CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2014年07月 | Main | 2014年09月»
プロフィール

日本ファンドレイジング協会さんの画像
<< 2014年08月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
リンク集
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/jfra/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jfra/index2_0.xml
【ご報告】選択研修(大口寄付の戦略設計、会員制度設計)を開催しました! [2014年08月29日(Fri)]

こんにちは、事務局の宮下です。

8月28日選択研修(認定ファンドレイザー資格制度のポイント付与研修)を開催しました!
午前は「大口寄付を獲得するためのファンドレイジング戦略」
午後は「魅力的な会員制度を構築するために必要なこと」と題し、40名を超える皆様と
学びました!
1.JPG
午後の研修では、ケースステディを使ったワークショップを行い、最後は
テーブルごとに、会員制度設計の改善提案を行いました!
2.JPG
3.JPG
4.JPG
5.JPG
6.JPG
7.JPG

様々な切り口からの発表に、相互の学びも深まりました。

当協会では、認定ファンドレイザー資格制度のなかで、必修研修というファンドレイジングについて網羅的に学ぶ研修と
必修研修の学びをより深めるために、また、実務に活かすために、 より実践的な形式での選択研修を開催しております。

9月10月と開催を予定しておりますので、是非ご参加下さい!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
●選択研修
http://jfra.jp/cfr/2014schedule.html#04

2014年9月20日(土)(東京)午前2ポイント
「ファンドレイザーが知るべき日本の寄付市場」
2014年9月20日(土)(東京)午後3ポイント
「幅広い支援を得るために必要な社会的価値評価とは」
2014年9月26日(金)(東京)午前2ポイント
「NPOが企業と連携するために必要なこと」
2014年9月26日(金)(東京)午後3ポイント
「NPOの経営戦略フレームワークから考えるファンドレイジング」
2014年10月30日(木)(東京)午前2ポイント
「ファンドレイジングにおいて団体と個人(ファンドレイザー)が果たすべき役割と責任」
2014年10月30日(木)(東京)午後3ポイント/会場:日本財団
「失敗の事例から学ぶファンドレイジングの本質」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 18:31 | イベント案内・報告 | この記事のURL
嬉しいニュース!認定・准認定ファンドレイザーへの手当規定 [2014年08月29日(Fri)]

事務局の三島です。

嬉しいニュースがありましたので、ブログアップ!

協会は、「民から民への新しい資金」の流れを生み出し、イノベーティブな社会課題を促進するために、「ファンドレイザーを育成する」、「政策を変える」、「市場を形成する」取組みを推進している中で、社会を変えるプロフェッショナルを生み出す「認定ファンドレイザー資格」認定制度を実施しています。

ファンドレイザーは、社会課題を解決するために、NPO・社会起業家と、社会貢献に関心のある7割の日本人(2013内閣府調査)をつなぐパイプラインとして「ファンドレイザー」に期待が高まっています。

その資格制度は、認定、准認定ファンドレイザーの2段階になっており、体系的に、包括的にファンドレイジングを学びます。

今まで、その資格制度を取得された方には、手当がつく求人などもありましたが、団体で、この資格を取得された方に、報酬と給与に手当がつく規定が「難民を助ける会」さんにて設けられたとのこと。

団体にとって、NPOの組織基盤にかかるファンドレイジングの知識を持つことが、
団体にとってもプラスになるということで、この資格をスタッフにもどんどん取得してほしい、ということからだそうです。

ファンドレイザーが評価される社会をつくっていきたいと思います。

認定ファンドレイザー資格認定制度
http://jfra.jp/cfr/index.html
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 17:43 | その他 | この記事のURL
【報告】FRJ2015、「MOVE」が動かします! [2014年08月29日(Fri)]

事務局の三島です。

DSC04717.JPG

8月27日に、JFRA運営ボランティアチーム「MOVE」のメンバーに集まって頂き、ミーティングを行いました。

今回、10月1日からスタートするファンドレイジング・日本2015(FRJ2015)のボランティア募集のことや、FRJ2015内のボランティア企画についてのアイデアや意見出し。

いよいよ、FRJ2015も本格的に始動です。

今後もこのMOVEメンバーを中心に、企画を詰めていきます!
9月は、JFRAボランティアデーも行います。日程は、別途ウェブ、ML、Facebookなどでご案内しますので、是非、チェックしてください!

