CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« JFRAボランティアデー | Main | プレスリリース・発表»
プロフィール

日本ファンドレイジング協会さんの画像
<< 2015年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
リンク集
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/jfra/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jfra/index2_0.xml
【Wantedly】広報インターン募集始めました! [2015年02月05日(Thu)]

【Wantedly】広報インターン募集

この度Wantedlyというサービスで協会の
広報全般を担っていただくインターンを募集することになりました。

https://www.wantedly.com/projects/14800

上記URLに募集を掲載していますので、
ご興味のある方はぜひご応募ください。
また募集について拡散していただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 14:49 | 募集 | この記事のURL
ベネッセ基金からの助成事業のご案内 [2015年01月09日(Fri)]

事務局インターンの永田です。

法人会員のベネッセ基金からの助成情報に関するご案内が届きました。
是非、ご応募ください!以下、ご案内です。

***助成事業情報***********************

●名称
経済的な困難を抱える子どもたちの学習支援活動助成

●支援種別
助成

●支援元
一般財団法人ベネッセこども基金
http://benesse-kodomokikin.jp/

●応募資格
下記支援対象での活動を行っている以下の非営利団体
・NPO、社会福祉法人、社団法人、財団法人
・助成期間中の活動について、所定の方法で活動報告を行うことにご了解いただける団体
*原則として営利団体への助成は予定していません。特別な事情があれば理由をご明記ください。

●支援対象
経済的な理由により学習に困難を抱える子どもたちの意欲を高め、学習に取り組む手助けとなる様々な活動

●助成期間
平成 27 年 4 月 1 日〜平成 28 年 3 月 31 日実施の活動

●支援金額
助成金額は、原則 1 件あたり 50 万円〜200 万円 (20 件程度で総額 2,000 万円を想定)
*申請された内容を審査して、個々に額を決定します。
*収入見込みに自治体の補助金や他の公共法人等の助成金が含まれていても応募できます。
*助成金は平成 27 年 3 月末ごろ、ご指定の銀行口座に振り込む予定です。
*団体役員やスタッフに支出する報酬は助成対象から除きます。

●申込受付期間
・申請締め切り:平成 27 年 1 月 31 日(土)必着

●備考
郵送での受付です。

その他詳細はこちらにてご案内しております。
◇ベネッセこども基金・助成事業ページ
http://benesse-kodomokikin.jp/subsidy.html


このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 10:58 | 募集 | この記事のURL
【募集】パートタイムスタッフ [2014年12月04日(Thu)]

■募集要項
1:採用人数
パートタイム1名

2:業務内容
◇事業および管理両面にかかわるアシスタント業務
  ・会員や寄付者の管理
  ・データベースの管理
  ・各事業に関連する事務補助
  ・その他の管理業務  など

3:勤務日・時間
◇月曜~金曜の9:00~18:00のうち、
・1日4時間以上
・週3日以上
◇子育て中の方大歓迎です!(お子さんの急な病気などによる出勤時間の調整など柔軟に対応します)
◇スタッフに30代の子育て中のママ、パパ多数です!

4:勤務地
◇当協会事務所
東京都港区新橋4-24-10 アソルティ新橋302
(JR山手線・京浜東北線「新橋駅」烏森口から、線路沿いを通って、第一京浜にでて直進。
セブン-イレブンを正面に見て路を横断せずに、右折。1階に中華料理屋の入っているビルの三階にあります。)
http://jfra.jp/access/
※12月13日に新事務所(現在の事務所から徒歩3分)に移動します!
東京都港区新橋5-7-12 ひのき屋ビル7F

5:待遇
◇時給 : 1,000円 (交通費別途支給)
◇労災保険加入
6:応募条件
◇社会経験(職業経験)3年以上。
◇パソコンを使った事務処理が苦手でなく、対人関係も苦にならない方。
◇基本的なパソコン操作に習熟していること。(Word、Excel、メールなど。)
◇NPOでの職歴はプラスに評価しますが、必要条件ではありません。
◇決定後すみやかに勤務開始できること。
◇長く一緒に働いてくださる方を希望します。

