CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2014年08月 | Main | 2014年10月»
プロフィール

日本ファンドレイジング協会さんの画像
<< 2014年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
リンク集
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/jfra/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jfra/index2_0.xml
【ご報告】ファンドレイザー選択研修を開催しました! [2014年09月30日(Tue)]

おはようございます!事務局の宮下です!

9月20日、認定・准認定ファンドレイザー選択研修を開催しました!
選択研修は、認定ファンドレイザーを目指される方、准認定ファンドレイザーを目指される方、
また、資格取得に拘りなく実務に活かせるノウハウの習得など、様々な目的でご参加頂いています。
http://jfra.jp/cfr/2014schedule.html

今回、午前中は、「NPOが企業と連携するために必要なこと」と題し、株式会社シン・ファンドレイジングパートナーズ代表取締役で、准認定ファンドレイザーもある河内山さんから
企業連携ができる団体へ成長するために必要な戦略を、ワークショップも交えて学びました。
DSC04376.JPG

ワークショップで、実際の企業提案を体感した後は、河内山さんのコンサルティング経験から豊富な事例をご紹介頂き、具体的なポイントを学びました。
DSC04380.JPG
受講者の方も、今後の活動に活かす様々なヒントを学びましたと、嬉しい声を頂きました。
〜受講者の声〜
・ファンドレイジングをするにあたって基本であり、必要となる伝え方を学べました。
・企業側にとってどのようなメリットをもたらすことができるのかを普段説得力をもって伝えられてないなと痛感しました。伝える技術を磨いていこうと思います。

午後は、NPOマネジメントラボ代表、認定ファンドレイザーであり、日本各地のソーシャルベンチャーやNPOの支援をされている、人気講師の山元さんから、「NPOの経営戦略フレームワークから考えるファンドレイジング」と題し、社会変革のための経営戦略とは何か、3時間をかけて学びました。本当に社会を変えるために必要な経営戦略をどう組み立てていくのか、単なる財源獲得ではないファンドレイジングの本質を、プロフェッショナルファンドレイザーである山元さんの経験、熱意とともにお話頂きました。
DSC04401.JPG
DSC04405.JPG
〜受講者の声〜
・網羅的かつ、ふんだんにケースが盛り込まれていて大変学びになる講義でした。
・自団体ではどこができていて、どこが足りないのか、見直すことができたので、日々の実践にすぐ活かせそうです。
・日々の活動内容に振り返り改善しながら行っているつもりでしたが、やや手段にとらわれていたなと気付きをいただきました。

選択研修では、必修研修では深堀りできないファンドレイジングアクションを、各回、テーマごとに、ワークショップや事例を交え、より実践に近い形で学んでいきます。
今年は、残すところ、あと1回。
10月30日となります!

是非、この機会をお見逃しなく!

【詳細・お申し込みはこちらから】10月25日申込締切!
10月30日(10:00−12:00)
「ファンドレイジングにおいて団体と個人(ファンドレイザー)が果たすべき役割と責任」
講師:樽本哲(弁護士/准認定ファンドレイザー)


認定・准認定ファンドレイザーは、ファンドレイジングの体系的理解とスキルに加えて、高い倫理性を備え、行動基準を守ることを宣言する人でもあります。
ファンドレイザーが自信と誇りと誠実さをもってファンドレイザー活動に取り組むための道標となる行動基準を中心に、個人情報の取扱いなど具体的な事例を踏まえながら、ファンドレイジングにおいて団体と個人(ファンドレイザー)が果たすべき役割と責任を法律家の視点から解説頂きます。

10月30日(13:00−16:00)
「失敗の事例から学ぶファンドレイジングの本質」
講師:鵜尾雅隆(日本ファンドレイジング協会 代表理事)


支援者とのコミュニケーション、理事会の運営、意志決定のプロセスなどの、日本国内外のファンドレイジングの失敗の事例から、ファンドレイジングの計画に必要なポイントを学びます。過去の経験から学び、ファンドレイジングの成功の本質を解説します。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 09:38 | イベント案内・報告 | この記事のURL
FRJ2015のボランティア募集について運営ボランティアメンバーと打ち合わせをしました! [2014年09月25日(Thu)]

事務局インターンの永田です。

昨日10月1日からスタートするFRJ2015のボランティア募集
についての運営ボランティアチーム「MOVE」メンバーと詳細打ち合わせをしました。

IMG_1171.JPG

今年は、こんな募集にしてみない?チラシの写真、
もっとボランティアの業務がわかるような方がいいと思う、など活発な意見やアイデアがでました。

今年は、FRJボランティア募集も、セカンドステージで、初チャレンジもします。10月1日をお楽しみに!

