CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2022年01月20日

集中講座@神流町について

森林セルフケアサポーター
渡辺 充代



群馬県多野郡神流町は、群馬県の南西部、埼玉県境にある人口およそ1,700人、世帯数およそ930世帯の小さな町です。
町の中央には清流・神流川が流れ、周囲は1,000m級の山々が連なります。町の面積(11,460ha)のおよそ90%を森林が占めています。360度、どこを見ても、森や林が目に入る、なんとも贅沢な町です。

A:町の風景.jpg


神流町では、平成29年度から豊富な森林資源を生かした産業振興で神流町の持続的発展を目指す「神流町林業再生プロジェクト」として5つのプロジェクトに取り組んできました。そのうちの一つ、「森林空間の新たな活用部会」では、

○丁寧に手入れをした森や林の中に、ゆったりと心地よい時間を過ごせる場所を作る
○「森林空間」でココロとカラダを心地よく癒すための体験プログラムを提供する
○体験プログラムを通じて、森林をより身近なものと感じてもらえるよう働きかける
などを目指し、まずは活動フィールドとなる町有林の森林整備を進めてきました。

今後、「ココロとカラダを整える森林空間」として神流町の森林を活用するには、どのような活動を、どう実践したらよいか検討をした中で、まずは私たちが森林の中でココロとカラダを整える活動をしてみよう、自分自身でケアする体験をしてみようと、日本森林療法協会のセルフケア体験会にたどりつき、2021年3月に神流町でセルフケア体験会を開催することができました。

体験会には、神流町内の観光や森林・林業の関係者、役場職員のほか、一般参加の方も含め、町内外からおよそ40人の参加がありました。神流町の贅沢な森林空間でゆったり、楽しくくつろぎ、セルフケアでココロとカラダが心地よく癒されることを実感しました。何より、地元にとっては何でもない、普通の生活の場が、誰かを癒し、喜んでいただける特別な空間になることに、少なからず驚きを感じました。

そこで神流町の農泊推進をしている方や役場担当者にも参加いただき、農泊推進の事業の一つとして応援していただけることになり、2021年9月25日に森林セルフケア講座(室内編)、10月16日に森林セルフケア講座(実地編)、2021年10月17日に森林セルフケア体験会と森林セルフケア支援研修を開催することができました。3日間を通じ12名が参加し、現在までに5名のセルフケアサポーターが誕生しています。

B:コラージュ写真.png


私自身は、森林や林業、環境の仕事に携わっています。森林セルフケアで森林や林業のことを知っていただきながら、セルフケアサポーターとしての経験を積み、いずれ森林セルフケアコーディネーターとして、神流町で、疲れたココロやカラダを癒していただく体験会や講座を開催できるようになりたいと思い、受講しました。しかし今年度は4月から異動で職場が変わり、毎月60時間を超える時間外勤務が続く中、ココロもカラダも脳みそも、とってもヘトヘトな状態での受講となりました。

最初はしっかり研修内容が頭に入るだろうか…と不安もありましたが、小雨模様で霧のかかる中の実地研修では、神流川の流れる水音を聴きながらの深い呼吸や瞑想で、自分自身がフッと軽くなることを体感することができました。講座の中での何気ない言葉、さりげないサポートで、いくつもの気づきもいただけました。また、これから神流町で活動をしていこうと集まった仲間との支援研修では、これから実施したいプログラムがいくつも提案され、今後の活動が大変楽しみなものとなりました。

町内在住の方からは、神流町の森林といっても、日常すぎて何がどう良いのか、その良さがよく分からない、目の前の森林空間が当たり前すぎて、実感がわかない、といった声も聞かれました。町内在住ではない私からすると、神流町の360度、見渡す限り森や林が続くパノラマ景観や、川・鳥・動物などの音、風や水の感触、土や木や花の匂いなど、五感を刺激するすべてのものが、すぐ手の届くところにある、というところが特別なことだと思います。