7:応募方法
◇以下の必要書類を郵送またはメールで送付ください。
・履歴書(写真貼付)
・職務経歴書(これまでの業務内容・スキル・資格)
◇締切 : 適任者が見つかり次第。
◇書類到着後、7日以内に書類選考の結果を本人にご連絡します。
書類選考後、合格者に対し随時、面接選考を実施します。
◇応募書類には、Eメールアドレス(携帯でないもの)、携帯電話番号(お持ちの場合)を明記してください。
◇応募書類は返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。
◇メールご送付の場合は、saiyo@jfra.jp(採用専用アドレス)までお送りください。

【お問い合わせ・応募先】
特定非営利活動法人 日本ファンドレイジング協会
〒105-0004 東京都港区新橋4-24-10 アソルティ新橋302
Tel.03-6809-2590 Fax.03-6809-2591
E-mail:saiyo@jfra.jp(採用専用アドレス)
営業時間:月曜日~金曜日、9時~18時
URL:http://jfra.jp/
採用担当:鴨崎
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 15:42 | 募集 | この記事のURL
【短期アルバイト募集】 [2014年12月03日(Wed)]

【短期 入力アルバイト募集】

名刺データの入力作業のアルバイト大募集!!
データ入力が苦ではない方、ブラインドタッチができる方、大募集です。
※エクセルが入ったPCをご持参いただける方歓迎。

日時 12/22,24,25,26,27
  10時〜16時(昼休憩あり、実働5時間
日給 5000円(交通費込)

場所 東京都港区新橋5-7-12 ひのき屋ビル7F
1日〜でもOKです。ご連絡お待ちしています!

日本ファンドレイジング協会
三島理恵 jfra@jfra.jp
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 15:51 | 募集 | この記事のURL
【プログラム・ディレクター募集】社会のお金の流れをデザインし、実現していく仲間を募集! [2014年12月01日(Mon)]

事務局の三島です。
プログラム・ディレクター募集のご案内です。

【募集要項】

1.jpg
募集の背景
日本ファンドレイジング協会は、設立6年目を迎え「セカンドステージ」に
我々と一緒に、民から民への新しい資金循環をデザインし、実現していく覚悟と意欲のある仲間を募集します。

仕事内容
新規事業の事業戦略の作成およびプロジェクトチームのマネジメントを行うプログラム・ディレクターを募集

現在計画中の新規事業に関してプログラム・ディレクターとして、事業計画・戦略の作成およびプロジェクトチームのマネジメントをしながら、事業の立ち上げを行っていただきます。
現在計画中の新規事業は以下の2つです。

事業1:日本の寄付市場に革新をもたらす、新事業領域での事業構築と全国ネットワークの構築

事業2:ファンドレイザー育成のためのスクール事業の構築
期待する成果 新規事業の立ち上げとプロジェクトチームのマネジメント及び成果目標の達成

対象人材像
◆採用審査の際に評価するポイント
・企業やNPOでの事業計画・戦略作成およびプロジェクトマネジメント実績
 を評価します。
・コミュニケーション能力がある人。
・認定・准認定ファンドレイザーの資格取得者を評価します。
・パソコンによる事務作業(インターネット、マイクロソフト「Word」
 「Excel」の基本操作)に習熟していること。
・柔軟に様々な業務に対応できること。

応募資格 社会人経験が3年以上ある方
※認定、准認定ファンドレイザー資格保有者優遇

勤務地 東京都港区新橋5-7-12 ひのき屋ビル7F
※2014年12月13日に移転

最寄駅:JR新橋駅から10分

勤務時間
月曜〜金曜 9:00〜18:00(休憩1時間)
※フレックスタイム有

就業期間 契約期間は1年。
(勤務開始時期については、応相談。期間延長の可能性あり。)