IMG_1174.JPG

ーー
JFRAボランティアデーのご案内
10月2日(木)19時〜@協会(来れる方は少し早めに来て頂いてもOKです。)

どなたでもご参加OK!
ご参加希望の方は、事務局まで、ご連絡ください。
frj@jfra.jp
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 11:16 | ファンドレイジング・日本 | この記事のURL
こどもトラストセミナーで寄付の教室をします。 [2014年09月24日(Wed)]

事務局インターンの永田です。

10/18(土)の13:30〜15:30に
コモンズ投信さんのこどもトラストセミナーにて、
当協会が「寄付の教室」を実施することになりました。
http://www.commons30.jp/seminars/detail/44

「寄付をすること」を通じて、子供たちと社会とのつながりや
社会のいろいろな課題に関わっていくことを一緒に学んでいきます。

申し込み受付中なので、お子様がいらっしゃる方、是非ご参加ください。

寄付の教室についてはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 15:02 | 講師派遣・研修 | この記事のURL
【ご報告】2日間の認定ファンドレイザー必修研修を開催しました! [2014年09月24日(Wed)]

おはようございます!

先週の9月18日、19日に、2日間の認定ファンドレイザー必修研修を開催しました!
この「認定ファンドレイザー必修研修」は、准認定ファンドレイザーの方で、ファンドレイジング関連の有償実務経験が3年以上有する方を対象に行います。

上級資格である「認定ファンドレイザー」では、検定試験だけでなく、必修研修でのグループワークやプレゼンテーションなどの対人コミュニケーション力、 実際のファンドレイジングの改善戦略レポートでの審査など、総合的な評価を行います。

一日目、前半は、准認定ファンドレイザーでは触れていない、事業収入や疑似私募債・融資の
ファンドレイジングアクションを学びます。
准認定ファンドレイザーの時には、より共感性の高い「会費」「寄付」を中心に、「助成金」
までの財源を学びますが、
上級資格である認定ファンドレイザーは、「事業収入」「融資・疑似私募債」を含めた
多様な財源を、共感を軸に相乗効果を活かしながら戦略を考えることが求められます。
IMG_3510.JPG
IMG_3529.JPG
IMG_3539.JPG
朱色のテキストを全て学び終えた後は、詳細の団体ケースを元に、グループワークに入ります。
このケースは、様々な実例に基づく情報を融合させて、架空のケースとして作成しています。
組織・財源・事業についての詳細設計と、決算情報を交えた数十ページの資料は、事前に受講者の方にメールでお送りしており、予め設定された問に対して、テキストの内容の確認、インターネット等を通じた参考情報収集をお願いしています。
IMG_3594.JPG
IMG_3587.JPG
DSCN4302.JPG
2日目に、このファンドレイジング戦略の発表が行われます!
詳細の分析から始まり、3〜5年のアクションプランにまでおとしこんだ各グループの発表は
毎回、同じ切り口になることはなく、様々な視点、考えた方のポイントが非常に学びが
深いものとなっています。
DSCN4344.JPGDSCN4333.JPG
DSCN4366.JPG
DSCN4400.JPG
DSCN4411.JPG
DSCN4438.JPG
DSCN4441.JPG
DSCN4452.JPG
DSCN4392.JPG
参加者の方からも嬉しいお言葉をたくさん頂きました!
・チームでひとつのファンドレイジング戦略をまとめていくプロセスは、議論を方向づけるために何をすべきか、難しい点もありますが、それぞれ前向きな意見を出し合いプランがまとまったときは本当に嬉しかったです。
・研修を通じて、仲間がいること、同じような悩みの中で頑張っている人とともに学ぶことでモチベートされました。

その後は、個人のプレゼンテーション発表も行い、あっという間に2日間が終了。
研修終了後には、希望者の方とのグループ相談会を開催しています。
ファンドレイジングの具体的改善について講師からのアドバイスや 参加者間の意見交換、経験の共有を行い、普段の悩みやアイデアを共有し 解決策を検討しあう場も設けております。

また、この研修には、認定ファンドレイザーテキストの実践編追加テキスト、 ファンドレイジング関連業務フォーマット集(CR-ROM)が含まれています。

この2日間の研修では、准認定ファンドレイザーで学んだ知識とスキル、 倫理に加えて、「実践力」「マネジメント力」「コミュニケーション力」の習得を目指します。

「認定ファンドレイザー」は、日本のファンドレイジングをリードする真のプロフェッショナルファンドレイザーです。
今年は、残り1回開催します!
皆様の挑戦お待ちしております!
DSCN4527.JPG
【2日間の必修研修:10月11日(土)と12日(日) 】

詳細・お申し込みはこちらから(http://jfra.jp/cfr/2014schedule.html#01

このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 05:44 | イベント案内・報告 | この記事のURL
【ご報告】認定・准認定ファンドレイザー選択研修の開催 [2014年09月24日(Wed)]

おはようございます!事務局の宮下です。

9月20日の土曜日、認定・准認定ファンドレイザー選択研修を開催しました!