そして、これを少しでも多くの方に知っていただきたいし、特別であることを、何よりも神流町の皆さんにもぜひ知っていただきたい、と強く感じました。

今後は神流町の豊かな森林で、心地よく、ココロとカラダをゆるませ、くつろぎ、心地よい感覚を味わっていただく、神流町の森や林での活動だけでなく、食や暮らし、文化、そして神流町の基幹産業である林業にも触れていただく機会をプラスして、自分自身の中に眠る五感、本能、身体感覚を取り戻していただく場を提供したいと考えています。

具体的には、神流町有林やキャンプ場など、普段から整備や管理をしている森林を活用した『ココロとカラダとゆるめるセルフケア体験』と、スギやヒノキの伐採作業の見学、薪割り、木工など、林業・木材と触れ合う『山の仕事体験』などのプログラムの開発を進めます。

神流町の「豊かな森林」と、そこからいただく様々な「森の恵み」を通じ、たくさんのみなさんにココロとカラダを元気にしていただけるよう、神流町セルフケアサポーター第1期生を中心に活動を拡げていこうと考えています。

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

★次回のイベントにご参加されませんか?イベント情報はホームページをご参照ください!
 https://foresttherapy.wixsite.com/forest

★NPO法人日本森林療法協会 Facebookページに「いいね!」で最新情報をチェック!
 https://www.facebook.com/TheJapaneseForestTherapySociety

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖
posted by Yu SEKI at 07:51| サポーターコラム

森林セルフケア集中講座に参加して

森林セルフケアサポーター
狩野真美江


2021年9月25日、10月16、17日の3日間に渡って森林セルフケア集中講座に参加させていただきました。場所は群馬県神流町。町全体が濃い緑の山々に囲まれ、清らかな神流川が流れる美しい町です。

A.jpg


実は、2年ほど前から仕事で神流町を訪れる機会がたびたびあり、その自然の美しさ、山の迫力には心惹かれるものがありました。その神流町で森林療法を取り入れた取組みを行うと聞いて、是非自分も関わりたいと思ったのが今回の集中講座参加のきっかけです。

神流町では森林空間活用の部会を立ち上げ、森林セルフケアサポーターをはじめとした人材を育成する予定であると聞きました。それならば私も!と手を挙げた訳ですが、実のところ、緑豊かな森林の中で自分が癒されたかったというのが一番の理由かもしれません。

集中講座では、室内編・実地編・森林セルフケア体験会・森林セルフケア支援研修と、まるまる3日間に渡ってたっぷりと森林に触れることができました。森林の効果について学び、癒され、人間にとって自然がどれだけ必要であるかを体感することができました。

B.jpg


時折小雨が混じる中、大樹の根元にシートを敷いて寝転び上を見上げてみる。こんな経験、大人になってからしたことはなかったなぁ…でも、自分が地球の一部になっている気がする。上からそっと見守る木々に、日ごろの悩みも聞いてもらえるんじゃないかな?そんなことを考えながら、何もしない一人の時間を過ごせたのも大きな収穫でした。

C.jpg


神流川のせせらぎを聞きながら自分の中に湧き上がる邪念を石ころと一緒に水面に投げ捨てたり、小鳥達の会話に耳を澄ませたり…すべてが非日常であり、心が浄化されていくのを感じました。
こんな素敵な体験、誰かに教えたい!そう思いました。

最終日のセルフケア支援研修では、参加者全員が他者のセルフケア支援のためのプランを作成し、発表しました。なるほど!というような素晴らしいアイディアがたくさん出ました。参加者によって感じ方も見方も違っていて、本当に興味深く有意義な発表会でした。

神流町には豊かな自然だけでなく、体験できるプログラムもたくさんあり、組み合わせ次第で多くのプランが立てられると感じました。コロナの時代だからこそ、自然の中でおこなえる森林療法は町にとっても大きな強みだと思います。より多くの人に森林セルフケアを体験してもらえるよう、これからもみなさんと一緒に考えていきたいと思います。


❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

★次回のイベントにご参加されませんか?イベント情報はホームページをご参照ください!
 https://foresttherapy.wixsite.com/forest