給与 当協会規定に基く。
面談の上、経験や能力を考慮し決定します。

給与以外の報酬
・日本における寄付文化の醸成や社会的投資市場形成という新しい領域に
 チャレンジすることができます。
・ファンドレイジングの体系について実践的に学ぶことができます。
・多種多様な才能を持った方が参画しており、業務を遂行する上で必要な知識
 や経験を身につけるだけでなく、幅広いネットワークを築くことができます。
休日・休暇 土曜、日曜、祝日は原則として休日。
ただし、業務の都合上勤務となる場合もある。有給休暇制度あり。

3.jpg

職場の雰囲気
メリハリがあり、明るく、困ったことは相談しやすい環境です。
入社後1ヶ月のイメージ
新規事業の事業計画作りに取り組んでいただき、各事業のプロジェクトチームを立ち上げていただきます。

応募方法
履歴書、職務経歴書、志望動機(1000字程度)を日本ファンドレイジング協会までお送りください。

その後、履歴書送付の詳細などについては、
採用担当者よりご連絡致します。
※書類選考通過者のみ、順次面接のご連絡をいたします。

[お問い合わせ先・応募先]
日本ファンドレイジング協会
saiyo@jfra.jp
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 16:17 | 募集 | この記事のURL
【応募締切直前!!】「第6回ファンドレイジング大賞」への応募締切日が迫っています!!【11/30当日消印有効】 [2014年11月27日(Thu)]


度々本ブログにてお知らせしている「第6回ファンドレイジング大賞」へのご応募が11月30日に迫っております!
人々に感動と笑顔を与えたファンドレイジングを行ったNPOの皆様、自団体の取り組みを全国のみならず、世界に広めるチャンスです。
第6回目の今回は副賞も多数ご用意し、意欲的な皆様のご応募をお待ちしております!

ご応募はコチラから 

http://jfra.jp/frj/2015/award.html

○「ファンドレイジング大賞」とは?
日本ファンドレイジング協会では、毎年、人々に
感動と笑顔を与えたファンドレイジングを行った団体様を顕彰しています。
「ファンドレイジング大賞」を通じ、寄付の成功事例を明らかにすることで、
日本全国にあたらしい寄付文化を生み出していく一助とすることを目的にしています。

大賞に選ばれた団体は、2月15日に行われます『ファンドレイジング・日本2015』大会のクロージングセッションのなかにおきまして表彰を行い、全国に向けてその活動をご紹介いたします。

応募に関して自薦・他薦を問いませんので、
団体におけるご活動でファンドレイジングの経験をお持ちの方、
共有したいすばらしいファンドレイジングの事例をご存じの方、
ぜひ「ファンドレイジング大賞」にご応募をくださいませ。

「ファンドレイジング大賞」の詳細、お申し込みなどについては、以下のURLから!!

http://jfra.jp/frj/2015/award.html


 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 16:00 | 募集 | この記事のURL
【募集】日本ファンドレイジング協会 パートタイム・スタッフ募集 [2014年10月22日(Wed)]

日本ファンドレイジング協会では、パートタイム・スタッフを募集しています。
スタッフとして、日本の寄付文化の革新のために一緒に働きませんか?
日本の寄付文化を発展させることに意欲のある、明るく元気で真面目な方を募集します。

1:採用人数
パートタイム1名

2:業務内容
◇事業および管理両面にかかわる事務(主に総務)
・各事業に関連する事務補助
・経理補助
・その他の庶務

3:勤務日・時間
◇月曜~金曜の9:00~18:00のうち、

・1日4時間以上
・週3日以上

◇子育て中の方大歓迎です!(お子さんの急な病気などによる出勤時間の調整など柔軟に対応します)
◇スタッフに30代の子育て中のママ、パパ多数です!

