CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«「NPOのためのIT活用講座 成果が上がる情報発信術」本日発行! | Main | 【ご報告】第5期、准認定ファンドレイザー誕生!»
プロフィール

日本ファンドレイジング協会さんの画像
<< 2015年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
リンク集
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/jfra/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/jfra/index2_0.xml
フィランソロピー教育リサーチレポート 番外編「スターシャル教育研究所 モンスタークエスト」 [2014年09月01日(Mon)]


こんにちは!大石です。
2回目にして番外編なのですが、、、どうしてもご紹介したい興味深いプログラムなので、今回ご紹介します!

今回7月に伺わせて頂い先は、株式会社スターシャル教育研究所さんが提供している「モンスタークエスト」です。

この授業、ロールプレイングゲーム感覚で楽しみながら宿題や問題集などを解いていくことで、分からない問題を放置させずに主体的に学習に取り組んでいくようにさせるプログラムなんです。

具体的は、子どもたちそれぞれが持ち寄った宿題や問題集の中から、子どもたち自身が分からない問題(モンスター)を探し、学び合いの中から分からない問題(モンスター)を放置せずに学力をつける内容です。
ロールプレイジングゲーム感覚で宿題や問題を解いていくことで、子どもたちの関心を惹きつけ主体的に学ぶ体験を90〜120分・2時限程度で行っていて、調査時点(2014年7月末)では、名古屋市内のトワイライトスクール(学童のような位置づけ)4校を中心に行っているプログラムです。

興味深いのは、授業冒頭の「モンスタークエストの世界へ」というイントロのロールプレイジングゲームのようなアニメーションと、「冒険の書」という一人一人に手渡される教材キットによって、子どもたちが完全に「モンスタークエスト」の世界観に入り込むこと出来る点です。
更に、モンスター(分からない問題)をどんどん解決して、友達にも教えたり/教えられたりすることを通してクラスやグループの結束感も増していくという効果もあるんです。

子どもたちにとってはやりたくない宿題。
これを楽しみに変えてしまうような、子どもたちを主体的な姿勢に変えるプログラム冒頭のフックが非常に重要であることを認識した機会でした。
【フィランソロピー教育事例の最新記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本ファンドレイジング協会 at 11:40 | フィランソロピー教育事例 | この記事のURL