• もっと見る

2023年10月11日

「みつばちとの触れ合い」森林療法×ミツバチの可能性

「みつばちとの触れ合い」
森林療法×ミツバチの可能性


一般社団法人トウヨウミツバチ協会
代表理事 高安和夫


 前回は、宮城県富谷市の「みつばちの里」活動を紹介しました。ミツバチの行動を観察し、ミツバチのための蜜や花粉源となる花(養蜂植物)を育て、土と触れ合うことは「心のケア」に良い効果がありそうだという紹介をしました。
 今回は少し海外の事例をご紹介します。皆さん、ヨーロッパアルプスの麓に位置するスロベニアという国をご存知ですか?アルプスからの伏流水が溢れ出ている自然豊かな国です。

先日、友人のマウンテンランナー・トレイルランナーの宮地藤雄氏から、スロベニアでのアピセラピーの報告を受けましたのでご紹介します。宮地氏は現地で「養蜂観光」のプログラムを受講してきました。
(以下の写真は、SLOVENIA Green.Active.Healthy.というカタログから紹介しています。)

A:宮地さんの養蜂観光体験.jpg


ハチミツは美容にとてもいいことで有名で、スロベニアではハチミツ風呂やオイルマッサージにハチミツを使ったり、アピセラピーというミツバチ自体を使った療法があります。アピセラピーでは、プロポリスやローヤルゼリーを使ったり、それを含む空気を吸い込んで病気の予防や治療を行います。
(カタログの写真は、蜂小屋のなかで施術を受けている様子です。)

B:みつばちパーク.jpg

(写真、宮地藤雄氏提供)



 宮地氏も蜂小屋でくつろぎ、巣箱の空気も吸ってきたそうです。ミツバチの羽音を聴きながら眠ることが可能な施設もあるそうです。養蜂観光のプログラムではガラス越しにミツバチを観察しながら生態や暮らしについて説明を受けたり、蜂小屋の中で巣枠を取り出す養蜂体験、もちろんハチミツの試食もあります。

希望すれば、蜂小屋でのマッサージなどの施術も受けられるそうです。
スロベニアでは伝統的に蜂小屋を利用して「ミツバチと共に暮らす」生活様式が根付いています。宮地氏の報告は蜂小屋やそこで行われているアピセラピーにフォーカスしましたが、その大前提がアルプスの豊かな自然の中での人と自然とが共生した暮らしです。

C:みつばちパーク.jpg


 さて、話題を日本に移します。前回は宮城県富谷市の「みつばちの里」をご紹介しましたが、今回は隣の利府町の「みつばちパーク」を紹介します。こちらは梨農家で地元のニホンミツバチ養蜂グループ「日本みつばち八里の会」の副会長鈴木安洋さんが、使われていない水田を埋めて蜜や花粉源となる樹木や草木を植えて公園のように整備しました。

D:巣箱の解説をする鈴木康弘氏.jpeg


中央には「あずまや」を設置し休憩したり、ミツバチの講習やバーベキューをすることもあるそうです。つまり、ミツバチを眺め、羽音をききながら、ゆっくりした時間を過ごすことが出来るそうです。
森林セルフケアの出来る場所です。そして、そこには蜂小屋までありました。
壁にはニホンミツバチの巣箱が埋め込まれ、軒下には梨の受粉に活躍する「マメコバチ」のためのビーハウスも吊るしてありました。

E:ミツバチ小屋.jpg


ミツバチだけでなく生物多様性保全を考えた「みつばちパーク」で、ミツバチの世話や養蜂植物の手入れ、観察を通して、五感を活用しながら自分と向き合う「森林療法×ミツバチ」体験はいかがでしょうか?

詳しくは、10月22日(日)開催の森林セルケアフォーラムでご紹介します。
お申し込みはこちらから!
https://peatix.com/event/3632171/view
 

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

★次回のイベントにご参加されませんか?イベント情報は下記サイトをご参照ください!
 https://jfts.peatix.com/view

★NPO法人日本森林療法協会 Facebookページに「いいね!」で最新情報をチェック!
 https://www.facebook.com/TheJapaneseForestTherapySociety

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

自然のパワーを全身に浴びる旅

自然のパワーを全身に浴びる旅

森林セルフケアコーディネーター
星野 央


先日、四国の高知県に旅行に行ってきました。旅行ですが、実は里帰り(?)でもあります。高知県は大学院時代の2年間を過ごした場所でもあり、私にとっては森林の研究との出会いの地で、とても思い入れの強い場所です。
今回は短い滞在日程の中で、高知の自然にどっぷり浸かる旅になりました。本日はその中でも特に感動した、仁淀川町(によどがわちょう)の「中津渓谷」をご紹介します。

