• もっと見る

2024年02月10日

【役員コラム】「大きな木が環境を育てる」 協会理事 鈴木 友よ

                   理事・森林セルフケアコーディネーター 鈴木 友よ
「大きな木が環境を育てる」

 森林セルフケアを開催するとき、大きな木のそばで行うことが多いのですが、
大きな木のそばって、それだけで安心感を得ますよね・・

 樹木が放つ精油成分(フィトンチッド)や、葉が風に揺らいだりすることでもたらされる癒しの効果についてはご存じの通りですが、今回は大木たちが作ってくれる環境についてフォーカスしたいと思います。

 NPO法人 地球守発行「地球守の自然読本A街の木を守る 街の木に守られる」から一部抜粋、要約します。
鈴木 写真1.jpg

 「シイ、カシなどの高木樹種は、深くのびる根、その根と共生して土中に広がる菌糸によって深いところの水脈と繋がり、水と空気が滞りなく動く環境をつくります。

 その中では、たくさんの土中生物によって豊かな生態系が形成されていきます。
「土」が育つとともに「木」が育ち、単木であっても「杜」の力を持つ大木となるのです。」

 「夏、大木のそばに立つと心地よいのは、木陰のためだけではなく、根から吸い上げる水を気化して葉から放出する「蒸散」が活発になり、気化熱により冷却してくれるからです。」

鈴木 写真2.jpg

鈴木 写真3.jpg

 樹高10mの健康な高木は、夏の1日になんと、190リットル(ドラム缶一本)の水を蒸散するとのことです。
土の中の18℃付近で年中一定の空気を循環することにも役立っています。

 このごろは街の樹木は中低木のものが好まれるようですが、大きな木を植えてきた先人の知恵を思い出して、樹木を「景観」ではなく、「環境」としてとらえる視点を持ち続けたいですね。
人もその環境の大切な一員として共生させていただいているのだという、謙虚な視点が大切なのでは、と。

 森林セルフケアで行われることのある、アーシングや地面に寝転ぶ際など、地面の下の環境(土中環境)に意識を向けてみてはいかがでしょうか?

posted by 田川 at 14:43| 役員コラム

【書籍の紹介】森林セルフケアコーディネーター 牛山 真由美

                     森林セルフケアコーディネーター  牛山真由美
《スイッチ・オンの生き方》
   致知出版社 村上和雄(むらかみ かずお)著作
筑波大学応用生物化学系教授だった方で、長年遺伝子の研究をされた方の本です。

牛山さん写真.jpg

 私たち、人間の体は一人約60兆個の細胞の集まりです。その60兆個の細胞が見事に調和してそれぞれ自律的な生命を営みながら、互いに助け合って組織を作り、臓器を作って個体を生かしています。これは、科学の原理を超えた、生命の奇跡といってもいい出来事です。
なぜそんなことができるのか?それは、それを可能にするための情報が体内に存在しているからです。
 その情報の源が、遺伝子です。私たち人間が持っている遺伝情報は、1ページ千文字で千ページある百科事典3200冊分にも匹敵するとうわれるほど膨大です。
そんな人間の遺伝子ですが猿と人間の遺伝子はほとんど同じで3.9%しか遺伝子の情報は違わないそうです。
 そして人間同士の遺伝情報は99.5%同じなのだそうです。
ノーベル賞をもらう天才と普通の人を比べると、わずか0.5%の差しかない。遺伝情報のレベルで見れば人間は99.5%同じだということです。
 では能力の差はどこからでてくるのでしょうか?
一個の細胞の中の遺伝子は、目覚めていて機能する部分と眠っていて機能しない部分があります。けれど眠っている遺伝子が永久的に眠っているかといえばそうではないし、目覚めて機能している遺伝子が死ぬまで働き続けるかというとそうでもありません。
 遺伝子の機能は、電灯のスイッチのように、つけたり消したりできるのです。
眠っている遺伝子のスイッチをオンにできれば、私たちが「こうあってほしい」と望むようなことは、ほぼ100%可能といっていいと思います、科学的にみた可能性の限界など、全く意味がありません。人間の想像をはるかに超えた情報が、遺伝子には書き込まれているのです。
 能力の差は、心のありようや環境などによって生じます。
人との出会いや環境の変化によって、眠れる遺伝子のスイッチがオンになるとき、人は生きながらにして生まれ変わることができるのです。
 自分にとって好ましい遺伝子のスイッチをオンにして働いてもらい、好ましくない遺伝子はオフにして眠らせる。生活習慣や考え方を意識的に変えて、遺伝子の能力を自分でコントロールすればよいのです。