※ソニーデジタルエンターテイメントさんにお送りいただいたうまい棒!ボランティアのみなさんと一緒にいただいています。ありがとうございます!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 14:01 | JFRAボランティアデー | この記事のURL
2014年度 無料法律相談会実施のご案内 [2014年08月29日(Fri)]

事務局の三島です。

准認定ファンドレイザーの樽本哲弁護士から、NPOのための無料法律相談会に関するご案内を頂きましたので、ご案内いたします。

以下、ご案内です。
ーー

2014年度 無料法律相談会実施のご案内

「NPOのための弁護士ネットワーク」に所属する弁護士メンバーが、NPO、社団、財団とその関係者を対象とした無料法律相談会を開催いたします。
各団体が社会から信頼され、より良い活動を続けるためには、法令遵守、適正な業務遂行、規約策定、契約締結といった法的な課題をクリアしていくことが必要不可欠です。そしてそれらを実施することは団体の強固な礎となります。
とは言っても何をどのようにすべきか、どのような対策をとるべきかわからない、法的問題に直面しているが解決方法がわからない、現在の組織運営に漠然とした不安がある、といったようなお悩みを抱えていらっしゃる団体は多いのではないでしょうか。
そのような皆様のお悩み相談に弁護士が回答します。無料法律相談会は事前予約制となります。無料法律相談会での相談をご希望の方は、以下各項目を全てご記入のうえ、9月16日(火)までに末尾記載のアドレス宛にご返信ください。


■日時
9月27日(土)
【東京会場】 10時〜15時
【名古屋会場】10時〜13時
【札幌会場】 10時〜15時
 
■場所
(東 京)倫総合法律事務所
東京都千代田区二番町11−3 相互二番町ビル別館6階
東京メトロ有楽町線 麹町駅 徒歩3分 半蔵門線 半蔵門駅 徒歩3分

(名古屋)弁護士法人東海総合
名古屋市中区錦2−4−23  シトゥラスTビル7階
名古屋市営地下鉄桜通線 丸の内駅 徒歩3分

(札 幌)見野法律事務所
札幌市中央区南1条西13丁目317−3 フナコシヤ南1条ビル7階
札幌市営地下鉄東西線 西11条駅 徒歩4分
札幌市電 中央区役所前駅 徒歩3分

■申込方法
@〜Dの項目をご記入のうえ、以下のメールアドレス宛にご返信ください。
なお、多数に及んだ場合には御調整をお願いする可能性がございます。

npolaw@akasakacity-law.jp

@ご希望日時(ご希望時間をご記入ください)
 東 京:10〜11時/11時〜12時/12時〜13時/13時〜14時/14時〜15時
 名古屋:10〜11時/11時〜12時/12時〜13時
 札 幌:10〜11時/11時〜12時/12時〜13時/13時〜14時/14時〜15時

Aお名前
Bご所属
Cご連絡先(ご連絡のとれる電話番号またはメールアドレス)
Dご相談の内容
(ご相談内容に対して、当日効果的な回答ができるよう、できる限り具体的にご記入ください。)

NPOのための弁護士ネットワーク
事務局(担当:サポーター藤田治美)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 13:37 | その他 | この記事のURL
【ご報告】准認定ファンドレイザー必修研修、開催しました! [2014年08月28日(Thu)]

こんにちは、事務局の宮下です。

昨日は、准認定ファンドレイザー必修研修を開催しました。

22回目となる今回の研修ですが、既に1400名の方々が受講下さっております。
今回の研修も、40名を超える方と一緒に、1日かけてファンドレイジングを学びました。

午前は、ファンドレイジング概論ということで、財源戦略だけでない、事業・組織の成長戦略、
共感を軸に社会を巻き込むポイントを、事務局次長で認定ファンドレイザーの鴨崎 貴泰から
午後は、脇坂税理士にファンドレイザーが抑えるべき寄付税制と会計を学び、その後は
鵜尾 雅隆代表理事から、ケーススタディをしながら、ファンドレイジングアクションの仕掛けの
ポイントを、日本国内外の事例も交えながら学びました。
10516774_653743244740664_3030318066179570098_n.jpg

10408808_653743254740663_2109956146902045355_n.jpg

参加下さったみなさま、さすがのフレンド・レイザー。交流が多く、熱気溢れる研修になりました。

今回は、既にNPO(民間非営利団体)に携わっている方が半分、これからという方が半分でした。
このように、既にファンドレイザーの方はもちろん、NPOマネージャーの方や広報担当
他にも、企業や士業の方で、NPOの組織経営やソーシャルマネーの動きの全体像を
知りたい方、学生の方など幅広く受講頂いております。

今年度もこのあと、東京で2回、地域で4回開催していきます。
ファンドレイジングを学びたいすべての方、必見です。

【准認定ファンドレイザー必修研修】※申込受付中
9月13日(土)10:00−17:00(東京)
10月12日(日)10:00−17:00(名古屋)
10月18日(土)10:00−17:00(佐賀)
10月25日(土)10:00−17:00(東京)
10月26日(日)10:00−17:00(仙台)
【詳細・申込】
http://jfra.jp/cfr/2014schedule.html
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 14:01 | プレスリリース・発表 | この記事のURL
【メディア掲載】8/25公明新聞「休眠口座の活用」NPOや社会起業家の応援に [2014年08月27日(Wed)]

事務局の三島です。

8/25公明新聞に、「休眠口座の活用」について弊協会の鵜尾雅隆代表理事のインタビューが掲載されています。

IMG_6724[1].JPG

以下、抜粋です。

一定期間、お金の出し入れが行われていない「休眠口座」の預金を社会に役立てるための議論が進んでいる。必要な法整備を行うための議員連盟も発足し、活動がはじまっている。民間融資による「休眠口座全国会議」の呼びかけ人の1人である鵜尾雅隆さん(日本ファンドレイジング協会代表理事)に休眠口座活用の意義や活用方法などについて聞いた。