4:勤務地
◇当協会事務所

東京都港区新橋4-24-10 アソルティ新橋302
(JR山手線・京浜東北線「新橋駅」烏森口から、線路沿いを通って、第一京浜にでて直進。
セブン-イレブンを正面に見て路を横断せずに、右折。1階に中華料理屋の入っているビルの三階にあります。)
http://jfra.jp/access/

5:待遇
◇時給 : 1,000円 (交通費別途支給)
◇労災保険加入

6:応募条件

◇社会経験(職業経験)3年以上。
◇パソコンを使った事務処理が苦手でなく、対人関係も苦にならない方。
◇基本的なパソコン操作に習熟していること。(Word、Excel、メールなど。)
◇NPOでの職歴はプラスに評価しますが、必要条件ではありません。
◇決定後すみやかに勤務開始できること。
◇長く一緒に働いてくださる方を希望します。

7:応募方法

◇以下の必要書類を郵送またはメールで送付ください。

・履歴書(写真貼付)
・職務経歴書(これまでの業務内容・スキル・資格)

◇締切 : 適任者が見つかり次第。

◇書類到着後、7日以内に書類選考の結果を本人にご連絡します。
書類選考後、合格者に対し随時、面接選考を実施します。
◇応募書類には、Eメールアドレス(携帯でないもの)、携帯電話番号(お持ちの場合)を明記してください。
◇応募書類は返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。
◇メールご送付の場合は、saiyo@jfra.jp(採用専用アドレス)までお送りください。

1.jpg


【お問い合わせ・応募先】

特定非営利活動法人 日本ファンドレイジング協会
〒105-0004 東京都港区新橋4-24-10 アソルティ新橋302
Tel.03-6809-2590 Fax.03-6809-2591
E-mail:saiyo@jfra.jp(採用専用アドレス)
営業時間:月曜日~金曜日、9時~18時
URL:http://jfra.jp/
採用担当:鴨崎


このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 14:06 | 募集 | この記事のURL
【再掲】募集:ファンドレイジング・日本2015公募講師 [2014年07月14日(Mon)]

事務局の三島です。

ファンドレイジング・日本2015(FRJ2015)の公募講師募集締切まで12日となりました!

公募講師の皆さまは、FRJ2015の参加費と交通費実費と宿泊費1泊分を協会がご負担させていただくほか、2名までご同伴いただけます(同伴者への交通費などの支給はございません)。
また、認定・准認定ファンドレイザーは優遇されます。

是非、この機会に、ご応募をお待ちしております。

【以下、シェア、転載大歓迎です】

アジア最大のファンドレイジングの成功事例が集まる場、
「ファンドレイジング・日本2015」(FRJ2015)では、今年も講師を公募いたします。



自薦・他薦を問わず、日本・海外で実際に取り組まれているファンドレイジングの成功事例を
ご紹介いただける講師の方を広く募集しております。この機会に、ぜひともご応募ください。

 例:寄付集め/支援者や会員の拡大/資金循環の新しいメカニズム構築/
   収益事業のユニークなモデル/助成金の取得と有効的な活用方法/
   ソーシャルファイナンス/企業とのタイアップによる寄付集め/
   スタートアップ段階でのファンドレイジング成功事例など)