 遺伝子をONにするには?
@ どんな時も明るく前向きに生きる
A 思い切って今の環境を変えてみる
B 人との出会い、機会との遭遇を大切にする
C 感動する
D 感謝する
E 世のため、人のためを考えていきる
 そして自分を信じて生きる。
遺伝子の暗号でみれば、人間として生まれている限り、頭脳の高低はありません。
それは遺伝子が眠っているか起きているかの違いだけです。
どこまでもやり続ける。
 一旦始めたら、どこまでもやり続けることです。疑いの念を抱いたりせず、愚鈍でも泥臭くてもいいから、一途に思い込んでバカみたいな単純さでやり続ける。
心が幸せな時、遺伝子はオンになっている。
講義と漫才の前後に血糖値を測定し、両者を比較すると
講義の後の血糖値は血液100ミリあたり平均123mgも上昇
漫才で大笑いした後の血糖値は平均77mgしか増えていなかった。
これは、笑いによって血糖値の上昇が抑えられた。という事を
あらわしている。

 成長し続ける人生
人間に生まれたことが奇跡的な事だし、それだけで十分に価値がある。
そして人間の可能性は無限です。
だからどんな人でも、いくつになっても、人間は成長できる(遺伝子のスイッチを
ONにできる)と私は信じています。

 最後に村上和雄先生の思いを掲載させていただきます。
私は、長い研究生活の結論として『思い』が遺伝子の働きを変えると、確信するようになりました。私たちの身体には、多くの遺伝子が眠っております。これらの遺伝子が感動・喜び・笑いなどによっていきいきわくわくすれば目を覚ますと考えられます。
このことが証明できれば、心と身体の関係が遺伝子のオンとオフで説明できる突破口となります。
さらにこの研究で『心の持ち方によって、眠れる良い遺伝子を目覚めさせること』を示せば、この成果は将来の教育や良い生き方に新しい視点を導入できます。今の日本は元気がありません。
それは、良い遺伝子が眠っている状態にあるからだと考えられます。21世紀は日本の出番が来ると私は思っています。

 私も皆さんもそうであるように、様々な試練がありましたが、その試練により
アロマに出会ったり、日本森林療法協会にも出会い、発酵食に出会ったり
いろんな方とのご縁があり、今があります。その試練に今では感謝しております。

 また村上先生の“『思い』が遺伝子の働きを変えること“ は共感できるところです。
もう還暦を迎えていますが、いくつになっても成長ができる(遺伝子がオンになる)
ように自分の可能性を信じて生きていければと思います。

   
posted by 田川 at 14:36| オススメ書籍のご紹介

森での活動を通して 〜親子で森に〜

                                森林セルフケアサポーター     
                                       佐々潤子

 一年を通して太陽の昇る位置の変化や四季の移り変わりを常に感じられる、そんな自然豊かな岐阜県の山間部に暮らしています。そんな自然豊かな地域に暮らしていても、意識的に森に入ったり自然を感じ触れ合う時間を作って生活している大人や子どもは、ほんの一握りではないでしょうか。

 私は、我が子が通う森のようちえんのスタッフをしていて、普段子どもや仲間と森で活動をする機会が多いのですが、やはり意識して森に入たり自然を感じることと、ただ山や森に囲まれて眺めて暮らすこととは大きな違いがあるのではないかと感じています。

