CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2022年01月20日

集中講座@神流町について

森林セルフケアサポーター
渡辺 充代



群馬県多野郡神流町は、群馬県の南西部、埼玉県境にある人口およそ1,700人、世帯数およそ930世帯の小さな町です。
町の中央には清流・神流川が流れ、周囲は1,000m級の山々が連なります。町の面積(11,460ha)のおよそ90%を森林が占めています。360度、どこを見ても、森や林が目に入る、なんとも贅沢な町です。

A:町の風景.jpg


神流町では、平成29年度から豊富な森林資源を生かした産業振興で神流町の持続的発展を目指す「神流町林業再生プロジェクト」として5つのプロジェクトに取り組んできました。そのうちの一つ、「森林空間の新たな活用部会」では、

○丁寧に手入れをした森や林の中に、ゆったりと心地よい時間を過ごせる場所を作る
○「森林空間」でココロとカラダを心地よく癒すための体験プログラムを提供する
○体験プログラムを通じて、森林をより身近なものと感じてもらえるよう働きかける
などを目指し、まずは活動フィールドとなる町有林の森林整備を進めてきました。

今後、「ココロとカラダを整える森林空間」として神流町の森林を活用するには、どのような活動を、どう実践したらよいか検討をした中で、まずは私たちが森林の中でココロとカラダを整える活動をしてみよう、自分自身でケアする体験をしてみようと、日本森林療法協会のセルフケア体験会にたどりつき、2021年3月に神流町でセルフケア体験会を開催することができました。

体験会には、神流町内の観光や森林・林業の関係者、役場職員のほか、一般参加の方も含め、町内外からおよそ40人の参加がありました。神流町の贅沢な森林空間でゆったり、楽しくくつろぎ、セルフケアでココロとカラダが心地よく癒されることを実感しました。何より、地元にとっては何でもない、普通の生活の場が、誰かを癒し、喜んでいただける特別な空間になることに、少なからず驚きを感じました。

そこで神流町の農泊推進をしている方や役場担当者にも参加いただき、農泊推進の事業の一つとして応援していただけることになり、2021年9月25日に森林セルフケア講座(室内編)、10月16日に森林セルフケア講座(実地編)、2021年10月17日に森林セルフケア体験会と森林セルフケア支援研修を開催することができました。3日間を通じ12名が参加し、現在までに5名のセルフケアサポーターが誕生しています。

B:コラージュ写真.png


私自身は、森林や林業、環境の仕事に携わっています。森林セルフケアで森林や林業のことを知っていただきながら、セルフケアサポーターとしての経験を積み、いずれ森林セルフケアコーディネーターとして、神流町で、疲れたココロやカラダを癒していただく体験会や講座を開催できるようになりたいと思い、受講しました。しかし今年度は4月から異動で職場が変わり、毎月60時間を超える時間外勤務が続く中、ココロもカラダも脳みそも、とってもヘトヘトな状態での受講となりました。

最初はしっかり研修内容が頭に入るだろうか…と不安もありましたが、小雨模様で霧のかかる中の実地研修では、神流川の流れる水音を聴きながらの深い呼吸や瞑想で、自分自身がフッと軽くなることを体感することができました。講座の中での何気ない言葉、さりげないサポートで、いくつもの気づきもいただけました。また、これから神流町で活動をしていこうと集まった仲間との支援研修では、これから実施したいプログラムがいくつも提案され、今後の活動が大変楽しみなものとなりました。

町内在住の方からは、神流町の森林といっても、日常すぎて何がどう良いのか、その良さがよく分からない、目の前の森林空間が当たり前すぎて、実感がわかない、といった声も聞かれました。町内在住ではない私からすると、神流町の360度、見渡す限り森や林が続くパノラマ景観や、川・鳥・動物などの音、風や水の感触、土や木や花の匂いなど、五感を刺激するすべてのものが、すぐ手の届くところにある、というところが特別なことだと思います。

そして、これを少しでも多くの方に知っていただきたいし、特別であることを、何よりも神流町の皆さんにもぜひ知っていただきたい、と強く感じました。

今後は神流町の豊かな森林で、心地よく、ココロとカラダをゆるませ、くつろぎ、心地よい感覚を味わっていただく、神流町の森や林での活動だけでなく、食や暮らし、文化、そして神流町の基幹産業である林業にも触れていただく機会をプラスして、自分自身の中に眠る五感、本能、身体感覚を取り戻していただく場を提供したいと考えています。

具体的には、神流町有林やキャンプ場など、普段から整備や管理をしている森林を活用した『ココロとカラダとゆるめるセルフケア体験』と、スギやヒノキの伐採作業の見学、薪割り、木工など、林業・木材と触れ合う『山の仕事体験』などのプログラムの開発を進めます。

神流町の「豊かな森林」と、そこからいただく様々な「森の恵み」を通じ、たくさんのみなさんにココロとカラダを元気にしていただけるよう、神流町セルフケアサポーター第1期生を中心に活動を拡げていこうと考えています。

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

★次回のイベントにご参加されませんか?イベント情報はホームページをご参照ください!
 https://foresttherapy.wixsite.com/forest

★NPO法人日本森林療法協会 Facebookページに「いいね!」で最新情報をチェック!
 https://www.facebook.com/TheJapaneseForestTherapySociety

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖
posted by Yu SEKI at 07:51| サポーターコラム