【応募要項】 ⇒ PDF版のダウンロードはこちら
募集内容2015月2月14日(土)〜 15(日)のなかで、
80分のセッションを発表いただける方(最大で8枠)
募集期間2014年6月26日(木)〜 7月25日(金) ※必着
※採否の結果は、8月上旬頃にご連絡いたします。
公募講師
の特典
1)講師本人と同伴者2名まで
  ファンドレイジング・日本2015、2日間の参加費と懇親会費が無料になります。
2)首都圏以外にお住まいの場合、講師ご本人の交通費実費と宿泊費1泊分を
  日本ファンドレイジング協会が負担します。
 (※同伴者の交通費・宿泊費は負担いたしません。宿泊場所は上限8000円で
  各自ご手配お願いいたします。ただし、講師謝金はありません。)
公募の
評価基準
1)お持ちのファンドレイジングに関する「知見」「経験」「ノウハウ」を惜しみなく
  参加者に向けてご提供いただけるかどうか
2)参加者が、自団体のファンドレイジングに応用可能な内容の提供いただけるかどうか
3)参加者を単なる受講者とせず、セッションをつくり上げる一員にするために、
  主体的にセッションに参加できる工夫をされているかどうか
 (例:ワークショップ、バズセッション、デモンストレーション、質疑応答等)
4)参加者がセッションを通じて、元気になれる場の提供をしていただけるかどうか
 (例:新たな気づきがある、挑戦してみたくなるなど)
5)単に事例を紹介するだけではなく、一般化した内容のご提供をいただき、
  参加者の腑に落ちるような工夫をセッションにされているかどうか
 (例:成功の3つのポイント、フレームワークなど)
6)認定・准認定ファンドレイザー資格取得者は優遇いたします

ご登壇
いただく上で
の注意点
とお願い
1)講演内容が、ファンドレイジングに関する内容以外が中心となってしまったり、
  団体紹介に多くの時間を割いてしまったりしないこと
 (※参加者の満足度が著しく下がるので、ご注意ください)
2)Eメールでの連絡が可能で、弊協会が指定した期日まで資料をご提出いただけること
3)一度、日本ファンドレイジング協会事務局にお越しいただき、セッション内容について
  打ち合わせをし、内容の変更にたいして柔軟にご対応いただけること
4)講師会(11月頃を予定)にご出席いただけること
5)ファンドレイジング・日本2015の広報や運営にご協力していだたけること
6)他薦の場合は、あらかじめご登壇者に内諾をとられていること
応募方法規定の「応募用紙」に必要事項をご記入の上、講演内容を補足説明する資料(例:新聞記事、チラシなど)も必ず添付し、締切日までに必着で事務局宛てにお送りください。
・講師公募申込書のダウンロードはこちら
 ⇒ http://jfra.jp/frj/2015/docs/FRJ2015_application.doc
・講演概要について、文字数の制限はありませんが、簡潔な説明をお願いいたします。
・提出頂いた資料の返却は致しかねますので、ご了承下さい。
お問い合せ

応募先
問い合わせ先、応募先:日本ファンドレイジング協会(担当:小室)
住所:〒105-0004東京都港区新橋4-24-10 アソルティ新橋302号
電話:03-6809-2590  FAX:03-6809-2591  http://jfra.jp  frj@jfra.jp



【参考情報:FRJ2014の公募セッション】

「お金ください!」って言えますか?〜ファンドレイジングの「心のブレーキ」を発見する方法
 浅井 美絵さん(ヒューマンライツ・ナウ 職員/The Wealthy Mind マネークリニックレジスタードマーク認定トレーナー/認定ファンドレイザー)

17歳のファンドレイジングは共感によって描く、より良い未来〜第4回ファンドレイジング大賞特別賞の受賞者が語る
 中村 暖さん(京都造形芸術大学 1回生)

企業に積極的にアプローチしてみよう!〜企業との多様な協働事例を学ぶ
 寺尾 明人さん(公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟/認定ファンドレイザー)

映画を活用したファンドレイジング〜新規支援者獲得のヒント
 谷口 玲子さん(公益社団法人 アムネスティ・インターナショナル日本)

ファンドレイザーはボランティア?〜ボランティアによるファンドレイジングとマネジメント
 徳 恵利子さん(公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン マーケティング部)

個人の“役割”と組織の“役割” 〜Happy・Happyの関係性をつくるファンドレイジング
 大住 力さん(公益社団法人 難病の子どもとその家族へ夢を 代表理事 会長)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 10:38 | 募集 | この記事のURL
【募集】1000名以上が参加する「ファンドレイジング・日本 2015」に登壇してみませんか? [2014年06月26日(Thu)]