ーなぜ休眠口座の活用を訴えているのですか。
休眠口座の預金を銀行の利益として計上しているのは、先進国の中では、日本だけです。英国や韓国では、社会全体に還元するモデルが生まれ、世界的な関心を集めました。
日本でも有効活用が可能なはずです。
私は、JICAでの勤務などを通じて多くの国を見てきましたが、日本は、貧困や高齢化、障がい者福祉など、社会福祉分野の課題解決を行政に頼りすぎる傾向があると感じています。
近年、地域社会尾課題を解決するためい、きめ細やかな対応ができるNPOも増えてきています。もし、休眠口座に眠ったままの資金を社会全体のために活用できれば、多額の財政赤字の抱えている行政機関の支出の抑制につながるかもしれないと考えています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 13:45 | メディア掲載実績 | この記事のURL
「だれかの笑顔のために」未来をビジョニングして、実現させていくこと。 [2014年08月25日(Mon)]

事務局の三島です。

DSC04667.JPG


先日、公益財団法人京都地域創造基金の深尾昌峰理事長、公益財団法人あいちコミュニティ財団/ コミュニティ・ユース・バンクmomo 木村真樹代表理事と弊協会の鵜尾雅隆代表理事による対談を行いました。

2.png


鴨崎貴泰事務局次長も交えて、これからの未来をどう描き、何を実現していくのか、興味深いお話が繰り広げられました。


1.png


現状にのみ目を向けるだけでなく、現状を超えたところから「こういう社会を実現させたい」と、時間軸を超え未来を見ての発想から逆算して、ソーシャルマネーが流れる時代を実現させていかないというお話を、「ローカルビジネス」「地域金融」「ビジョニングをさせる力」などの切り口からみなさんお話くださいました。

3.png


いい循環を創っていく私たちが、小さい枠にとらわれずボーダーを超えていき、まだ見ぬものを想定しながら設計していきたいというみなさんのお話から、未来を見たようなそんな対談時間でした。
5.png


この様子は次号ジャーナルに掲載しますので、是非、お楽しみに!
http://jfra.jp/update/p03/


京都地域創造基金
http://www.plus-social.com/
あいちコミュニティ財団
http://aichi-community.jp/
コミュニティ・ユース・バンクmomo
http://www.momobank.net/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 18:35 | その他 | この記事のURL
【報告】休眠預金の社会的活動への活用実現へ! [2014年08月25日(Mon)]

事務局の三島です。

8月22日に、「社会的投資市場形成へのロードマップについての意見交換会」を行ったあと、
休眠預金推進超党派議連に提出する要望書(案)を作成し、それに対して皆さまからご意見やアイデアなど出して頂きました。

DSC04693.JPG

こちらも実現に向けて、いよいよというところまで来ています。

また、動きなどありましたら、ブログにもアップします!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 12:16 | イベント案内・報告 | この記事のURL
【報告】社会的投資市場形成へのロードマップについての意見交換会 [2014年08月25日(Mon)]

事務局の三島です。
8月22日に、社会的投資市場形成へのロードマップについての意見交換を行いました。

この社会的投資市場形成は、社会的課題があふれている中、市場原理と行政サービスだけではなく、ソーシャルセクターが活動基盤を安定させ、スケールアップ、スケールアウトさせていくために融資や投資などの新しい資金をソーシャルセクターに流し込む仕組みづくりが必要ということで、今、動き出しています。

DSC04272.JPG

ここで出していただいたアイデアやご意見などを踏まえ、今後、この社会的投資市場についてわかりやすくまとめた小冊子を作成し、ひろく皆様にお伝えしていきたいと思っています。
この小冊子の作成にあたってはクラウドファンディングもスタートさせます!

また、こちらでも、状況をアップしていきます!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 09:49 | イベント案内・報告 | この記事のURL
[メディア掲載]3週間で42億集めたアイスバケツチャレンジは日本の寄付文化を変えるのか [2014年08月23日(Sat)]

事務局の三島です。

オルタナ「 3週間で42億集めたアイスバケツチャレンジは日本の寄付文化を変えるのか」、に

代表理事の鵜尾雅隆のコメントが掲載されています。ぜひご覧ください。
http://www.alterna.co.jp/13553

抜粋
ーー
日本に「寄付文化」を根付かせようと活動する日本ファンドレイジング協会の鵜尾雅隆代表理事は「『ファンドレイジング』(資金集め)は、共感の輪を広げることが目的。その結果、寄付につながる。集まった金額だけでは成果を評価できない」と話す。

「日本では『お金を下さい』とは言いづらい。それを『氷水』を使って、楽しくチャリティーにつなげたことに大きな意味がある。一度、体験することで、また次もやってみたいと思う人が出てくるはず」(鵜尾代表理事)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 08:41 | メディア掲載実績 | この記事のURL
| 次へ