• もっと見る

2024年02月10日

【書籍の紹介】森林セルフケアコーディネーター 牛山 真由美

                     森林セルフケアコーディネーター  牛山真由美
《スイッチ・オンの生き方》
   致知出版社 村上和雄(むらかみ かずお)著作
筑波大学応用生物化学系教授だった方で、長年遺伝子の研究をされた方の本です。

牛山さん写真.jpg

 私たち、人間の体は一人約60兆個の細胞の集まりです。その60兆個の細胞が見事に調和してそれぞれ自律的な生命を営みながら、互いに助け合って組織を作り、臓器を作って個体を生かしています。これは、科学の原理を超えた、生命の奇跡といってもいい出来事です。
なぜそんなことができるのか?それは、それを可能にするための情報が体内に存在しているからです。
 その情報の源が、遺伝子です。私たち人間が持っている遺伝情報は、1ページ千文字で千ページある百科事典3200冊分にも匹敵するとうわれるほど膨大です。
そんな人間の遺伝子ですが猿と人間の遺伝子はほとんど同じで3.9%しか遺伝子の情報は違わないそうです。
 そして人間同士の遺伝情報は99.5%同じなのだそうです。
ノーベル賞をもらう天才と普通の人を比べると、わずか0.5%の差しかない。遺伝情報のレベルで見れば人間は99.5%同じだということです。
 では能力の差はどこからでてくるのでしょうか?
一個の細胞の中の遺伝子は、目覚めていて機能する部分と眠っていて機能しない部分があります。けれど眠っている遺伝子が永久的に眠っているかといえばそうではないし、目覚めて機能している遺伝子が死ぬまで働き続けるかというとそうでもありません。
 遺伝子の機能は、電灯のスイッチのように、つけたり消したりできるのです。
眠っている遺伝子のスイッチをオンにできれば、私たちが「こうあってほしい」と望むようなことは、ほぼ100%可能といっていいと思います、科学的にみた可能性の限界など、全く意味がありません。人間の想像をはるかに超えた情報が、遺伝子には書き込まれているのです。
 能力の差は、心のありようや環境などによって生じます。
人との出会いや環境の変化によって、眠れる遺伝子のスイッチがオンになるとき、人は生きながらにして生まれ変わることができるのです。
 自分にとって好ましい遺伝子のスイッチをオンにして働いてもらい、好ましくない遺伝子はオフにして眠らせる。生活習慣や考え方を意識的に変えて、遺伝子の能力を自分でコントロールすればよいのです。

 遺伝子をONにするには?
@ どんな時も明るく前向きに生きる
A 思い切って今の環境を変えてみる
B 人との出会い、機会との遭遇を大切にする
C 感動する
D 感謝する
E 世のため、人のためを考えていきる
 そして自分を信じて生きる。
遺伝子の暗号でみれば、人間として生まれている限り、頭脳の高低はありません。
それは遺伝子が眠っているか起きているかの違いだけです。
どこまでもやり続ける。
 一旦始めたら、どこまでもやり続けることです。疑いの念を抱いたりせず、愚鈍でも泥臭くてもいいから、一途に思い込んでバカみたいな単純さでやり続ける。
心が幸せな時、遺伝子はオンになっている。
講義と漫才の前後に血糖値を測定し、両者を比較すると
講義の後の血糖値は血液100ミリあたり平均123mgも上昇
漫才で大笑いした後の血糖値は平均77mgしか増えていなかった。
これは、笑いによって血糖値の上昇が抑えられた。という事を
あらわしている。

 成長し続ける人生
人間に生まれたことが奇跡的な事だし、それだけで十分に価値がある。
そして人間の可能性は無限です。
だからどんな人でも、いくつになっても、人間は成長できる(遺伝子のスイッチを
ONにできる)と私は信じています。

 最後に村上和雄先生の思いを掲載させていただきます。
私は、長い研究生活の結論として『思い』が遺伝子の働きを変えると、確信するようになりました。私たちの身体には、多くの遺伝子が眠っております。これらの遺伝子が感動・喜び・笑いなどによっていきいきわくわくすれば目を覚ますと考えられます。
このことが証明できれば、心と身体の関係が遺伝子のオンとオフで説明できる突破口となります。
さらにこの研究で『心の持ち方によって、眠れる良い遺伝子を目覚めさせること』を示せば、この成果は将来の教育や良い生き方に新しい視点を導入できます。今の日本は元気がありません。
それは、良い遺伝子が眠っている状態にあるからだと考えられます。21世紀は日本の出番が来ると私は思っています。

 私も皆さんもそうであるように、様々な試練がありましたが、その試練により
アロマに出会ったり、日本森林療法協会にも出会い、発酵食に出会ったり
いろんな方とのご縁があり、今があります。その試練に今では感謝しております。

 また村上先生の“『思い』が遺伝子の働きを変えること“ は共感できるところです。
もう還暦を迎えていますが、いくつになっても成長ができる(遺伝子がオンになる)
ように自分の可能性を信じて生きていければと思います。

   
posted by 田川 at 14:36| オススメ書籍のご紹介