アジア最大のファンドレイジングの成功事例が集まる場、
「ファンドレイジング・日本2015」(FRJ2015)では、今年も講師を公募いたします。



自薦・他薦を問わず、日本・海外で実際に取り組まれているファンドレイジングの成功事例を
ご紹介いただける講師の方を広く募集しております。この機会に、ぜひともご応募ください。

 例:寄付集め/支援者や会員の拡大/資金循環の新しいメカニズム構築/
   収益事業のユニークなモデル/助成金の取得と有効的な活用方法/
   ソーシャルファイナンス/企業とのタイアップによる寄付集め/
   スタートアップ段階でのファンドレイジング成功事例など)


【応募要項】 ⇒ PDF版のダウンロードはこちら
募集内容2015月2月14日(土)〜 15(日)のなかで、
80分のセッションを発表いただける方(最大で8枠)
募集期間2014年6月26日(木)〜 7月25日(金) ※必着
※採否の結果は、8月上旬頃にご連絡いたします。
公募講師
の特典
1)講師本人と同伴者2名まで
  ファンドレイジング・日本2015、2日間の参加費と懇親会費が無料になります。
2)首都圏以外にお住まいの場合、講師ご本人の交通費実費と宿泊費1泊分を
  日本ファンドレイジング協会が負担します。
 (※同伴者の交通費・宿泊費は負担いたしません。宿泊場所は上限8000円で
  各自ご手配お願いいたします。ただし、講師謝金はありません。)
公募の
評価基準
1)お持ちのファンドレイジングに関する「知見」「経験」「ノウハウ」を惜しみなく
  参加者に向けてご提供いただけるかどうか
2)参加者が、自団体のファンドレイジングに応用可能な内容の提供いただけるかどうか
3)参加者を単なる受講者とせず、セッションをつくり上げる一員にするために、
  主体的にセッションに参加できる工夫をされているかどうか
 (例:ワークショップ、バズセッション、デモンストレーション、質疑応答等)
4)参加者がセッションを通じて、元気になれる場の提供をしていただけるかどうか
 (例:新たな気づきがある、挑戦してみたくなるなど)
5)単に事例を紹介するだけではなく、一般化した内容のご提供をいただき、
  参加者の腑に落ちるような工夫をセッションにされているかどうか
 (例:成功の3つのポイント、フレームワークなど)
6)認定・准認定ファンドレイザー資格取得者は優遇いたします

ご登壇
いただく上で
の注意点
とお願い
1)講演内容が、ファンドレイジングに関する内容以外が中心となってしまったり、
  団体紹介に多くの時間を割いてしまったりしないこと
 (※参加者の満足度が著しく下がるので、ご注意ください)
2)Eメールでの連絡が可能で、弊協会が指定した期日まで資料をご提出いただけること
3)一度、日本ファンドレイジング協会事務局にお越しいただき、セッション内容について
  打ち合わせをし、内容の変更にたいして柔軟にご対応いただけること
4)講師会(11月頃を予定)にご出席いただけること
5)ファンドレイジング・日本2015の広報や運営にご協力していだたけること
6)他薦の場合は、あらかじめご登壇者に内諾をとられていること
応募方法規定の「応募用紙」に必要事項をご記入の上、講演内容を補足説明する資料(例:新聞記事、チラシなど)も必ず添付し、締切日までに必着で事務局宛てにお送りください。
・講師公募申込書のダウンロードはこちら
 ⇒ http://jfra.jp/frj/2015/docs/FRJ2015_application.doc
・講演概要について、文字数の制限はありませんが、簡潔な説明をお願いいたします。
・提出頂いた資料の返却は致しかねますので、ご了承下さい。
お問い合せ

応募先
問い合わせ先、応募先:日本ファンドレイジング協会(担当:小室)
住所:〒105-0004東京都港区新橋4-24-10 アソルティ新橋302号
電話:03-6809-2590  FAX:03-6809-2591  http://jfra.jp  frj@jfra.jp



