• もっと見る

2022年09月13日

レベルアップ講座・実地編のご案内 「森林ホースセラピー体験会」

レベルアップ講座・実地編のご案内 
「森林ホースセラピー体験会」


NPO日本森林療法協会
理事 降矢 英成


レベルアップ講座の次回は、秋の実地編を行います。今回は森だけでなく、「森林ホースセラピー」では「森林」と「馬」の“相乗効果”が得られるということになります。

そして、実地編ですので、場所はNPO法人EPOさんのある富士宮市の郊外で行います。

【日時】 11/20(日)12時50分〜16時くらい
     12時10分に新富士駅改札から送迎あり

【講師】 @馬体験〜高橋智(NPO法人EPO理事長)およびスタッフの皆さん
     A外乗コースでの森林療法体験〜降矢英成

【場所】 富士宮市NPO法人EPO
【参加条件】体重75s以下の方
 EPOさんにいる馬は、小型のポニーのため、体重が75s以下の方にさせていただきます。*ちょっとオーバーの方は今からご準備なさって下さい…

【定員】 12名
 今回は、ポニー3頭がお迎えしてくれます。1頭につき2名で体験しますので、一度に6名が体験でき、それを2クールまではポニーちゃんも頑張ってくれますので、合わせて12名の定員となります。

【内容】
・A班〜森林ホースセラピー体験→外乗コースでの森林療法体験
・B班〜外乗コースでの森林療法体験→森林ホースセラピー体験

今回、このEPOさんのなさっている取り組みがなぜ協会にとって、そして会員の皆さまにとっていいのでしょうか、いくつかポイントを挙げてみたいと思います。

@ケアを心得ている団体であること
EPOさんは、発達しょうがい児のケアをしてきており、単にスポーツやアクテビィティとして馬の体験をしているのではなく、ケアの精神をもっていることから、「森林セルフケア」という理念とマッチしています。

A森の中に立地していること
富士山の中腹の森の中に立地しているため、森の中に外乗できる環境になっています。発達しょうがい児たちも、外の森のアップダウンのある道で馬の背に揺られる刺激、ちょっとしたスリルを楽しそうに味わっているそうです。

B馬の種類がポニーなので小型で安心
実は、私は怖がりでして、普通の馬は大きくて乗るとかなり怖いのですが、EPOさんのところの馬はポニーという小型の馬ですので、怖さがあまりありません。ですので、今までちょっと怖かった方もご安心下さい。きっと大丈夫です!

Cストレスケア対策のスタッフが補充されている
今回、ストレスケアへの取り組みを始めるにあたり、心理系とボディワーク系のスタッフを新たに補充しています。このため、ストレスケアのプログラムとしてとても良くできています。ぜひ、その内容を10月30日のフォーラムでお聴きいただきたいと思います!(講演とダイアローグは録画する予定ですので、録画受講も可能です)

詳細およびお申込みは、協会ホームパージからお待ちしております! 焼きそばの町・富士宮でお会いしましょう!

お申し込みは下記ページよりお願いします
https://blog.canpan.info/jfts/archive/323

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

森林セルフケアフォーラム2022詳細・お申し込みはこちら
https://blog.canpan.info/jfts/archive/310

NPO法人日本森林療法協会 Facebookページに「いいね!」で最新情報をチェック!
https://www.facebook.com/TheJapaneseForestTherapySociety

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

posted by Yu SEKI at 08:02| イベントのご案内