 一年365日、24時間、同じ「今」がない森に直接触れることは、発見と気付きの連続です。子どもは森や自然の中で過ごすということを通して、自分ではどうすることもできない大きな存在があることや、自分もその自然の一部なのだということを身体で学んでいる様に感じます。そして、そのどうにもならない存在を感じながら、自分の在り方を整えていくことをしているように見えるのです。

 それは子どもだけでなく、大人もです。
活動の中で、お母さんが仲間や我が子と森に入る様になると子育て感が変わるということをよく目にします。自然と向き合うことで、親の力だけではどうにもならない、子どもという自然を捉え受容できるようになる。そんな力が森にはあるのでしょう。

 子育てがしんどくなった時こそ、「親子で森へ!(できたら仲間と)」と、お伝えしたいです。外側で起きることをコントロールしようとするのではなく、自分自身がどう捉え、自分自身をどう整えるのか。自然に受容され受け止める幅を広く深くするとこで、人間の幅を広く深く。

 これからの時代にますます必要で大切なメッセージを、自然と意識的に関わることで受け取れる。そんな気がしています。

posted by 田川 at 14:34| サポーターコラム

「森林セルフケア体験会のご案内 3月31日 武蔵国分寺公園」  協会理事 太田博幸

                       森林セルフケアコーディネーター 太田博幸 

 森林セルフケア体験会を 武蔵国分寺公園にて3月31日(日)に開催します。
都立 武蔵国分寺公園〜真姿の池湧水群〜お鷹の道のルートを歩きながら五感をひらくワーク、自然観察、呼吸法、樹林気功、ひとりの時間、車座でのダイアログ等を行います。
日ごろのストレスを解消し、心身の健康について考えてみませんか?

日時:3/31日(日)9:30 〜12:00

集合:9:30にJR国分寺駅南口を出たところにあるモニュメント付近にて

参加費:会員 1000円 ・一般 2000円

持ち物、服装:敷き物、タオル、動きやすい服装、飲み物、体験会のあと希望者は芝生でお弁当(各自持参) 

講師:太田 博幸(森林セルフケアコーディネーター、産業カウンセラー、国家資格キャリアコンサルタント)

 日本森林療法協会では森林療法の概念を広めるため、「森林セルフケアサポーター」認定制度を実施しています。
認定要件は次のプログラム【森林セルフケア体験会1回、森林セルフケア講座(室内編+実地編)、森林セルフケア支援研修】を受講頂いた方となります。

※今回はプログラムのうち森林セルフケア体験会となります。

ご受講は下記Peatixのサイトからお願いします♪ 

https://peatix.com/event/3839640/view?k=944e70e3ed732be956dd8ee351ed0c4cc6ba9829
posted by 田川 at 14:29| イベントのご案内

「レベルアップ講座」(2/18)の見どころ・聴きどころ 協会理事 降矢英成

                                  協会理事 降矢英成 

 今度の2月18日のレベルアップ講座は、『自然セラピーの科学』(宮崎良文編、朝倉書店)という書籍から学びます。今回の見どころ・聴きどころをご紹介したいと思います!

 まず「自然セラピー」という言葉は聞きなれていないかと思いますが、言われてみれば何となくわかる言葉ですね。

 この本の編者は、森林セラピーの中心を担われた宮崎良文博士ですので、この「自然セラピー」の中核には「森林セラピーレジスタードマーク」が位置づけられています。

 その上で、さらに、「公園セラピー」「木材セラピー」「園芸セラピー」なども含まれているのが「自然セラピー」となっています。

 ですので、協会が重視している「身近な森でセルフケア」という視点に即している「公園セラピー」が気になる所ではないでしょうか。

 講師の飯田みゆき氏(森林セルフケアコーディネーター、公認心理士、薬剤師)と松尾祥子氏(臨床心理士、公認心理士、アロマセラピスト)と今回の構成を相談致しました。

 その結果、
・「自然セラピーの概念と研究のトレンド」 飯田みゆき氏
・「森林セラピーと公園セラピー」 松尾祥子氏
 をそれぞれテーマに解説していただくことに致しました。

