CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年12月11日

レベルアップセミナー参加感想

2021年11月21日に開催しました森林セルフケアレベルアップセミナーにつきまして、参加者の小口智津子さんより感想を頂きましたので、ご報告申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


レベルアップセミナーin 鎌倉に参加して(2021/11/21)


源氏山公園は、都市公園のように人の手が入り過ぎておらず、森林セルフケアには適し
たフィールドだと思います。また cocorokamakura は、フィールドまで徒歩約 10 分と、森
林セルフケアに最適な環境にあると思いました。

馬場コーディネーターによる「源氏山公園で森林セルフケア体験」は、自然と人との一
体感について東洋思想をベースにした案内で、とても興味深いものでした。また、ひとつ
ひとつを丁寧に案内する姿には、人柄が表れていたと思います。中でも特に印象的だった
のは、「緩めて、感じて、気づいて、戻る」ということです。

スタートの際のクスノキの観察では、特に感じるものはありませんでしたが、中盤に入
り、呼吸法を行った後は頭がすっきりしました。また、あくびが連発して生じ、体の緩ん
だサインを感じました。終盤になって同じクスノキを観察すると、始めに見た時よりも赤
味を帯びており、味わい深く見えました。このことから、自分は身体感覚が鈍いのかと疑
いましたが、体が緩んでいれば感じることに気づきました。そして、普段、無関心な自分
の体が、健気にも反応していることに喜びを感じると同時に感謝し、もう少し自分の体を
大切にしようと思いました。

梶原サポーターの「心理療法的な森林セフルケアの検討会」では、降矢先生の進行の下、
参加者 12 名でシェアを行いました。源氏山の自然環境と cocorokamakura の素敵な空間と
参加者の縁が調和された「場」によって、シェアも有意義に繰り広げられました。梶原サ
ポーターは心理の専門家なので、フォロー態勢もあるため、対象者は安心して参加するこ
とができると思いました。

セルフケアサポーターになって初めてのフィールドでしたが、森林セルフケアは奥が深
い手応えを十分に感じ、これからが楽しみです。ありがとうございました。


❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

★次回のイベントにご参加されませんか?イベント情報はホームページをご参照ください!
 https://foresttherapy.wixsite.com/forest

★NPO法人日本森林療法協会 Facebookページに「いいね!」で最新情報をチェック!
 https://www.facebook.com/TheJapaneseForestTherapySociety

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖
posted by Yu SEKI at 22:49| 活動報告