CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年12月02日

【ご報告】森林セルフケア体験会in関西

2018年10月13日(土)に開催致しました、「森林セルフケア体験会in関西」につきまして、活動報告をお届けします!

活動報告.png


***********************************
■日時:2018年10月13日(土)10:00〜13:00
■場所:京都御苑
■参加者:1名
***********************************


連日の秋晴れで、肌に心地よい気温で、行楽日和となりました。
 今回の参加者は受講者1名でしたが、半年前に講座を受けてサポーターになったばかりというスタッフも加わり、講師を入れ4名でスタート。
自己紹介の後、寺町御門の集合場所から、御苑の外側を通り、京都迎賓館周辺の母と子の森に向かいます。
 
 ストレッチをして森に入ります。
 母と子の森に行く途中は、巨木が立ち並び、作られた森でも時間と歴史を感じられます。9月の台風で、樹木の被害は大きく、まだ所々に枝や倒木がありますが、日の光を浴び、荒れた雰囲気は感じられませんでした。

体験会1.png


 森の中をゆっくりと進みながら、たくさんの木に触れて、感触を確かめます。
「冷たい」「これは意外に暖かい」「ツルツルと思ったら、ざらついてる」など、日頃触らない大きな木を次々と触り、触感を楽しみました。
 
 実がついている、大きな木が台風の影響で倒れていました。小さな枝を追って、匂いを嗅いだり、実を割って、ちょっと口に入れて見たり、台風で木が倒れるのは悲しいけれど、普通は高くて届かない大木の枝や実を手にする事ができるのは、倒れたおかげだと、チャンスチャンス!と、木の大きさや根まで、じっくり観察できました。

体験会2.png


木漏れ日の当たる巨木の間で、深呼吸をして、ゆっくり気分に、気分が落ち着いた後、樹林気功を行いました。

体験会3.png


 母と子の森は里山をモデルにして、身近な自然に触れ合えるようにした森です。ここに到着して、紅葉しかけている木々や様々な種類の木を観察しました。

その後、シェアリングネイチャーのいろいろなものを探そう!で、「匂いのするもの」「音のするもの」「チクチクするもの」をそれぞれ探して持ち寄りました。
 松の葉が束になっている折れた枝をビュンビュン鳴らすのが好き!とか、枝を踏むパキパキした音が好き!と、皆が自分のお気に入りのものを探してシェアする楽しい時間が流れました。

 一人になる時間が取れませんでしたが、人数が少なかったため、解散の場所まで、静かに歩くこととなりました。
 今まで、「その木の歴史」などは気にしたこともなかったが、じっくりと木と向き合い、感じることで、自分の中に色々な感情が湧いてきたと、参加された方のご感想を聞くと、「感じる」ことの深さを感じました。

 京都御所内の無料見学ができたので、終了後皆で御所内を見学。
 思わぬ貴重な体験ができました。
posted by Yu SEKI at 10:15| 活動報告