★NPO法人日本森林療法協会 Facebookページに「いいね!」で最新情報をチェック!
 https://www.facebook.com/TheJapaneseForestTherapySociety

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖
posted by Yu SEKI at 07:47| サポーターコラム

集中講座について

理事長 原田純子


少しずつHPや会報誌などでもお知らせしてきているのですが、協会の講座をもう少し受講しやすくするために考え出された「集中講座」について、2022年はもっとお知らせしていこうと考えております。

特に森林セルフケアサポーターになられた方は、お友達やお知り合いの方に、一緒に森に行こうよとお誘いすることがあると思います。森にご一緒されて森の魅力や森の持つ力をお話しされるのに、講座を受けてみない?ともっと気軽にお誘い出来たら良いなと考えました。

私自身が森の魅力を感じ、森林療法に興味を持った時にやったことはネットや書籍で関連事項について検索することでした。将来森に住むことを視野に入れながら、そこでできることは何かを模索していたのです。元々医療の資格(看護師、保健師)を所持していましたので、「療法」というくらいですから資格があった方が良いのではと考えて、NPOとして活動している日本森林療法協会にたどり着いたのでした。

資格を取得するのには講座を受講しなくてはなりませんが、その講座は年に何回もあるわけではなさそうでした。また受講にあたっては当時東京在住であったことも幸いしました。一番早い時期に受講できるタイミングで受講し、森林セルフケアサポーターとなりました。当時は「森の癒し案内人」という資格名でした。アドバイザーとかプラクティショナーなど横文字の名称が多い中、この資格名はなかなか魅力的でしたが、療法の資格名としてはどうか?内容がわかりにくい、親近感が湧かないなどという意見があったようで、フォーラムに参加された方々でアイディアを出し合いながら「森林セルフケアサポーター」と改名したように記憶があります。まだ理事になる遥か前のことです。

名称はともかく、当時は肝心の講座を受けるのにチャンスが少ないのは残念だなという印象もありました。仕事もしていたのですが、平日と休日では圧倒的に休日がつぶれることが多かった仕事でしたので、なおさら受講のタイミングを合わせるのは大変だった記憶もあります。

そんな私の経験から、もっと講座を受けやすくするにはどうすれば良いかを考えていた時に、2020年のフォーラムで繋がったご縁が2021年に群馬県神流町の森林空間活用の1つのコンテンツとして森林療法に取組みたいというご要望と結びつきました。行政の単位で取り組まれると言う事は一過性のイベントではなく、継続した取組みにして貰えると言う事で、協会のミッションとも言える「森に行って元気になろうとする人をサポートする」ことと合致します。

A:about us.png


当初は通常の講座と同様に基本料金で受講して頂くことを提案しておりましたが、行政の予算を使わせて頂くこと、受講者が地域に集中していることから、逆に講師が現地に出向く出張講座にするのが効率的と考え、さらに受講生の便宜が図れるのであれば何よりです。協会としても新しい生活様式に順応していけるように、少しずつではありますが改善していきたいと考え、神流町さまとの関わりの中で、説明会や複数回の体験会を開催し試行錯誤を重ねて、1つの形にまとめてみたのがこの「集中講座」です。

集中講座の特徴として@日程をコンパクトに集中させられる。A会場となる森は受講する地域で決められる。B講師が講座の会場に出向く。C受講料がリーズナブルになる…と、言わばオーダーメイド感があります。

例えば@やAの場合、従来の講座は東京都内などで開催されることが多く、受講したいと思っても日程が合わなかったり、場所に不慣れだったりすることが申し込みを躊躇する理由の1つかと思いますが、それが解消されます。Bにつきましても、普段身近にある森や公園では見慣れてしまっていて気づかないような再発見があったりします。明治神宮など協会の体験会では何回もご案内している身近な森でも、案内する講師が違えば気づける事も違ってきます。新たに発見することがその度にあるのは、私ども協会のメンバーが一番実感として持っていることですので、講師が初めて訪れる森が受講生の身近な地域の森であっても、受講生の気づいていない新たな森の魅力としてお伝えできるものと思います。またCについては受講される人数によっては魅力的になるように設定したつもりです。神流町さまのように行政の単位で予算を組まれている場合、あるいはお友達を誘ってグループを作って頂けれる場合など、さらに受講しやすいケースもあるのかと思います。