 まず、飯田さんには、「自然セラピー」とはどういうものかを説明していただき、さらには、現在、どのような研究トレンドになっているのか、という最新情報までご紹介いただきます。

 そして、松尾さんには、「森林セラピー」の概要の紹介、そして、さらには、あえて「公園セラピー」という項目を立てている意味についてを解説していただきます。

 とても楽しみな内容になっていると思っているのですが、皆さま、いかがでしょうか。

 そして、この本は大著ですので、1回ではもったいないため、次回には、今回取り上げられなかった「人のストレス・リラックス評価法(生理的評価法)」「個人差と生体調整効果」「日本の森林セラピー研究−過去・現在・未来」について取り上げる予定です。

 冬のこの時期に、春からの活動に備えて、知識を蓄えていただく場として、ぜひご活用いただきたいと思います。

 受講の形態には、「リアルタイムzoom受講」と「後日録画受講」の2つがありますので、都合の悪い方もぜひご受講をお待ちしています。

ご受講は下記のサイトからお願いします!

https://peatix.com/event/3810886/view?utm_campaign=pod-12379484&utm_medium=email&utm_source=follow-organizer&utm_content=7853309&dlvid=e550d75e-ceeb-441d-940b-1c85de8af9be&sltid=0
posted by 田川 at 14:20| レベルアップ講座

【案外身近な伝統文化の森】森林セルフケアサポーター 倉上 千裕

「歴史に登場する吉野と私」
 
今回メルマガへの寄稿のお話を頂き、さてさて吉野の森の伝統文化について・・・と少々悩みました。
吉野の森には歴史上のお話の舞台となった事例が多く、私自身あまり歴史に精通していないこともあり、「さてさて」となった訳です。

歴史的には初めに吉野が登場するのは「古事記」「日本書紀」の初代神武天皇の時代だそうです。その後、大海人皇子の「壬申の乱」、鎌倉時代の源義経や南北朝時代の後醍醐天皇、大塔宮護良親王、楠正成、安土桃山時代の豊臣秀吉の「吉野の花見」、江戸時代の松尾芭蕉等々と日本史でどこが聞いたことがあると思います。

吉野山を歩いていると、そこここに石碑があり、また〇〇跡地といった表記や読まれた歌が刻まれたものを多く目にします。そう、ここは歴史上のお話が実際に繰り広げられていた所なのです。皆様も是非アンテナを張り巡らして見て歩いてみてくださいね。私は森を歩きながら時空を超え空想の時間にひたる時、こんなことがここであったのかなぁと想像してみます。何百年も前の人が出てくるではないかと思うことがあります(本当に出てきたら困りますが)。

森は静かなるときも動乱の時も人の行いを静かに見守ってきました。そんな包容力のある森に抱かれ、五感を開き、自分を取り戻す時がとても好きです。

私はよく「なぜ吉野に来たの」「吉野のどこがいいの」と聞かれます。私にはなぜだかよく分かりません。ただ「心が安らぐ」のです。吉野の山々を見ていると安らぐのです。たぶん太古の昔にご縁があったのだと思うことにしています。「おかえり」と迎えられる感覚、私は呼ばれて吉野へ来たのだと思っています。

今年10月のフォーラムは故郷、京都での開催。関西での開催を楽しみにしていす。
関西にお越しの際は足を延ばして、ぜひ奈良の山奥の吉野へお越しくださいませ。観桜期や紅葉の吉野山も素敵ですが、私は森の息吹を感じられる新緑の時期が一番好きです。
宿泊先についてはぜひお問い合わせくださいませ。私が運営している「結ほんまち屋敷」も御贔屓に。(ちゃっかり宣伝しちゃいました)。

秋に京都でお会いできる日を楽しみにしています。

森林セルフケアサポーター 倉上千裕
posted by 田川 at 14:13| 特集