• もっと見る

2024年02月10日

「レベルアップ講座」(2/18)の見どころ・聴きどころ 協会理事 降矢英成

                                  協会理事 降矢英成 

 今度の2月18日のレベルアップ講座は、『自然セラピーの科学』(宮崎良文編、朝倉書店)という書籍から学びます。今回の見どころ・聴きどころをご紹介したいと思います!

 まず「自然セラピー」という言葉は聞きなれていないかと思いますが、言われてみれば何となくわかる言葉ですね。

 この本の編者は、森林セラピーの中心を担われた宮崎良文博士ですので、この「自然セラピー」の中核には「森林セラピーレジスタードマーク」が位置づけられています。

 その上で、さらに、「公園セラピー」「木材セラピー」「園芸セラピー」なども含まれているのが「自然セラピー」となっています。

 ですので、協会が重視している「身近な森でセルフケア」という視点に即している「公園セラピー」が気になる所ではないでしょうか。

 講師の飯田みゆき氏(森林セルフケアコーディネーター、公認心理士、薬剤師)と松尾祥子氏(臨床心理士、公認心理士、アロマセラピスト)と今回の構成を相談致しました。

 その結果、
・「自然セラピーの概念と研究のトレンド」 飯田みゆき氏
・「森林セラピーと公園セラピー」 松尾祥子氏
 をそれぞれテーマに解説していただくことに致しました。

 まず、飯田さんには、「自然セラピー」とはどういうものかを説明していただき、さらには、現在、どのような研究トレンドになっているのか、という最新情報までご紹介いただきます。

 そして、松尾さんには、「森林セラピー」の概要の紹介、そして、さらには、あえて「公園セラピー」という項目を立てている意味についてを解説していただきます。

 とても楽しみな内容になっていると思っているのですが、皆さま、いかがでしょうか。

 そして、この本は大著ですので、1回ではもったいないため、次回には、今回取り上げられなかった「人のストレス・リラックス評価法(生理的評価法)」「個人差と生体調整効果」「日本の森林セラピー研究−過去・現在・未来」について取り上げる予定です。

 冬のこの時期に、春からの活動に備えて、知識を蓄えていただく場として、ぜひご活用いただきたいと思います。

 受講の形態には、「リアルタイムzoom受講」と「後日録画受講」の2つがありますので、都合の悪い方もぜひご受講をお待ちしています。

ご受講は下記のサイトからお願いします!

https://peatix.com/event/3810886/view?utm_campaign=pod-12379484&utm_medium=email&utm_source=follow-organizer&utm_content=7853309&dlvid=e550d75e-ceeb-441d-940b-1c85de8af9be&sltid=0
posted by 田川 at 14:20| レベルアップ講座