「集中講座」に限らず、コロナ禍をきっかけに、室内編の講座はほぼオンライン方式(Zoom)で実施するようになってきておりますので、ますます便利に受講頂けるものと考えております。

「集中講座」を開催したい場合、5名様から開講できますのでお仲間をお誘いの上事務局にご連絡ください。「集中講座」では効果的に進められるように1人の講師について受講生は7名までを基本として料金を設定いたしております。開催日程、会場など詳細を整えて「集中講座」の開講となります。

B:価格表.png

(クリックで拡大)


最後に大切なポイントとして、森林セルフケアサポーターの資格取得を希望される方は、受講後に、ご自分の意思でご入会、森林セルフケアサポーターの申請を行って頂くことが必要になると言う点です。そのための入会金(¥1,000)+年会費(¥5,000)+森林セルフケアサポーターの申請料(\2,000)は別途必要になりますが、この費用は「集中講座」でなくても必要です。協会では資格は個人で所持されるものと考えているためで、受講することで森や森林療法についてだけでなく、協会の考え方もご理解頂いた上でのご入会をお願いしたいと考えています。

この群馬県神流町での集中講座について、新たに森林セルフケアサポーターになられた渡邉充代さんが経緯を詳しく書いてくださいました。同じく森林セルフケアサポーターになられた狩野真美江さんも体験記をお寄せくださいましたので、ぜひお読みください。

協会としての新しい試み「集中講座」を利用して、お友達をどんどん森にお誘いしてみてはいかがでしょうか?

協会事務局forestselfcare@gmail.comへお問い合わせください。日程、会場などご調整いたします!

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

★次回のイベントにご参加されませんか?イベント情報はホームページをご参照ください!
 https://foresttherapy.wixsite.com/forest

★NPO法人日本森林療法協会 Facebookページに「いいね!」で最新情報をチェック!
 https://www.facebook.com/TheJapaneseForestTherapySociety

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖
posted by Yu SEKI at 07:40| ご案内

【ご案内*オンライン可】森林セルフケア支援研修in名古屋_2022/3/21

「森林セルフケア支援研修in名古屋」を以下の通り開催致します。
皆様のご参加をお待ちしております。


■開催日時
 2022年3月21日(月祝)13:00〜17:00(予定)

■場所
 アロマーユ北久屋
 ※アクセスはこちら
 ※オンライン参加も可能です。申込時にお知らせ下さい

■対象
  森林セルフケア体験会1回+森林セルフケア講座(室内編、実地編)を受講した方を対象とします
  (同日午前中開催の森林セルフケア体験会参加により、体験会1回とみなします)

■事前課題
 支援研修にご参加いただく方へは、事前に課題を準備して頂きます。

 <課題内容>
 「自分が森林セルフケアをしよう、あるいはしている場所で他者の森林セルフケアを支援するとしたら、どんなプランを立てますか?対象、フィールド、メニュー、タイムスケジュールについて考えてきてください」

 ※詳細はお申込を頂いた方に個別でお送りいたします。

■参加費
  会員3,000円/一般5,000円
  ※下記申込フォームへのご登録後【3月12日(土)】までに下記ゆうちょ銀行口座までお振込ください。

■振込先
  <ゆうちょ銀行からの振込の場合>
   ゆうちょ銀行:記号 10060 番号 93744651

  <他金融機関からの振り込みの場合>
   ゆうちょ銀行 店名:00八 (ゼロゼロハチ) 店番:008 (普) 9374465

■申込先
 下記申込みフォームよりお申し込みください。
 https://forms.gle/i38mCsMAog8G71zn8
 ※申込みフォームが開けない場合、事務局までお問い合わせください。
  (事務局連絡先:forestselfcare@gmail.com)