【参考情報:FRJ2014の公募セッション】

「お金ください!」って言えますか?〜ファンドレイジングの「心のブレーキ」を発見する方法
 浅井 美絵さん(ヒューマンライツ・ナウ 職員/The Wealthy Mind マネークリニックレジスタードマーク認定トレーナー/認定ファンドレイザー)

17歳のファンドレイジングは共感によって描く、より良い未来〜第4回ファンドレイジング大賞特別賞の受賞者が語る
 中村 暖さん(京都造形芸術大学 1回生)

企業に積極的にアプローチしてみよう!〜企業との多様な協働事例を学ぶ
 寺尾 明人さん(公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟/認定ファンドレイザー)

映画を活用したファンドレイジング〜新規支援者獲得のヒント
 谷口 玲子さん(公益社団法人 アムネスティ・インターナショナル日本)

ファンドレイザーはボランティア?〜ボランティアによるファンドレイジングとマネジメント
 徳 恵利子さん(公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン マーケティング部)

個人の“役割”と組織の“役割” 〜Happy・Happyの関係性をつくるファンドレイジング
 大住 力さん(公益社団法人 難病の子どもとその家族へ夢を 代表理事 会長)
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 18:00 | 募集 | この記事のURL
【募集】第5回ファンドレイジング大賞募集開始! [2013年09月24日(Tue)]

日本ファンドレイジング協会は、毎年、人々に感動と笑顔を与えたファンドレイジングを行った団体を顕彰します。「日本ファンドレイジング大賞」を通じ、寄付の成功事例を明らかにすることで、日本全国にあたらしい寄付文化を生み出していく一助とします。この大賞の最終選考は、認定・准認定ファンドレイザーの投票によって決定いたします。

【ダウンロード】「第5回ファンドレイジング大賞」募集要項
【ダウンロード】「第5回ファンドレイジング大賞」応募用紙

◆対象
2013年に、NPO(法人格は問わない)としてファンドレイジングを行った団体・事業所(ただし、日本国内に拠点をもっていること)。

◆対象期間
2013年1月1日から12月31日まで(当該期間中に何らかの活動のあるものが対象です)
※応募の日以降、12月31日までに何らかの成果が期待できる場合、その旨を記載してください。

◆応募方法
自薦・他薦を問いません。既定推薦書(ホームページからダウンロードできます)に記入の上、メール、郵送で送付してください。
※他薦の場合は、事前に当該推薦団体の了承をお取りください。
※推薦書は1枚以内とします。また、参考資料(団体概要・新聞記事等)がございましたら、別途ご添付ください(任意)。
※尚、お送りいただきました書類、資料のご返却はいたしておりませんので、予めご了承ください。

◆選考方法
予選:選考委員会による書類選考
本選:認定ファンドレイザー・准認定ファンドレイザーの投票による選考

◆選考基準
選考に当たっては、以下の視点で審査します。
・先駆的な寄付集めの手法によるもの
・広く一般の共感を得たもの
・寄付にあたって人々を感動させたエピソードがあるもの
・寄付が、寄付者と団体と受益者に幸福の連鎖を生みだしたもの 等

◆締め切り
2013年10月31日(木)(郵送の場合、当日消印有効)

◆選考委員会 
日本ファンドレイジング大賞選考委員会(委員長:鵜尾 雅隆)

◆発表・贈呈式
2014年2月2日 「ファンドレイジング・日本2014」のクロージングセッション

◆賞
大賞:賞状とトロフィー (賞金はありません)  
特別賞:賞状

※特別賞は、該当する応募がない場合は授与されないことがあります。
※なお、大賞を受賞された団体が希望される場合には、国際ファンドレイジング大会(2014年10月予定)の世界ファンドレイジング大賞へ候補団体として推薦いたします。
※日本ファンドレイジング大賞運営規定については、こちらをご覧ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 18:17 | 募集 | この記事のURL
| 次へ