CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年07月15日

森林セルフケアサポーターコラムvol.3『自然に触れながら暮らす日々』


自然に触れながら暮らす日々


森林セルフケアサポーター 鴨井 裕子



新しい生活様式がスタートし、まだ多少戸惑いながらも落ち着いた暮らしになりつつあるように感じています。

皆様はこの春をどのように過ごされましたか?

私の暮らしも世間の波に流され色々と迷うこともありましたが振り返ってみると心の奥底あるものは変わらずに過ごしていました。

4月は習っている有機栽培ハーブ講座で持ち帰った様々な種を蒔き、毎日観察していました。
いつもならうっかり見過ごしてしまいそうな小さな成長を早朝のベランダでゆっくり眺められるのはこの時期だからこその小さな楽しみでした。

image_2020_7_10.png


ミルクシスルというメディカルハーブです。小さな本葉ですがアザミの仲間なので小さなトゲがあります。

電車での移動を再開してからの週末は、ベランダで育った大量のハーブ苗を大磯へ運び畑に定植しました。
帰りは通えなかった間に元気に育ったハーブたちを収穫して持ち帰ります

image_2020_7_10 (1).png


ミント・イタリアンパセリ・スギナ。電車内でも袋からハーブがほんのり香ります。


去年はレモングラスが大きく育ちましたが今年はコモンマロー(ブルーマロー)が大きく育ち大量に収穫出来ました。

image003.jpg


image_2020_7_10 (2).png


去年植えた小さな苗が2m位に成長しました。毎回100〜200個摘み取るのは時間がかかりますが毎回楽しくて楽しくて♪

あまりにも多いのでマロー酒を作ってみました。

image005.jpg


花びらの色素がお酒に浸透していきお花が透明になっていきます。

レモン汁やカルピスなどを注ぐと綺麗なピンク色になります。
梅酒や甘夏酒も仕込んでありそれらも美味しいのですが、見た目の楽しさもあるマロー酒は今年のマイブームになりました。

マイ畑の作業の他に、メンバー登録している大磯農園の田んぼの作業をしたり。
大磯の農家さんのお手伝いで小麦の収穫をしたり。
二宮の農家さんのお手伝いで梅を収穫したり。
農作業はほとんど経験がなく小麦の収穫・梅の収穫・どちらも初体験でした。
交通機関を利用するようになってからは自分の畑だけでなくお手伝いをさせて頂くことで
元気をチャージできているようです。

image_2020_7_10 (3).png


image_2020_7_10 (4).png


おすそ分けして頂いた脱穀済の小麦は全粒粉にして少しずつ料理に使っています。
梅は夏バテ対策に梅シロップにしました。

遠くへ移動することが出来ない時期でも小さなベランダガーデンで植物と触れ合うことは出来ました。
いつもよりゆったりとした時間の流れに身を任せると小さな変化に気付きそれが喜びとなります。

近所の公園へ散歩するだけでも気分が良くなりました。
移動が可能になれば新しい人や活動に出会うチャンスに恵まれますが、ほんの少しでも自然と触れ合うことで人は癒されるのだとこの数か月の生活で実感しました。

森や山、畑などにいくのが難しい暮らしの方は一鉢の植物を買ってみてはいかがでしょうか?
上手く育たなくても育てている時間はきっと心が喜んでいると思います。

アロマテラピーインストラクター・ハーバルセラピストとして活動していく中で、
香りの小瓶やパック詰めされたハーブだけではなく生きた植物に触れたいという想いが強くなってきています。

どんどん日焼けしていきますがそれも自然の恵みの一部として日々の暮らしを楽しんでいきます。

posted by Yu SEKI at 21:26| サポーターコラム