■イベントチラシ
 森林セルフケア講座チラシ 名古屋 支援研修 3月21日PM .pdf

■主催
 NPO法人日本森林療法協会
  http://foresttherapy.wixsite.com/forest

■ご案内
 名古屋では下記の通り連続でイベントを開催致します。

 3月19日(土)森林セルフケア講座(屋内編)
 3月20日(日)森林セルフケア講座(実地編)
 3月21日(月祝)森林セルフケア体験会
 3月21日(月祝)森林セルフケア支援研修

 詳細は下記イベントページをご参照ください。
 https://blog.canpan.info/jfts/archive/3

 皆様のご参加をお待ちしております。


❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

★次回のイベントにご参加されませんか?イベント情報はホームページをご参照ください!
 https://foresttherapy.wixsite.com/forest

★NPO法人日本森林療法協会 Facebookページに「いいね!」で最新情報をチェック!
 https://www.facebook.com/TheJapaneseForestTherapySociety

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖
posted by Yu SEKI at 07:25| ご案内

【ご案内】森林セルフケア体験会in名古屋_2022/3/21

「森林セルフケア体験会in名古屋」を以下の通り開催致します。
皆様のご参加をお待ちしております。


■開催日時
  2022年3月21日(月祝)10:00〜12:00

■場所
  三の丸庭園

■集合
 時間:9:50
 場所:アロマーユ北久屋(アクセスはこちら
    ※三の丸庭園までご一緒に移動します。

■参加費
  会員1,000円/一般2,000円
 ※下記申込フォームへのご登録後【3月12日(土)】までに下記ゆうちょ銀行口座
   までお振込ください。

■振込先
  <ゆうちょ銀行からの振込の場合>
   ゆうちょ銀行:記号 10060 番号 93744651

  <他金融機関からの振り込みの場合>
   ゆうちょ銀行 店名:00八 (ゼロゼロハチ) 店番:008 (普) 9374465

■申込先
 下記申込みフォームよりお申し込みください。
 https://forms.gle/i38mCsMAog8G71zn8
 ※申込みフォームが開けない場合、事務局までお問い合わせください。
  (事務局連絡先:forestselfcare@gmail.com)

■イベントチラシ
 森林セルフケア講座チラシ 名古屋 体験会 3月21日AM .pdf

■主催
 NPO法人日本森林療法協会
  http://foresttherapy.wixsite.com/forest

■ご案内
 名古屋では下記の通り連続でイベントを開催致します。

 3月19日(土)森林セルフケア講座(屋内編)
 3月20日(日)森林セルフケア講座(実地編)
 3月21日(月祝)森林セルフケア体験会
 3月21日(月祝)森林セルフケア支援研修

 詳細は下記イベントページをご参照ください。
 https://blog.canpan.info/jfts/archive/3

 皆様のご参加をお待ちしております。


❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

★次回のイベントにご参加されませんか?イベント情報はホームページをご参照ください!
 https://foresttherapy.wixsite.com/forest

★NPO法人日本森林療法協会 Facebookページに「いいね!」で最新情報をチェック!
 https://www.facebook.com/TheJapaneseForestTherapySociety

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖ 
posted by Yu SEKI at 07:22| ご案内

【ご案内】森林セルフケア講座〜実地編in名古屋_2022/3/20

「森林セルフケア講座〜実地編in名古屋」を以下の通り、開催致します。
皆様のご参加をお待ちしております。

■開催日時
  2022年3月20日(日)10:00〜17:00

■場所
  名城公園
  ※アクセスはこちら 

■集合
 時間:9:50
 場所:トナリノ前のこもれび広場

■スケジュール
 下記ファイルをご覧下さい

■参加費
 会員7,000円/一般10,000円

 ※下記申込フォームご登録後、【3月12日(土)】までに下記ゆうちょ銀行口座
   までお振込ください。

■振込先
  <ゆうちょ銀行からの振込の場合>
   ゆうちょ銀行:記号 10060 番号 93744651

  <他金融機関からの振り込みの場合>
   ゆうちょ銀行 店名:00八 (ゼロゼロハチ) 店番:008 (普) 9374465

■申込先(事務局)
 下記申込みフォームよりお申し込みください。
 https://forms.gle/i38mCsMAog8G71zn8
 ※申込みフォームが開けない場合、事務局までお問い合わせください。
  (事務局連絡先:forestselfcare@gmail.com)

