CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年12月03日

理事長就任にあたって

前監事 原田 純子


このたびNPO法人日本森林療法協会の理事に就任し、同時に理事長の任も拝命いたしました。

「森林浴」という言葉が使われるようになって、数十年の時が経っておりますが、一方では世の中の進み方の速度は桁違いに速くなりました。そのために心身の不調を訴える人が多くなり、過重労働や抱えるストレスは現代の大きな社会問題にもなっております。

「森林浴」は植物の力を借りる健康法の1つですが、「森林浴」が心身の不調を緩和するのに有効であるという研究が進み、様々な実験によりエビデンスも積み重なって来ております。「森林浴」を身近な所で気軽に取り入れる形として、私はこの森林療法協会の「森林セルフケア」が最も手軽で近道なのではないかと考えております。体にも心にも穏やかに作用する植物の力は、上手に利用すれば人間本来の力を取り戻す手伝いをしてくれるのです。

森林浴だから遠くの森に行かないと…と考える必要はありません。身近にある都市公園にも豊かな自然が育まれているのです。そのような環境を利用しない手はありません。公園なら気軽に行くことが出来ます。

そして何より「セルフケア」=自分で出来るのです。先ずは森に行く機会を増やしましょう。森に行って何をどうすれば良いのと言う最初の質問にお答えするために体験会があります。ぜひお気軽に森林セルフケアを体験しにいらして下さい。そして森についての新しい情報などもお知らせしながら、ご一緒に森林セルフケアで健康になる人を増やす活動をいたしましょう。

「月に一度は森に行こう♪」が合言葉です。どうぞよろしくお願いいたします。
【(カテゴリーなし)の最新記事】