• もっと見る

2023年09月10日

役員コラム 「水の星 地球に住むヒトとして 」

役員コラム「水の星 地球に住むヒトとして 」

鈴木友よ


私たちは住んでいる「地球」。
地表の7割が水が占めている、まさに水の星ですね。
イメージする姿はこんな感じです。

IMG_6861.PNG


とても潤沢にあるような気がしますね。
海の深さは地球のスケールのわりにとっても浅いので、地球上の水の全てを集めると

IMG_6859.PNG



この写真にある丸い青い球になります。
水のうちの97.5%は海水ですので
淡水の量はというと・・

IMG_6860.PNG



よく見てください!
先ほどの青い球の横の小さな丸です。(水全体の1.2%)

淡水はほとんど氷河や地下水ですので
すぐに飲むことのできるきれいな淡水は

さらに写真をよーく見てください!
その下のもっと小さな点なのですって・・(水全体の0.1%以下!)

この絵を見た私は、水資源の貴重さに驚きました。
毎日2リットルの飲み水が必要で、生活に関わる水となると、私たちは更にもっとたくさんの水を消費しています。

日本に住んでいると、ありがたいことに豊富なきれいな水の恩恵を受けることができるのでつい忘れがちですが。

では、その飲むことのできるお水、どこから来るでしょう?

海の水はそのまま飲むことはできませんよね。

じつは・・飲み水は森林が作っています。
海水が太陽の光で蒸発し、雲になり雨となって、森林へ。葉や幹を経由してゆっくりと土壌にしみこんで、地下水へ。ゆっくりと湧水となり、川へ。

樹木は70%が水分ですので、まさに水の柱。森林は緑のダムなのです。

私の愛読書であり、「空と大地が私に触れた」の一説に

IMG_6862.JPG


“樹木は、生存のために何の施しを乞わず、その恵みをすべての生き物たちに寛大に与えてくれる、無限の優しさと慈悲に満ちた存在である”(釈迦)
とあります。

その樹木に対し、

森が息を吐くとき、私は息を吸い込む。
私が息を吐くとき、森は息を吸い込む。
私たちは与えることで受け取り、
私たちは受け取ることで与える。

という詩も載っていて、とても大切なフレーズとして、心に刻んでいます。

地球上で生きていくためには、森林、土壌、そこに住むたくさんの生き物の連携が必要です。もちろんその生き物にはヒトも含まれています。

日本には「里山」という文化があります。世界に誇る、持続可能なシステムです。
森林セルフケアを行う上で、こうした視点を同時に持ち続けていければ、と思っています。


❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

★次回のイベントにご参加されませんか?イベント情報は下記サイトをご参照ください!
 https://jfts.peatix.com/view

★NPO法人日本森林療法協会 Facebookページに「いいね!」で最新情報をチェック!
 https://www.facebook.com/TheJapaneseForestTherapySociety

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖
posted by Yu SEKI at 10:17| 役員コラム