選択研修では、各テーマ毎に、ワークなども交えながら、より実務に近く、ファンドレイジングを深掘りしていきます。

午前中は、当協会のプログラムオフィサーの大石 俊輔さんから「ファンドレイザーが知るべき寄付市場」として、日本の寄付市場の概観を捉えます。
DSC04290.JPG
当協会では、日本の寄付市場全体を示す包括的な年次レポートとして、寄付白書を発行しています。
「そもそも日本の寄付市場は」「市場(寄付者)のニーズは」「寄付市場の特徴的な変化」の視点から、
ファンドレイザーが知るべきデータをピックアップして学び、後半は寄付白書のデータを、ファンドレイジングの実務にどう活かすか、ワークショップを通じて考えていきます。

午後は、選択研修として初めてのテーマ「社会的価値評価」を当協会の事務局次長であり認定ファンドレイザーの鴨崎 貴泰さんから解説しました。
DSC04330.JPG
前半は、社会的投資と休眠預金の活用、ソーシャルインパクトボンドの事例など、海外・日本の潮流を学び、後半は、貨幣換算しにくい成果をどう指標かするか、そのプロセスをグループワークを通じて体感しました。
社会的価値(経済的価値には換算しにくいが確かに社会を良くしている価値)を明らかにプロセスは、事業者が説明責任を果たす意味で重要なことでなく、NPOのファンドレイジングにとって非常に重要であり、その思考が大切だと改めて認識する機会になり、参加者の皆様からも「難しいけど、大切なことであり、非常に学びが深かった」と声を頂きました!
DSC04357.JPG

休日に関わらずご参加くださった皆様、誠にありがとうございました!
選択研修は、今年は残り2回、開催していきます!
http://jfra.jp/cfr/2014schedule.html#04

●9月26日(金)(東京)午前2ポイント/会場:日本財団
「NPOが企業と連携するために必要なこと」

企業と連携し、事業を展開していくときには、単なる「支援」だけではなく、企業と戦略的なパートナーとして関係を構築していくことが必要です。
企業連携ができる団体へ成長するために必要なファンドレイジング戦略を事例とワークショップを交えて学びます。

講師/河内山信一(株式会社シン・ファンドレイジングパートナーズ 代表取締役
/准認定ファンドレイザー)

●9月26日(金)(東京)午後3ポイント/会場:日本財団
「NPOの経営戦略フレームワークから考えるファンドレイジング」

「調達するのは本当に資金でいいのか?」
「一体どれくらい必要なのか?本当にそれだけ必要なのか?」など、ファンドレイジング戦略を考える前に整理しておくべきことがあります。
NPOの経営戦略全体の中でファンドレイジングはどう捉えるべきなのか、単なる財源獲得でない自団体のファンドレイジング戦略について学んでいきます。

講師/山元圭太(NPOマネジメントラボ 代表/認定ファンドレイザー)

●10月30日(木)(東京)午前2ポイント/会場:日本財団
「ファンドレイジングにおいて団体と個人(ファンドレイザー)が果たすべき役割と責任」
講師/樽本哲(弁護士/准認定ファンドレイザー)

●2014年10月30日(木)(東京)午後3ポイント/会場:日本財団
「失敗の事例から学ぶファンドレイジングの本質」

講師/鵜尾雅隆(日本ファンドレイジング協会 代表理事)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 05:23 | イベント案内・報告 | この記事のURL
【ご報告】9月13日、准認定ファンドレイザー必修研修、開催しました! [2014年09月17日(Wed)]

こんにちは、事務局の宮下です。

9月13日(土曜日)に、准認定ファンドレイザー必修研修を開催しました!
今回も全国から30名を超える方々がご参加下さり、ファンドレイジングの全体像を学びました!

