CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«ジャーナルただいま取材&編集作業中 | Main | ボランティアの皆さん!ありがとうございました!»
プロフィール

日本ファンドレイジング協会さんの画像
<< 2015年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
リンク集
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/jfra/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jfra/index2_0.xml
10月30日までに発行パートナーになっていただいた方のお名前は、 [2010年10月21日(Thu)]

☆★☆ 歴史的瞬間を迎えます"寄付白書"、いよいよ発行です! ☆★☆

日本社会で寄付っていったいどのくらいあるのか?

そんなシンプルな問いに、きちんと答えることって今まで難しかったんです。

総務省の家計調査では、宗教関係や教育関係の寄付が除かれていたり。

民間の包括的な視点からの調査も継続できなかったり。

やはり、寄付市場の成長のためには、まず、市場の全体像を明らかにする
ことがとても大切。

これにチャレンジする「寄付白書2010」を、日本ファンドレイジング協会
では、今年発行します(12月ごろ。詳細は別途発表します)。


☆★☆日本初の寄付白書☆★☆


これを毎年継続して、発行しつづけることが、寄付文化革新に向けた
とても大切なチャレンジだと思っています。

そして、この白書を英語にも翻訳して、世界に発信します。

日本社会のこれからの変化を、世界にも知ってもらう。社会を変えていく
チャレンジです。

このチャレンジに共感していただけ、応援していただける方、
「寄付白書発行パートナー」になってください!

10月30日までに発行パートナーになっていただいた方のお名前は、
記念すべき創刊号に掲載させていただきます!
(英語版にも掲載して、世界に発信させていただきます!)

お申込みはこちらから⇒ http://jfra.jp/givingjapan/
この寄付白書の重要な部分を占める、「寄付額の推計調査」には
結構お金がかかります。継続的に発行つづけるため、いただいたご寄付は、
「基金」として残し、経済情勢や財源状況の急激な変化があったとしても
継続的に白書を発行するための資金として残します。

  ■発行パートナー1口2万円
  ■名誉発行パートナー1口10万円

寄付文化を一緒に革新していただくパートナーであり、
日本初の寄付白書、創刊号に永遠に名前を刻んでいただける方、募集中です。

☆★☆一緒に「歴史的瞬間」に足跡を刻みましょう☆★☆
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 16:29 | 発起人名簿・応援メッセージ | この記事のURL