「仁淀ブルー」を堪能できる冒険地!
 高知といえば四万十川が有名ですが、仁淀川もまた「奇跡の清流」と呼ばれており、鮮やかな青い水面は「仁淀ブルー」として知られ、地元の人たちからも愛され親しまれている川です。
 その川の名を冠した仁淀川町には、川の周りにいくつか自然を楽しめるスポットがあり、中津渓谷もその一つです。渓谷の入り口では早速、勢いよく流れる水の力強さを感じられます。

A.jpg


 渓谷には、地形を生かした遊歩道や階段が設置されており、途中には岩場もありますが、スニーカーでも歩くことができます。大きな岩と岩の間を歩いたり、まるで小さな滝のように水が染み出す場所を横切ったり、冒険気分を味わうことができます。また、遊歩道の横には七福神の石像があり、探しながら歩くのも楽しみの一つです。

B.jpg


自然の雄大さを全身に浴びる「雨竜の滝」
 美しい渓谷の中をゆっくりと歩いていくだけでも素晴らしいのですが、中津渓谷最大の見どころは、落差20メートルの「雨竜の滝」です。
遊歩道を辿り、急な階段を登っていくと、岩と岩の間から、物凄い勢いで吹き出す滝の姿が見えてくるのですが、その余りの激しさに、思わず心臓がバクバクしてしまうほどの迫力です。この日は、前週の大雨の影響で水量が多かったからなのか分かりませんが、少し離れた所でも大量の水飛沫が飛んできて、あっという間に頭からずぶ濡れになりました。

C.jpg



勇気を出して、滝の目の前まで行ってみました。
 ゴーーーという爆音、止めどなく溢れてくる勢いの強さ、飛んでくる水飛沫に、身も心も洗い流されるような気持ちになりました。滝はよく「パワースポット」といわれたりしますが、その所以を実感できるような体験でした。

 中津渓谷には他にも、この雨竜の滝のさらに上に位置する「竜宮渕」や、水によって削られてできた柱状の岩「石柱(いしばしら)」などの観察スポットがあります。
見どころ全てを巡っても、全体で2時間程度で入り口に戻ってくることができるので、仁淀川町を訪れた際にはぜひおすすめしたい場所です。
大きな川や滝は日本全国色々な所にありますが、まるで宝石のようなその青さに思わずうっとりと見とれ、癒されるのは、仁淀川の醍醐味だと思います。ぜひ一度、「仁淀ブルー」に癒されに行かれてみてはいかがでしょうか。

D.jpg




❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

★次回のイベントにご参加されませんか?イベント情報は下記サイトをご参照ください!
 https://jfts.peatix.com/view

★NPO法人日本森林療法協会 Facebookページに「いいね!」で最新情報をチェック!
 https://www.facebook.com/TheJapaneseForestTherapySociety

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖
posted by Yu SEKI at 07:30| サポーターコラム

今こそ“森林ミツバチセラピー”

今こそ“森林ミツバチセラピー”

理事 降矢英成

 今年の森林セルフケアフォーラムは「森林ミツバチセラピー」をメインテーマに行います。

 基調講演を行っていただくトウヨウミツバチ協会の代表の高安氏は、「養蜂」を主に福祉領域に普及されることに尽力されています。

 そこから「ミツバチセラピー」という言葉が生まれてきました。

 そこまでは分かるのですが、高安氏は、さらに、ミツバチが生きるための花など、いわゆる「蜜源」を大事に考えていらっしゃいます。

 蜜源となる花には、クリ、トチノキ、ニセアカシアなど「樹木」のものも少なくなく、そこから「森林療法」や当協会にも関心を持って下さったのです。

 その結果、「森林ミツバチセラピー」という言葉ができてきたのです!

 そして、その活動の場所として、高安氏自身が何と東京の中心の銀座のビルの屋上で養蜂をなさっています。

つまり、必ずしも山の奥だけでなく、街路樹や公園の樹木が蜜源となっており、これは私たちが「都市公園で森林セルフケアをしましょう」という姿勢と一致しています。

その上で、地方の自然豊かな福祉施設では、森や果樹園の樹木を蜜源とした、まさに「森林での養蜂」も行っています。

また、ストレスケアとしては、蜜を集めるために、次から次へと花を飛び交うミツバチの姿を眺めることが、意外な癒し感を得られることにも気づきました。

ビビリの私なのに、眺めているとまったく恐くなく、むしろ愛らしい、愛おしいという感覚が湧いてきました。

何でもない風景なのですが、その情景を眺めていましたら「あぁ、平和だな〜」という気持ちが湧いて自然と涙ぐんできたのです・・。

最近では、環境の悪化によって、ニホンミツバチが減ってきていることが危惧され、日本の生態系が変わってしまう危険性も指摘されています。

 この時期に、今回「森林ミツバチセラピー」というテーマでフォーラムを行うことは、時宜を得たものだと思っております。

 多くの皆さまのご参加をお持ちしております!


❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

★次回のイベントにご参加されませんか?イベント情報は下記サイトをご参照ください!
 https://jfts.peatix.com/view

★NPO法人日本森林療法協会 Facebookページに「いいね!」で最新情報をチェック!
 https://www.facebook.com/TheJapaneseForestTherapySociety

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖
posted by Yu SEKI at 07:26| コラム

秋の森林セルフケア講座のご案内

「秋の森林セルフケア講座のご案内」

理事・事務局長 田川


日本森林療法協会では、
「森を活用して自分自身をケアする"森林セルフケア"を学び、伝えることのできる人」を以下の参加要件を満たした方を「森林セルフケアサポーター」に認定しています。
今後の協会の森林セルフケア講座予定についてご案内いたします。東京での講座と支援研修は11月に行います。
サポートスタッフとして参加いただける方は是非ともお気軽にお申し出ください。  
またみなさまのお知り合いやご友人に体験会、講座、支援研修の周知や参加ご案内を実施していただきたくお願いいたします。

【実施詳細】
大丸2 森林セルフケア講座〜室内編(オンライン)
随時受講できます(オンライン講座)
森林セルフケア講座@ 概論(約45分)
森林セルフケア講座A 健康効果(約30分)
森林セルフケア講座B メニュー(約30分)
森林セルフケア講座C フィールド(20分)
場所:オンライン
課題:レポート提出
参加費:会員 7,000 円/一般 10,000 円

大丸2 森林セルフケア講座〜実地編 in 東京
2023年11 月 12 日(日)
時間:10:00〜17:00
五感を開く、樹林気功・呼吸法、運動療法的、自然観察的、心理療法的、ひとりで過ごす体験、振り返り
場所:北の丸公園
住所:東京都千代田区皇居外苑 1−1
交通:東京メトロ・都営地下鉄九段下駅
参加費:会員 7,000 円/一般 10,000 円

大丸2 森林セルフケア体験会 in 東京
 2023年10月22日(日)*森林セルフケアフォーラムの午後のプログラムになります。
 13:00〜14:40
  Aコース「五感を開くワークと呼吸法で心と体をリフレッシュ!」@明治神宮講師:青木孝一
Bコース「樹林気功で心も身体もリラックス!」@明治神宮 講師:赤居実花
  Cコース「心と森林セルフケア〜気持ちを言語化してみよう」@代々木公園 講師:飯田みゆき
Dコース「森林セルフケアで呼吸と心を整える」@明治神宮 (講師:太田博幸
Eコース「森林養生プログラム・エッセンス編」@代々木公園(講師:降矢英成

フォーラム会場:国立オリンピック記念青少年総合センター
住所:東京都渋谷区神園町3-1
交通:小田急線参宮橋駅 東京メトロ千代田線代々木公園駅
参加費:会員 2,000 円/一般 3,000 円

大丸2 森林セルフケア 支援研修(オンライン)
2023年11 月 18 日(土)
時間:13:00〜17:00 
場所:オンライン
対象:森林セルフケア体験会 1 回+森林セルフケア講座(室内編、実施編)を受講
した方が対象となります。
参加費:会費 3,000 円/一般 5,000 円


❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

★次回のイベントにご参加されませんか?イベント情報は下記サイトをご参照ください!
 https://jfts.peatix.com/view

★NPO法人日本森林療法協会 Facebookページに「いいね!」で最新情報をチェック!
 https://www.facebook.com/TheJapaneseForestTherapySociety

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖
posted by Yu SEKI at 07:25| イベントのご案内

総会のご案内と森林セルフケアフォーラム2023のご案内

【総会のご案内と森林セルフケアフォーラム2023のご案内】
                             
理事 鈴木友よ


【総会】
来る10月22日(日)9:15よりNPO法人 日本森林療法協会の総会を行います。
詳しい内容については、メールでご連絡いたします。
総会後に開催されるフォーラムとともに、多くの方のご出席、お待ちしています。
ご欠席の方は、委任状を提出いただきますようお願いします。

  日時 10月22日(日)9:15〜9:45
  場所 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 304号室
  住所 東京都渋谷区代々木神園町3-1
  交通 小田急線参宮橋駅より徒歩7分・千代田線代々木駅より徒歩10分