2012年から開始したこの研修は、23回目を迎え、既に1400名を越える方々が受講下さっています。
北海道など、遠方からお越し下さって方もいて、「ファンドレイザー」同志のネットワークの場としても好評です。

午前は、ファンドレイジング概論ということで、財源戦略だけでない、事業・組織の成長戦略、
共感を軸に社会を巻き込むポイントを学びます。
IMG_3419.JPG
午後は、脇坂税理士にファンドレイザーが抑えるべき寄付税制と会計を学びます。
この研修では、関連書籍も販売しています。
IMG_3431.JPG
午後は、ファンドレイジングアクションの仕掛けの
ポイントを、日本国内外の事例も交えながら学びます。
ケースステディを使ったワークショップでは、グループ間での共有、発表も行いました。IMG_3455.JPG
IMG_3480.JPG
IMG_3489.JPG
ご参加下さった方からは、
・ファンドレイジングは、寄付を募るということ以上の意味を持たせる視点、具体的な方法や考え方を教えていただき、ありがとうございました。
・ファンドレイジングという活動が、当初想定していたようりも、ずっとダイナミックで魅力的な仕事であることがわかりました。
・NPOで実際に活動されている生の声に触れることができ大変貴重な経験ができました。
など、嬉しい声を頂きました。

今年度もこのあと、東京で1回、地域で4回、開催します!ファンドレイジングを学びたいすべての方、必見です。

【准認定ファンドレイザー必修研修】※申込受付中
9月28日(土)10:00−17:00(大阪)
10月12日(日)10:00−17:00(名古屋)
10月18日(土)10:00−17:00(佐賀)
10月25日(土)10:00−17:00(東京)
10月26日(日)10:00−17:00(仙台)
【詳細・申込】
http://jfra.jp/cfr/2014schedule.html
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 21:46 | プレスリリース・発表 | この記事のURL
【メディア掲載】稼げる資格 [2014年09月17日(Wed)]

事務局インターンの永田です。

昨年度から引き続き2014年下半期の『稼げる資格』に当協会の
「認定ファンドレイザー」の資格が掲載されました。
http://jfra.jp/cfr/

NPOや企業、財団などで財源獲得の知識を得たプロフェッショナルのニーズは
高まっており、これからもできるだけ多くの方が
ファンドレイザーの資格に挑戦していただきたいと思います。

「ファンドレイザー」という職が社会的により認知されるよう
これからも頑張っていきます。

new_DSC00035_fotor.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 11:49 | メディア掲載実績 | この記事のURL
G8インパクト投資タスクフォースシンポジウム [2014年09月17日(Wed)]

事務局インターンの永田です。

昨日慶應義塾大学で行われた
G8インパクト投資タスクフォースシンポジウム
『社会課題を解決する金融イノベーションのフロンティア』に参加してきました。

20140916_150435.jpg

このシンポジウムのテーマであるインパクト投資とは、
「教育や福祉などの社会的な課題の解決を図るとともに、経済的な収益をもたらす
投資の手法」のことを指します。

このインパクト投資市場を成長させるために、2013年6月のG8サミットで
設立されたのがインパクト投資タスクフォースです。
今回のシンポジウムではインパクト投資の事例紹介や投資の拡大に向けた問題点など、
様々な内容のセッションが行われました。

日本ファンドレイジング協会からは、
「インパクト投資ケーススタディー」のセッションで理事の渋澤さん、
「社会的投資と休眠預金の活用」のセッションで代表理事の鵜尾さん、
「ソーシャルインパクトボンドの実現に向けて」のセッションで
事務局次長の鴨崎さんが登壇され、
社会的投資における当協会の役割が高まっていることを感じました。

「インパクト投資ケーススタディー」のセッションでは
官民含めた各業界からのインパクト投資に関する事例が紹介されました。
金融商品の実例やJICAによる国際協力の事例など、
様々な分野でインパクト投資が行われていることが紹介されました。

社会的投資と休眠預金の活用のセッションでは
海外の休眠預金の活用の事例を参考に、日本では活用されていない
休眠預金を、今後どのように活用できる枠組みを作っていくかについて話されました。

「ソーシャルインパクトボンドの実現に向けて」のセッションでは
海外で広まりつつあるソーシャルインパクトボンドが日本でどのように実現可能
なのかということについて話されました。

ソーシャルインパクトボンドとはソーシャルセクターに向けた資金調達の枠組みのことで、
民間投資家からNPOなどの活動資金を調達したあと、政府はNPOなどの成果に応じて、
投資家に配当を与えるというものです。
これは社会性を伴った収益を得るための投資という点で従来の寄付とは異なります。
投資リスクや信頼性などまだまだ課題はありますが、
社会性ある新たな金融商品として今後実現することが求められます。

