CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年12月03日

理事長退任のご挨拶

前理事長 山野勉


NPO法人日本森林療法協会の活動に興味を持たれている皆様、私は任期満了をもちましてこの10月に理事長及び理事を退任しましたのでご挨拶をさせていただきます。

森林セルフケアは、予防医学的な見地から森林という自然環境の中で、自らが心と身体に働きかけ、病気になりにくい身体づくりを目指すとても優れた健康法だと信じていて、広くその普及に努めてきました。

その中でも僕が取り組んできたフォーラムでは、それまでは会員の活動報告的なものが多かったと思いますが、新しいフォーラムのあり方を検討し、外部の関連団体との共催を模索して、3年前に植物ネットワークの皆さんのご協力をいただき、無事成功裏に終了することができました。

昨年は、(公社)日本シェアリングネイチャー協会さんと、今年は(一社)バッチホリステック研究会との共催でフォーラムが成功していることから、今後も他団体との共催でより広い視野での活動に広げていただけたら、と考えています。

退任後は、理事、理事長時代の経験を生かして、協会の有資格者の皆さん、会員の皆さんのスキルアップに努めていくとともに、協会が普及に努めている森林セルフケアに、多くの方が参加しやすい環境づくりのために、理事会のお手伝いをしていきたいと考えています。

新理事長の原田さんは大変意欲のある方で、新しい考え方で協会がより発展する力を持っている方だと思います。

今までご協力いただいた会員の皆様、そして協会の活動に興味を持たれている皆様、ありがとうございました。 引き続きNPO法人日本森林療法協会をご支援いただけますようお願いして、退任のご挨拶とさせていただきます。
【(カテゴリーなし)の最新記事】