■イベントチラシ
 森林セルフケア講座チラシ 名古屋 実地編 3月20日 .pdf

■主催
 NPO法人日本森林療法協会
  http://foresttherapy.wixsite.com/forest

■ご案内
 名古屋では下記の通り連続でイベントを開催致します。

 3月19日(土)森林セルフケア講座(屋内編)
 3月20日(日)森林セルフケア講座(実地編)
 3月21日(月祝)森林セルフケア体験会
 3月21日(月祝)森林セルフケア支援研修

 詳細は下記イベントページをご参照ください。
 https://blog.canpan.info/jfts/archive/3

 皆様のご参加をお待ちしております。


❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

★次回のイベントにご参加されませんか?イベント情報はホームページをご参照ください!
 https://foresttherapy.wixsite.com/forest

★NPO法人日本森林療法協会 Facebookページに「いいね!」で最新情報をチェック!
 https://www.facebook.com/TheJapaneseForestTherapySociety

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖ 
posted by Yu SEKI at 07:19| ご案内

【ご案内*オンライン可】森林セルフケア講座〜屋内編in名古屋_2022/3/19

「森林セルフケア講座〜屋内編in名古屋」を以下の通り、開催致します。
皆様のご参加をお待ちしております。

■開催日時
  2022年3月19日(土)10:00〜17:00

■場所
 アロマーユ北久屋
 ※アクセスはこちら
 ※オンラインでの参加も可能です

■スケジュール
 下記チラシをご参照ください

■参加費
 会員7,000円/一般10,000円

 ※下記参加フォームご入力後【3月12日(土)】までに下記ゆうちょ銀行口座
   までお振込ください。

■振込先
  <ゆうちょ銀行からの振込の場合>
   ゆうちょ銀行:記号 10060 番号 93744651

  <他金融機関からの振り込みの場合>
   ゆうちょ銀行 店名:00八 (ゼロゼロハチ) 店番:008 (普) 9374465

■申込先
 下記申込みフォームよりお申し込みください。
 https://forms.gle/i38mCsMAog8G71zn8
 ※申込みフォームが開けない場合、事務局までお問い合わせください。
  (事務局連絡先:forestselfcare@gmail.com)

■イベントチラシ
 森林セルフケア講座チラシ 名古屋 室内編 3月19日 .pdf

■主催
 NPO法人日本森林療法協会
  http://foresttherapy.wixsite.com/forest

■ご案内
 名古屋では下記の通り連続でイベントを開催致します。

 3月19日(土)森林セルフケア講座(屋内編)
 3月20日(日)森林セルフケア講座(実地編)
 3月21日(月祝)森林セルフケア体験会
 3月21日(月祝)森林セルフケア支援研修

 詳細は下記イベントページをご参照ください。
 https://blog.canpan.info/jfts/archive/3
 皆様のご参加をお待ちしております。


❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

★次回のイベントにご参加されませんか?イベント情報はホームページをご参照ください!
 https://foresttherapy.wixsite.com/forest

★NPO法人日本森林療法協会 Facebookページに「いいね!」で最新情報をチェック!
 https://www.facebook.com/TheJapaneseForestTherapySociety

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖ 
posted by Yu SEKI at 07:13| ご案内

MailMagazine_役員コラムvol.20


理事
鈴木 友よ


この度、理事として協会と更に深く関わらせていただくことになりました。どうぞよろしくお願いいたします。

2018年に偶然(必然?)目に飛び込んだ「森林セルフケア」の文字。私の直感アンテナがピピっと反応し、サポーターを経てコーディネーターへ仲間入りをさせていただきました。

子育て、主婦、会社員の三足のわらじを履き毎日必死に生きていましたが、50歳を過ぎ、ふと自分の人生の残り時間を考えるようになりました。そのころから自分の奥底から湧き上がるエネルギー、わくわく感、とにかく行動しよう、という意欲・・そんな感覚が自分の中を満たしていくのが実感できました。そのタイミングで森林セルフケアと出会いました。

