。

■時事通信 記事


なぜ原発事故から1,000km以上も離れた広島県で、このような問題が起きるのでしょうか。

原因は、シイタケを栽培する時に使う原木です。
原木や菌床は広域に流通しがちな資材ですが、これに含まれた放射性物質がシイタケに移行しました。

現時点においては、シイタケで放射能の基準違反を起こす原因は100%が原木由来と言って間違いありません。
逆に言うと、原木の管理さえしっかりできていれば、防げます。

空中を浮遊している放射性セシウムが原因だと勘違いし(今はほぼゼロです)、原木の管理はろくにしないで「ハウスの中で栽培しているから安全です」なんてことを言うキノコ農家が時々いるのでビックリです。


2011年8月の段階で、JGAPにはキノコ栽培の原木の放射能を確認するよう基準が設けられました。

■JGAP基準書

また昨年10月から、日本GAP協会会員やJGAP認証農場に対しては、日本GAP協会の事務局から何度も「原木を管理すべし」とアラート情報を流してきました。キノコの生産工程管理で原木の汚染に着目するよう、伝えてきました。


今回のシイタケの問題は、まさにGAPの考え方でしか防げない食品事故です。

一度、流通してしまったシイタケを、検査でひっかけて止めていくのは不可能です。
流通経路の組み合わせは無限にあり、いくら検査してもカバーしきれません。
一方で農家数は有限です。
農家が原木にさえ気を配っていれば、今回のような食品事故は防げます。


誰でも経営者であれば、安い資材(原木・菌床)に手が伸びるものです。
しかし、農家は食品を生産している立場ですから、最低限の押さえるべき品質管理のポイントがあるはずです。

最低限の押さえるべき品質管理のポイント=これがJGAPです。


日本中のシイタケ農家にJGAPの活用を、強く、強く、お勧めします。

「環境保全や労働安全も含んでいるJGAPは項目が多くて、いきなりは無理だ」というのならば、放射能検査プログラムにだけでも参加することをお勧めしたい。

日本中のシイタケで、無用な風評被害を生まないために。

ちゃんと真面目に管理しているキノコ農家を正しく評価するために。


-------------------------------------------------------------------------
日本GAP協会は、日本農業を応援しています。
新しい農場管理の手法であるGAPを活用し、魅力的な農場を共に創ります。
-------------------------------------------------------------------------

*日本GAP協会のブログは、転載自由です。
ただし、転載元が、日本GAP協会のブログであることを記載してください。

-------------------------------------------------------------------------

日本GAP協会 JGAPのメールマガジン(無料)を読んでみよう!

日本GAP協会のホームページを見てみよう!

>>JGAPの研修スケジュールはこちら

-------------------------------------------------------------------------




















タグ:JGAP GAP 放射能
Posted by 日本GAP協会 at 06:00 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/jgap/archive/239
コメントする
コメント
プロフィール

日本GAP協会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/jgap/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jgap/index2_0.xml