DSC00018.JPG

これからの時代は政府にも民間にも社会性を考慮した金融が求められます。
政府主導で社会を変えていくシステムの見直しが必要な今、
法的制度的枠組みが整備されれば、インパクト投資市場は拡大していくと見込まれ、
今後の発展が期待されます。

また現在まさに社会的投資の市場形成に向けて、
今後必要な取り組みをまとめた書籍を発行するプロジェクトが進行中なので、
日本の未来を変えるプロジェクトに共同発行人として参加していただけると嬉しいです。
http://shootingstar.jp/projects/1194

どうぞよろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 11:02 | イベント案内・報告 | この記事のURL
【関西チャプター設立準備会】に参加させて頂きました! [2014年09月16日(Tue)]

こんにちは、事務局の宮下です!

9月15日(土)関西チャプター設立準備会が、大阪で開催され、当協会から代表理事の
鵜尾雅隆と一緒に参加させて頂きました。

会場は、NPO法人ノーベルさんの事務所でした。
病児保育に取り組んでいらっしゃるノーベルさんの事務所は、保育スペースがあり清潔感あふれる中にもアットホームな優しい雰囲気で、お子様を連れてのご参加も可能です!
DSC04147編.jpg
この研究会は、会場を持ち回りで設定されているようで、「お宅訪問」の雰囲気も人気なようです!

最初は、認定ファンドレイザーの早瀬さん、江口さんから、会についての説明があり、
みなさんの自己紹介からスタートしました。
DSC04148.JPG
DSC04153.JPG
次に、ノーベルの専従ファンドレイザー、北村さんから第28回人間力大賞でファイナリストに選ばれた事例発表がありました。
DSC04187.JPG
人間力大賞受賞の具体的なノウハウと成果を共有くださったあとは、東京ミッドタウンで実際に行ったプレゼンテーションを発表されました。

組織のストーリーをこえた「なぜ、自分が人生をかけてチャレンジしているのか」のマイストーリーに、ぐっと心を掴まれた5分間でした。
DSC04206.JPG

16時からは、冒頭に、鵜尾からもチャプター化に向けての思いを話させて頂き、グループに分かれて、関西チャプター化に向けてのミッションやビジョン、今後の活動計画について話し合う場になりました。
DSC04212.JPG
DSC04232.JPG
各グループの発表は、関西圏全体のファンドレイジング力、地域課題解決力をさらにアップさせるための様々な切り口から、関西チャプターへの思いが話されました。

ポイントのつく研修や研究会の開催、全員が事例発表者になる研究会、寄付の教室の実施など、その他にもたくさんのアイデアが発表されました。
DSC04240.JPGDSC04247.JPGDSC04253.JPGDSC04260.JPG

今回、参加させて頂き、組織の枠組みを超えて、「ファンドレイジング」で繋がる皆さんのエネルギー、地域を軸に活動をされている皆さんの繋がりの強さを、実感しました。
DSC04272.JPG

ファンドレイザーひとりひとりの思いや「物語」がつながって、一緒にひとつの「物語」をつくる、チャプター。(※チャプターについてはこちらから)

当協会は、その一つ一つの「チャプター」の物語を紡いで、日本を変えるひとつの物語を創っていきたいと思います。

これからも各地域の状況にあわせて、連携させて頂きながら、その新しい動きを全国のファンドレイザーと共有していきたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 16:29 | チャプター制度 | この記事のURL
長野県でチャプター設立を目指したワークショップをしました [2014年09月16日(Tue)]

徳永です。

8月22日、長野県でのチャプターの設立を目指して、長野県塩尻市で長野県の認定・准認定ファンドレイザー、協会の会員の方々等と「地域で輝くファンドレイザー」というテーマでワークショップを開催しました。

当日は、塩尻、松本、上田、安曇野、飯田、長野市と広い県内からお集まりいただき、三時間半ほど、ファンドレイザーとして、今がんばっていること、これから目指したいこと、さらには団体の枠組みを超えて、いかに地域の市民活動の発展に貢献できるかなどを話し合いました。

翌8月23日には、前日のご参加者の3人の方と認定ファンドレイザーの公益財団いわさきちひろ記念事業団事務局長/安曇野ちひろ美術館副館長竹迫祐子さんのお仕事場を訪問。1時間ほどお話を伺って、その後、館内をご案内いただきました。

地域で活動されるファンドレイザーの皆様が、チャプターという場で「つながる」ことによって、新しい価値が生れることが大いに期待されます!
長野の写真.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 16:18 | イベント案内・報告 | この記事のURL
| 次へ