森林セルフケアで一番魅力を感じたのは「自ら森に出向き、自分をケアする」という概念でした。それまでは「教わる」「導いてもらう」という、受け身の状態のプログラムを受けることが当たり前になっていたので、自分の意志で、の部分がとても新鮮だったことに加え、このことがこれからの人生に光をもたらすものである、と感じたからです。

それから4年間、地元愛知県みよし市の雑木林にて月一回の森林セルフケア開催し続けています。扉が開いたような、そういう時期が自分に来た、という感じです。時を同じくしてTVを見ることができなくなったり(CMの音が特に不快に感じるようになった)、音楽の好みが変わったり、合成洗剤がダメになったり、心身に今までなかったようないろいろな変化が起こりました。

一番の変化は、自分のことを信じること、認められて、許すことができるようになったことです。自分の中にいる、小さな私の存在をハグし、今までその子の存在をなかったことにしてきたことを謝りました。
そうするうちに、多幸感に満たされることが多くなりました。自分の内側に全てが備わり、すでに在る、ことがおぼろげながら分かってきたからでしょうか。

森林セルフケアを開催する際、よく取り入れているプログラムは、【自分への手紙】です。
その時、その瞬間の自分から自分にあてて絵手紙を即興で描きます。一言メッセージもしたためます。

2021年12月に行った際には、年賀はがきに描いて、各自ポストに入れました。
2022年元旦に、一か月前の自分から年賀状が届きました。

自分への手紙.jpg


参加者の方から、「描いた時の空気の感覚、香り、音が蘇りました。」とのメッセージをいただきました。

このプログラムは、普段から自分と対話できていない人の場合、結構苦戦するのですが、続けるうちに、自分軸で生きることへのきっかけになるような気がしています。

私が愛読書【光の魂たち 植物編 森井啓二著】から、『木のエネルギーと繋がり、自然のエネルギーと繋がりあう方法』を抜粋、ご紹介します。まさに森林セルフケアのプログラムそのものです。

「樹木は、根を通じて大地を結びつき、幹を葉と枝を通して太陽の力と結びついている架け橋となる存在です。幹から横に延びていく枝葉は、無償で与え受け取る木の性質を象徴しています。木のエネルギーと繋がるには、まず直感でお気に入りの木を見つけます。ある程度大きな樹木がお勧めです。
自分の直感で選んだお気に入りの木を見つけたら、まず樹木全体を、そして葉や花、実の細部にわたる美しさや生命力を讃えましょう。
そして、愛情をこめて樹木に抱きつくか、傍らに座ってみましょう。
その樹に触れたままの状態で、自然界のエネルギーを体験させてくれるように、その樹木のエネルギーと繋がるように頼みます。

長い年月の間、風雪雨にさらされ太陽の光を浴びて、力強く立ち続ける忍耐、地にしっかりと張った根の安定感、空高く伸びる太い幹の強さ、枝の柔軟性、常に成長し続ける感覚。
樹木から与えられるすべてを樹木の波動を、ハートを通して感じます。そして一体化します。
樹木から受け取った自然界のエネルギーが自分の内側からも湧いてきて、そのエネルギーに自分の存在全体が融けていくままにまかせます。この感覚は、一度体験したら、いつでも引き出せるものです。
最後に樹から離れる時には、感謝と愛を送ることを忘れないようにしましょう。」

このような、植物とともに在る人間、という感覚はこれからの私たちにとっての大いなるサポーターとなってくれると信じ、毎日その瞬間を大切に生きていこうと思います。


❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

★次回のイベントにご参加されませんか?イベント情報はホームページをご参照ください!
 https://foresttherapy.wixsite.com/forest

★NPO法人日本森林療法協会 Facebookページに「いいね!」で最新情報をチェック!
 https://www.facebook.com/TheJapaneseForestTherapySociety

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖
posted by Yu SEKI at 07:09| 役員コラム