【森林セルフケアフォーラム2023】
総会に引き続き、同じ会場で10時からフォーラムを開催します。

基調講演は森林ミツバチセラピー。昨年の森林ホースセラピーに引き続き2年連続、ヒトに近いところに生息する動物や昆虫による癒しの効果×森林セルフケアがテーマです。
森林セルフケアの可能性がさらに広がり、いろんな人へ届きますように。

トウヨウミツバチ協会の高安和夫 代表理事によるミツバチへの愛、自然界への愛、森林への愛溢れるご講演をお楽しみに!
講演後にはダイアローグも予定しています。

午前の部はオンラインでのご視聴も可能です。遠方で・・という方もぜひご参加お待ちしています。

また、午後は多彩な講師陣による5コースから選ぶことができる森林セルフケア体験会と参加者全員で交流できるワールドカフェを行います!
フォーラムならではの企画となっています。

当日は、フォーラムにご協賛いただきました、4団体様のブースも設営させていただきます。
素敵な商品等を手に取ってご覧になったり、購入することのできるチャンスです。
それぞれのご活動内容等を簡単に紹介いたします。(敬称略)

@ファーム&ガーデン白岡
メンタルヘルス疾患の克服実績を持つ無農薬無化学肥料のオーガニック農園。
農心連携をコンセプトにしたプログラムを行っています。

写真1   ファームアンドガーデン白岡.jpg


A一般社団法人 トウヨウミツバチ協会 
基調講演をされる高安様が代表理事を務め、農福連携養蜂などミツバチについて様々な活動をしています。

写真2   トウヨウミツバチ協会.jpg



BNPO法人 マルベリークラブ中部 
愛知県の耕作放棄地にて桑畑を再生し、桑・カイコ・繭の活用について創意工夫をしながら取り組んでいます。

写真3  マルベリークラブ中部.jpeg



CNPO法人 バーンロムサイジャパン 
タイ北部チェンマイにある孤児の為のホームである「バーンロムサイ」を支援するブランドです。心地よさをテーマとしたモノづくりを行っています。

写真4  バーンロムサイジャパン.jpeg 


フォーラム参加お申込みは下記までお願いいたします!
皆さまのご参加を心からお待ちしております。

https://peatix.com/event/3632171/view


❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

★次回のイベントにご参加されませんか?イベント情報は下記サイトをご参照ください!
 https://jfts.peatix.com/view

★NPO法人日本森林療法協会 Facebookページに「いいね!」で最新情報をチェック!
 https://www.facebook.com/TheJapaneseForestTherapySociety

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

posted by Yu SEKI at 07:20| ご案内

2023年10月02日

雨の日の森林セルフケアと9月23日市川里見公園体験会ご報告

雨の日の森林セルフケアと9月23日市川里見公園体験会ご報告

理事 太田 博幸

雨量の多い日本では、昔から雨にいろいろな名前がつけられています。例えば、穀物の生長を促す恵みの雨を瑞雨(ずいう)といい、雲がないのに降る雨を天泣(てんきゅう)というそうです。雨の日の森林セルフケアもレインウェアや傘、靴など雨の日仕様で準備がしっかりできていればとても楽しいものです。雨の日の森は、森の色、音、香り、質感、空気など晴れた日の森とまた違った趣があり癒されます。葉からおちるひとしずくの雨をみながら森のなかで過ごすのもいいものです。

9月23日(土)秋分の日の市川里見公園・国府台緑地の月イチ森林セルフケア体験会は
小雨のち曇りの天気のなか、講師、サポートスタッフ、参加者4名の計6名で行いました。

20231001080329.JPEG


 バラ園では五感をひらくワークと呼吸法を実施。

20231001080435.JPEG


 スダジイとタブノキの巨木エリアでは自然観察と樹林気功を実施。

20231001080523.JPEG


 お花見広場で焚き火をかこんでダイアログ。野草茶を淹れ。お昼ごはんも食べて、遠くのスカイツリーを眺めてから里見公園から国府台緑地に移動します、国府台緑地では自然観察とウォーキングです。

20231001080614.JPEG


 国府台緑地を歩いた後は、回向院別院のお寺カフェでアイスコーヒーを飲みながらいろいろな話しをして体験会を終えました。

20231001080657.JPEG
 
20231001080743.JPEG


❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

★次回のイベントにご参加されませんか?イベント情報は下記サイトをご参照ください!
 https://jfts.peatix.com/view

★NPO法人日本森林療法協会 Facebookページに「いいね!」で最新情報をチェック!
 https://www.facebook.com/TheJapaneseForestTherapySociety

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖
posted by Yu SEKI at 22:43| 活動報告